アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

昼間も雰囲気最高!【MÖOI Recoleta】

仲良しのお友だちと、久しぶりにお茶してきました。

お店は、先日アルゼンチン人ママ達とのディナー会で行った、
(その時のお話はコチラ⇒素敵な雰囲気!WOKも美味しい!【MÖOI Recoleta】)

↓【MÖOI Recoleta】




前回行った時にすごく素敵な雰囲気だったのが気に入って、「今度は昼間に来てみたいなー」と思っていたのです。

夜の雰囲気も素敵でしたが、

↓明るい昼間も素敵でした!


明るい店内に、清潔感もあって、そんなに混雑もしておらずガチャガチャしていなくて良かったです。
おかげでゆっくり静かにお喋りできました~

さて、今回も私はレモネードを注文したのですが。
レモネードはレモネードでも、

↓いちごのレモネードを頼んでみました。


苺?レモン?どっち??...っというか、ほぼ苺でした!
つぶつぶでとっても美味しかったです。また飲みたい!

お友だちはお食事を注文していたのですが、

↓こちらも美味しそう!


一口いただいたのですけど、美味しかったです♪

最近は有り難いことに何かと忙しく過ごしていたせいで、こうしてゆっくりとお茶するのも久しぶりでした。
積もりに積もった話を気兼ねなくできて楽しかったのはもちろんのこと、ストレス発散にもなりました~

いつも私の話を聞いてくださるお友だちに、感謝です!

MÖOI Recoleta
住所:Larrea 1541
電話:011-4806-7104
時間:日曜~木曜 8:00~23:00/金曜、土曜 8:00~0:00
URL:http://jessicalekerman.net/mooi


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

ペレスがくれるお金は、いくら?

先日、ブログで『乳歯が抜けたらネズミのペレスがやってきて、お金(またはプレゼント)がもらえる』というお話を書きましたが。
(コチラ⇒乳歯が抜けたら、ネズミのペレスがやってくる!)

一昨日のM君のお誕生会にて、アルゼンチンママ達に「プレゼントなの?それとも現金なの?」と聞いてみました。

ママ達曰くに「プレゼントの家庭もあるかもしれないけど、大抵は現金」とのことでした!
さらには、初めて抜けた歯だけで良いのかな?と思ったのですが、毎回歯が抜けるたびにあげるんだそうですよ。

いくら程あげるのが普通なのかも聞いてみたら、なんと最近歯が抜けたA君ママは『10ドル紙幣を2枚+100ペソ紙幣を2枚』A君の枕元に置いた写真を見せてくれましたー!

えー!!!歯が抜けただけで、こんなにあげるの!?
っと、私だけでなく、他のアルゼンチンママ達もビックリ仰天!

他のママ達曰く、「これはあげすぎ!10ペソくらいで良いのよ!」「そうよ、そうよ!」とのことで...ホッ。

ですよねー。こういうのって、金額じゃなくて、気持ちが大切ですもんねーっ。
毎回歯が抜けるたびに数百ペソ相当ものお金なんて!贅沢すぎ!!

というわけで、我が家もムスコの乳歯が抜けたら、アルゼンチン式にお金(10ペソ!)を枕元に置いてあげようと思います。

以上、ネズミのペレスが置いていってくれるお金のお話でした~

◆おまけ◆

今日も屋内遊具施設へ行ってきました。



寒くなってきて、なかなか外出も気が乗らない季節になってきましたね~
「ここなら屋内だし、寒くなくて安心!」と思いきや、暖房が効いておらずブルブル震えながら過ごしました...

寒いのが大嫌いな私にとっては、厳しい季節の到来です。あぁ、夏が恋しい。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

関連記事

PageTop

帰宅は深夜1時半!仲良しM君のお誕生会

昨日は、ムスコの仲良しのM君のお誕生会でした。

M君の自宅にて、夜の8時半から!おっそ-!おっそーーー!!!
もう、招待状に8時半~って書いてあるってことは、だいたいみんな9時前後くらいに集まるってことなわけで。

ということは、終わり時間も相当遅くなるんだろうなぁと、覚悟して行きました。
家を出る直前になっていきなり嵐がやってきてしまったため、図らずもM君宅に到着したのは9時頃になってしいまいました。

今年は子ども達と一緒に遊んでくれるお兄さん&お姉さんが来てくれていて、色んなゲームをしたりして遊んでくれていました。
ムスコもそんな遊びに参加したり、あとはマイペースにM君のおもちゃで遊んだり...



↓私はM君パパにフェルネ・コーラを作ってもらいました~


フェルネを飲むの、久しぶりでした。美味しかったです!

今回はクラスメート全員ではなく、仲良しグループのメンバー(+親族やパパママの友人たち)のみ招待されていたのですが。
すごい数の招待客すぎて、すごかったです!(←語彙力の無い表現ですみません。笑)

っていうか、あれだけの人数を招待できる家って...すごすぎー。

そして、

↓ケーキでお祝い。ムスコ達もちゃっかり参戦。


そして、お気まりのピニャータをやって、パーティーはお開きになったわけですが。

なんと、終わったのは深夜12時半!!!おっそー!
さすがに、仲良しママ達もあくびをしたり、「もうこんな時間...」「帰って寝たいわ...」と口々に言ってました。汗

帰りはタクシーで帰ろうかと思っていたのですが、仲良しのA君ママに「危ないから送っていくわよ!」と言っていただけたので、送ってもらうことにしました。
A君ママの元旦那さんの運転する車で。笑

元夫婦とは言えどちらもA君の親であることには変わりないので、こうして夜遅くなった時なんかは元旦那さん(A君パパ)がお迎えにきてくれるみたいです。
どんな感じなんだろう~とちょっぴりドキドキしつつ乗せてもらいましたが、二人ともかなり普通に会話もしますし、一見知らない人が見たら普通に夫婦に見えるなーとか...そんな事を考えながら、家まで乗せてもらいました。ふふ。

日本人の中には『夫婦仲は悪いけど、子ども達のために離婚はせずに我慢する』という人もいますけど、アルゼンチンには『夫婦仲が悪くて離婚はしたけど、子どものために時には協力し合う』という人たちもいるんだなーと、なんだか興味深かったです。
どっちが良いかという話ではありません。実際、A君も両親の離婚によって寂しい思いをしているようですし、やっぱり『夫婦仲が良くて離婚する必要が無い』というのが、一番ですよね。

っと、またまたお誕生会の話題から逸れてしまいましたが。

そんなこんなで、家に着いたのは深夜1時過ぎ!
そこから「お風呂は入る?」「夜ごはん食べたっけ?」とトンチンカンなことを口走るムスコをなだめ、ハミガキして眠りにつきました。

あー眠かった!
(A君ママ曰く、「小さい子どもの誕生会でこんなに遅くなるのは、アルゼンチンの習慣なわけではないから!」とのことでした。)

以上、仲良しのM君のお誕生会に参加してきたお話でした!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

関連記事

PageTop

サボテンの果実だったなんて!

今年もいただきました。

↓ドラゴンフルーツ!


ほぼ毎年おすそ分けでいただいているのですが、毎年ムスコの反応が違うので面白いです。
(年に一度しか食べないため、ムスコ的には毎回記憶がリセットされて「初めて見た!」みたいな反応をするのです。)

今年は、

まず色鮮やかな外観に「わぁ~!」とテンションが上がり、

『ドラゴンフルーツ』というカッコイイ名前にうっとり。

「早く食べよう!今食べよう!」っと盛り上がり、

切ってあげたところ、



「えっ...(思ってたのと違う...)」と困惑。笑

↓意を決して、ひと舐め。


中身のブツブツのインパクトが凄すぎて、味を判断しかねている様子でした。

でも、「いつも食べてるチアシードみたい!プチプチしてた美味しーい!」と私が目の前でガツガツ食べて見せたところ、「チアシードなら知ってる!!」っと気持ちの整理(?)が付いたらしく、

↓モリモリ食べはじめました~!


チアシードさん、ありがとう~!!

最初はブツブツな見た目でちょっと引いちゃいますけど、味は本当に美味しかったですよ。
ムスコは「またドラゴンフルーツ欲しい!」「もっと食べたい!」と、ドラゴンフルーツの虜になっていました。

ブエノスでドラゴンフルーツって売ってるのでしょうかねー?

っと思って調べてみたところ、ドラゴンフルーツが中南米原産のフルーツということを知りました!
『ドラゴン』と付いているだけに、中国(もしくは東南アジア?)の方の果物かと思ってましたっ。

しかも、サンカクサボテン等の果実なんだそうで!
えー!サボテンって、こんな実をつけるんだー!?っと更にビックリ。

ちなみに、スペイン語では『pitaya』と言うそうです。ドラゴン感は全然無いですね。
(なぜドラゴンフルーツと呼ばれるのかは、ウィキペディアに書いてありましたよー。ここでは割愛します。ふふ。)

以上、今年のドラゴンフルーツへのムスコの反応は、過去にない盛り上がりようでした。めでたし、めでたし。

◆おまけ◆

↓柿もいただきました。


美味しい果物が食べられて、幸せです。
果物が美味しい季節ですね~



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

関連記事

PageTop

ワールドカップ前は、figurita収集に夢中!

最近、街を歩いているとよく見かけるもの、

それが、

↓こちら。


もう、小さな男の子から、けっこうな大人の人まで年齢を問わずに持っていますよね!
それに街中のキオスコやおもちゃ屋さんなどでも売られていたり...

これまでずっと、「もうすぐワールドカップだからな~パンフレットか何かかなー」くらいにしか思っていなかったのですけど。

昨日、所用で日系ママさん達との会合があり、とあるママさんのお宅へお邪魔したところ、

↓息子さんも持ってましたーっ!


この冊子、実は『アルバム』なんだそうで。
一袋に5枚サッカー選手のステッカータイプのカード(figurita)が入った袋を買って、中のカードを集めてアルバムを完成させるのが、アルゼンチンの男の子達の間で流行っているんだとか!

中身を見せてもらったところ、

↓アルゼンチンはもちろん、


↓日本や、


↓レジェンド達のページまで~!


そして、子ども達は学校までアルバムとカードを持って行き、「〇〇の選手と△△の選手のカード交換しない?」と交渉し合い、日々アルバムを完成させるべく頑張っているそうですよ。

このアルバムを持っていたのは10代後半の男の子だったので、「もう!いい歳してこんなことして!!お小遣いもほとんどこれに使ってるのよ~!」っとママさんは呆れ顔でしたが、パパさんの方は「まあまあ、大人だって集めてるくらいなんだから、大目に見てあげてよ」と言っているんだそうです。笑

さらには、ブエノス市内のとある公園では、週末になるとこのカードの交換会のようなことも行われているんだそうで。
「カンビオ~カンビオ~(←この言い方、両替屋っぽですよね。笑)!○○のカード!」とか言ってるおじさん達も出現するそうですよー!(ニュース記事に書いてありました。)

日系ママさん曰く、「もう何十年も前から、ワールドカップの時期になるとカード集めに夢中になる男の子(&大人の男性や女の子も)が増える」とのことです。
中には、何十年も前の選手のステッカーを集めているような、本格的なコレクターもいるそうです!

(このアルバムは2018年版のものなので、過去何十年ものカードを集めている人がどんな風に集めているのかは分かりませんが...この冊子を過去の開催回のものも持っているということなのでしょうかねー??)

ちなみに、昨日お邪魔したお宅の男の子にどの選手のカードが手に入れるのが難しいか教えてもらったものの。
私、サッカーに詳しくないもので...3秒で忘れました。笑

でもやっぱりレアカードはいくつかあって、そのレアなカードを手に入れるために、「カード二枚あげるから、そのカードちょうだい!」という交渉も友達同士で行ったりするんだそうですよー。

ムスコも、4年後のワールドカップのあたりから「ぼくも欲しい!」とか言い出すのかもしれませんね。ふふ。

以上、街の男性達が、ワールドカップの冊子を持っている理由が判明して、スッキリしたお話でした~!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

関連記事

PageTop