アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

止められなくて、辛い。

またまた今日も、アルゼンチンとは関係ないお話なのですが。

すっごく面白い本に出会いました!

↓『海嶺(三浦綾子著)』


し、渋い。我ながら、かなり渋い線を行ってると思います。笑
なにせ、昭和58年に出された作品だそうなので。表紙からして渋さ全開です!

三浦綾子さんって、とっても有名な方ですよね。
これまで一冊もこの方の作品を読んだことは無かったものの、お名前だけは何度もお見かけしたことがありました。

それが、まさかここ地球の裏側アルゼンチンで読むことになるとは~
人生、いつ何が起こるかなんて、分からないものですね。

とにかくストーリーの年代も古ければ(1830年代)、文体も古いし、古本なので色も褪せてるしで。
勝手に「ちょっと取っ付きにくいかもー」なんて思い込み、なかなか手を伸ばせずにいました。←自分が買ったくせに。

で、この本を買ってから一年以上経ってから、ようやく最近になって読みはじめたのでした。

そして、ハマりました。
ここ最近読んだ本の中では、一番ハマったと思います。

まだ中巻の途中までしか読んでいないのですけど、もう読むのが止められなくて辛いです。笑
本音を言えば、家事も育児もスペイン語の宿題も何もかも放棄して、読書にだけ専念してしまいたいくらい面白いです。

というか、隙を見てはちょくちょく読書していたせいで、Shuちゃんに「いい加減にしてよ!」と軽く窘められました。トホホ。

やっぱり良い本ってのは時代とか文体とか新旧なんて、関係ないんですねぇ。しみじみ。
読んでいるうちに、頭の中に鮮明に物語の登場人物や風景などが浮かんでくるような、本当にそんな感覚に陥りながら読んでます。

さっき調べて知ったのですが、1983年に映画化もされているみたいですね。う~ん、やっぱり名作なのかも。

以上、なんらストーリーの説明もせず「なんのこっちゃ?」な内容になってしまいましたが、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね~!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

スポンサーサイト

PageTop

コロニア観光

ウルグアイの世界遺産、コロニア・デル・サクラメントに行ってきましたっ。
我が家、ウルグアイ初上陸でございます。

↓ココ!


ブエノスアイレスとコロニアはとーっても近いので、これまでも何度か行ってみようかという話は出ていたものの。
近すぎて「まぁ、焦って行かなくてもね~いつでも行けるしね~」って感じで、なんとなく優先度が低かったのですー。

というわけで(?)今回、諸々のお祝いを兼ねて、ちょうど三連休だったということもあり、ちょっくら日帰りで行って参りました。

いったん行くと決まれば、数日前から頭の中はもうコロニアでいっぱい!!
楽しみだなぁー楽しみだなぁーと、毎日のように言っていました。ふふ。

今日は朝早く起きて準備をして、

↓フェリー乗り場へ。


8:30出港だったため、余裕を持って1時間前に到着したのですが...

↓チェックインカウンターにはすんーごい人!!ひえー!


もっと早く行っといた方が良かったのかぁ。
でも意外と早くチェックインが済みましたけどね。良かった。

ちなみに、ウルグアイに行く場合は出国時にパスポートを提示せずDNIだけでいけました!
話では聞いていましたけど、本当にそうなんですね。違う国なのにパスポート不要だなんて、不思議~

↓フェリーはこんな感じ。




けっこう大きくて、中にカフェや免税店があったりしましたよー。
我が家の場合、ムスコが「ふねー!」と興奮したり、ドラえもんの動画を見せたところそれにも興奮したり、とにかくテンション高めのムスコの相手で、1時間ちょっとの航海なんてあっという間でした。

そして、

↓ウルグアイ到着~






コロニアが世界遺産と言っても、街全体が世界遺産というわけでもないそうで。
旧市街と呼ばれるエリアだけが、世界遺産に登録されているそうですよー。

旧市街以外のエリアは、アルゼンチンと同じような街並みでした。雰囲気的に、ルハンみたいな感じだねーとShuちゃんと言ってました。
街自体こぢんまりとした街なので、数ブロック歩けばすぐに旧市街にたどり着けました。

以下、たーくさん撮った旧市街の写真たちでーす!!































建物は可愛いし、カフェも可愛いし、お店も可愛いし。



クラシックカーも所々にとまっていたり。





ラプラタ川も近いし。

それと、旧市街とは全然関係ないですが、最近「でーんでんむーしむし、かーたつむり~♪」の歌にハマっているムスコが、かたつむりを見つけて喜んでいました~





とにかく、旧市街全体が歴史が感じられて可愛いかったです!
(石畳だったので、ベビーカーを押しての観光はなかなか大変でしたけど...)

旧市街だけなら数時間程度で観光できちゃうので、観光した後はランチを食べたりアイス屋さんでひと休みしたり。
日帰りでも十分に楽しめました。ついでに、色々な支払いをアルゼンチンペソでもドルでもできたのが、とっても便利でした。

やっぱり旅行って楽しいなぁー♪
旅行の計画を立てると、毎日の子育てとか家事とかも俄然やる気が出ます!

あぁ、また旅行したい。すぐ行きたい。どこか行きたーい!Shuちゃぁーーーん!!(...はっ!ウッカリ心の声が出てしまいました!笑)

またそのうちどこかに旅行できることを期待しつつ...以上、コロニア旅行の体験記でした~


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

bushman

悲しい出来事がありました。

私たち夫婦の思い出の人物である、bushmanが亡くなったそうです。
(「bushman?誰じゃそりゃ??」という方のほうが多いかと思いますが・・・)

※ブッシュ元大統領ではありません。

bushって、日本語で「やぶ」とか「茂み」のことなわけですが。
なんて言うんでしょう・・・その名の通り、「茂みおじさん」でした。

これだけ聞いても、きっと「なんのこっちゃ?」なことでしょう。
ふふふ。

サンフランシスコの有名な観光地である、
フィッシャーマンズワーフの、とある物陰が彼の生息地?でした。

そんな彼の仕事とは。

両手に自分の身体が隠れるほどの木の枝を持ち、物陰に隠れ、
何も知らずに彼のそばを通り過ぎようとする人に対して、
「ワァ!」っと驚かすことでした!笑

そこで「ギャァー!」と驚く人を見て、周りの人々も笑顔になり、
もちろん、驚かされた人も、驚いた後にはつい笑顔になってしまうという。
とってもユーモア溢れるおじさんだったのです。

このbushmanと呼ばれるおじさんは、サンフランシスコではすごく有名でして、
もともと、私はサンフランシスコに語学留学をしていた頃から知っていたのです。

でも、留学中は一度も彼に驚かしてもらったことはなく。
(毎日同じ場所にいるわけでもなかったので。)

誰かが驚かされている光景に遭遇したことは何度かあったので、
「いいなー。私も驚かされたいなー。」と思っていたんです。

で、Shuちゃんと付き合って間もない頃に、
「Shuちゃんにサンフランシスコの街を案内したい!」と思い、
二人でサンフランシスコへ行き、フィッシャーマンズワーフを観光していた際・・・

幸運にも!bushmanに遭遇することができたのですー!!
まんまと、驚かしてもらったのでした。

彼の存在を知っていたはずの私の方が、
Shuちゃんよりも激しく驚く、という珍事も起きつつ(笑)

bushmanも、周りの観光客たちも、もちろん私たちも大笑い。
本当に素敵な、私とShuちゃんとのサンフランシスコでの思い出になったのでした~

いまだに、「bushman、元気かなぁ」なんて、話題に上がることもあるほど。
そんな彼が亡くなってしまったなんて。残念でなりません。

でも、亡くなる前に、驚かしてもらえて良かったです。
素敵な思い出を、どうもありがとう!bushman!!

ご冥福をお祈りいたします。

唯一悔やまれるのが、
あの時、チップを払って一緒に写真を撮ってもらえば良かった・・・ということ。

あぁ、本当に残念。

・・・。

と、思ったら!

なんと、bushmanはサンフランシスコに二人いるそうです!
そのうちの一人が、亡くなったんだそうで。
(bushmanに関する記事⇒Fisherman’s Wharf tourist icon dies of heart ailment)

だからと言って、「別に良いや」というわけでは、決してありませんが、
これからも、フィッシャーマンズワーフには名物おじさんが現れ続けるのですね。

bushmanに会いたい方、ぜひ、サンフランシスコへ!

26526_1370132384360_3891816_n_convert_20140227111640.jpg


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop