fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

旅行に行ってきます!【San Clemente del Tuyu】

今日から我が家は旅行に行ってきます!

わーい!わーい!!ずっと楽しみにしてきたこの日が、やっときた~!
3泊4日なのでちょっとした小旅行なんですが、なんと言っても私が長年行ってみたかった場所に行けるということで、本当にワクワクしています。

ちなみに、今回行くのは、

↓ここ!San Clemente del Tuyuという場所です。


ブエノスアイレスからはバスで4時間ほどで行くことができます。近っ。
ブエノスからの飛行機は出ていないそうなので、行くとしたら自家用車かバスでしか行けないみたいですよ。

さて、このSan Clemente del Tuyuですが。
なぜこんなにも私が「行きたい!」と熱望していたのかと申しますと、

Mundo Marinoという水族館があるからなのです~♪
(なので、正確には私が行きたかったというよりは、ムスコを連れて行ってあげたかったのです。ほら、彼、さかなクンなんで。笑)

このMundo Marinoに行きたい!ということは、実は2年近く前のブログでも書いていました。コチラ⇒夏休み!
その時は、色々考えた結果行かないことになったのでした。でも、行きたい気持ちはずーっとありまして。そして、この度幸運なことに、知り合いの親戚の方が所有する別荘をお借りすることができ、念願かなって行けることになったのですー!!!

↓園内の地図を見るだけで、もうワクワクしてきます!
plano.jpg
(画像はMundo Marinoサイトより拝借。)

ただの水族館というよりは、アトラクション的なものもありそうな感じで、水族館兼ちょっとした遊園地みたいな感じなのかな?と思っています。なおさら楽しそー!

他にも、海に行って海水浴したりもできるので、家族全員が張り切りまくりです!!

滞在先にはWi-Fiが無いそうなので、旅行から帰ってくるまではブログの更新ができません。
たまにはネット生活から離れて過ごすのも良い休養になると思いますし、ただひたすら、めいっぱい遊んできたいと思いますっ。

それでは、行ってきま~す!


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

メンドーサ旅行記【4、5日目】

メンドーサ旅行の4、5日目のお話を。

旅行の初日から3日目まで、長時間のツアー続き(しかも、毎回アクシデント有り!)だった私たち。

もう本当に疲れてしまいまして。

私、4日目にして、体調を崩してしまいました。
朝から体調が優れない状態で、一日がスタートしたのでした。

しかし、

初日からずっと大人向けのツアーに付き合ってくれたムスコにもメンドーサを楽しんでもらおう!
ということで、薬を飲み自分を奮い立たせて、公園巡り!!

↓公園①(Plaza Chile)




↓公園②(Plaza Independencia)






と、続き、

↓公園③(Parque General San Martin)




ここ、すーっごく広い公園でしたっ。
ブエノスアイレスでも見られるような、家族や友人達とのんびりと休日を過ごすような人々の光景が、至るところで見られました。

この公園での我が家の目的地は、

↓ここ!Jardin Infantiles(子供の遊び場)!!


子供向けの遊具がいっぱい~!

↓逆バンジーもありましたよー!


一目みただけで、とっても楽しそうで。
ムスコもこの場所に着いた途端、「わぁ~!」っと遊具に走って行ったのですが。



思いのほか日差しが強く、鉄製の遊具が極熱・・・
他の子供に「これ、熱いから触らない方がいいよ!」と注意されちゃったりして。

せっかく来たのにー。
もう暑いし熱いし、帰るー。

と、思ったら、

↓こんなの発見~!トランポリン(?)!!


ちょうど同い年くらいの男の子も中にいて、二人ですごく楽しそうでした。

↓あとは、メリーゴーランドとか。(これはブエノスにもありますね・・・)


良かったー。いちおうムスコが楽しめるものがあって。
で、ムスコをひとしきり遊ばせ、いったんホテルに戻ることにしました。

帰り道にもう1ヶ所、(写真は撮りませんでしたが)公園でムスコを遊ばせ、合計4ヶ所もの公園を巡りましたっ。
またまた更に疲れたーーー。

実はこの日は、夕方あたりから(もしくは翌日の午前中に)、

↓このシティーツアーのバスに乗り、


メンドーサ市内観光にでも、なんて考えていたんですけどー。

もともと体調が良くなかったのに、頑張って公園巡りをしたせいで、完全にダウンしてしまった私。
体力的にも気力的にも、もう一歩も動けず。全ての予定をキャンセルして、寝込みました。チーン。

というか、

今回の旅行では、食事にとっても苦労しまして。
栄養不足というか、カロリー不足というか・・・そういう食事面が体調に影響したような気もします。

一日がかりのツアーが続き、毎晩ホテルに戻ってくるのが遅かったのと、ツアーで疲れていたためレストランを探す時間が十分に取れなかったことが、主な原因だと思います。
早くご飯を食べてムスコの寝る時間も確保しなきゃ!と思うと、とにかくどこでも良いからレストランで食事を・・・となってしまって。

結局、テキトーに入ったお店の料理がイマイチだったりして(汗)
どちらかというと味に鈍感な私ですら、完食できないこともあったりで。トホホ。

そしてムスコの方も、私以上に食事に苦労したと思います。

というのも、我が家、普段は外食よりもお家でご飯を食べるのが大好きなもので。
基本的に私が作る料理って、日本的な味付けなものが多いのですー。パスタとかも作りますが、やっぱりアルゼンチンの味付けとはまた少し違うようで。

そんな私の料理ばかり食べているムスコにとって、外食で「いかにも!」なアルゼンチン料理は本当に口に合わなかったみたいなのです。

あ、言っときますけど、決して!私がお料理上手なわけではありません(笑)どちらかというと、おおざっぱ料理が多いんで。
ただ、そんな雑な手料理でも、一応ムスコにとっての「いつもの食べ慣れた味」は私の手料理だというだけの話なのです。

そのため、ムスコのレストランでの食事の食べなさっぷりったらもう!
「あーん」して食べさせようとしても、プイっと顔を背けて、ぜーんぜん食べてくれなくて。本当に大変でした。

なんとか食べてくれたのが、

↓カップラーメン


あと、タコさんウインナー!
ホテルの部屋に簡単なキッチンが付いていたので、お湯を沸かしたりタコさんウインナーを作って茹でたりはできたんです。

あぁ、不健康な食事でごめんよぅ、ムスコぉ(泣)

おかげで、私もムスコも、今回の旅で、痩せました・・・
(っていうか、やつれた?笑)

そういう意味でも、ハードな旅でしたー。

そんなわけで、シティーツアーのバスにも乗れずに寝込んでしまったわけですが。

旅行最終日の5日目は、午前中はホテルでゆっくり荷造りしたりしながら過ごし、お昼頃にチェックアウトをした後、ホテルに荷物を預けて、「最終日くらいは美味しい物が食べたい!!」と思いまして。

ちょっと良さげなレストランを見つけたので、入ってみました。

↓家族でパチリ。


↓ツーショットもパチリ。


お料理は、

↓Shuちゃんは、ヤギの肉!


メンドーサと言えば、ヤギなんだそうですよー。パタゴニアの方は羊みたいですね。
柔らかく煮込んであって、美味しかったです。

私は、依然として食欲が無かったので、

↓海老!のみ!なぜかメンドーサで海の幸!笑


これまた、美味しかったです。
ムスコもこれだけはモリモリ食べてくれて、良かったです。

最後の最後に、美味しい物が食べられました!

そうして、私たちのメンドーサ旅行は幕を閉じたのでした~
帰りの飛行機は遅延することなく飛びました!笑

さて、今回のメンドーサ旅行。

素晴らしい景色を見ることができて、とっても楽しかったです。
が、やはり子連れには若干無謀な旅行でもありました(笑)

もう少し滞在期間が長ければ、大丈夫だったんでしょうけどねー。
とにかくツアーを詰め込み過ぎたので、疲れました。

でも、今回の旅行では、これまで旅行した時以上にスペイン語が分かるようになってきていたので、そういう点でも楽しさ満載なものになりました。

ホテルの従業員さんや、お店の店員さんなどとのちょっとしたやり取りも苦じゃなくなってきましたし、ツアー中のガイドさんの説明なども以前と比べたら理解できるようになってきたので、ツアーを満喫することができたと思います。

また、特に楽しかったのが、同じツアーに参加していたアルゼンチン人たちとのコミュニケーション!

ツアーのバス内でマテ茶をまわし飲みしたり(我が家は丁重にお断りしましたが・・・)、お菓子をおすそ分けしてもらったり。
日本について、我が家について、興味を持ってくれた人と会話できたり。ムスコのことを可愛がってもらえたり。

こういう触れ合い(?)こそ、ツアーならではの楽しみ方のひとつだな~と思いました。

もっともっとスペイン語を勉強して、次回どこかに旅行する時にはもっとコミュニケーションが取れるようになりたい!と、モチベーションにもつながりました。

何はともあれ、

今回、全ての旅行の計画を立ててくれたShuちゃんに、感謝です!
ホテル選びからツアーの申し込み、飛行機の手配などなど、大変な作業をやってくれて、どうもありがとうー!

ホテルはムスコのことを考えて、公園の真ん前、キッチン付きの部屋、大型スーパーまで1ブロック、という子連れには最高なホテルを見つけてくれました。
(おかげで、レストランの食事を食べてくれないムスコにスーパーで買った物を食べさせたりできました。)

今回のハードスケジュールにめげず、また次回アルゼンチン国内旅行に行ける日を楽しみに、日々を過ごそうと思います!

今度は北の方に行ってみたいなぁ~サルタとか~
んふふ。

以上、我が家のメンドーサ旅行記でした。


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

メンドーサ旅行記【3日目 Cañon del Atuel】

メンドーサ旅行3日目のお話を書きたいと思います。
(かなりの長文になってしまいました。)

3日目は、今回の旅行の中で時間も距離も最長のツアーに参加してきました。
その移動距離、なんと片道約285km!往復で570kmですよー。長すぎー。

ほんとにほんとにほんとーーーに!疲れました!!!
疲れすぎて泣きそうでした(笑)

ツアーが始まる前から「子連れで大丈夫なの?!」と思ってしまうくらいのハードなスケジュールでして。けっこう心配でした。
でも、Shuちゃんが今回の旅行で一番行ってみたかった場所だったようで。意を決して行ってみたわけですが。

結果、

頑張って行ってみて良かったです!ここに住んでもいいかも!と思えるくらい素敵な場所でしたー。
移動時間が長かったのは大変でしたが、ちょこちょこムスコも楽しめていたので、良かったかな?と思います。

さて、そんな3日目のツアーは、Cañon del Atuelという名前のものでした。

ツアー内容を簡単に説明すると、

Mendozaを朝7時に出発し、

Tunuyánの町を通り抜け、

San Carlosでひと休みし、

San Rafael市街を通り、

そこから約20kmほどの場所にある、Dique Valle Grandeへ立ち寄り、

Río Atuel沿いのCañon del Atuelを通り(途中何度か観光スポットへ立ち寄りつつ)、

Nihuil貯水池へ行き、

Mendozaへ帰る。(到着予定はなんと22時!)

という、見どころいっぱい盛り沢山なツアーでした。

↓地図で見ると、こんなルート。


以下、ツアーの詳細です~

↓朝、眠い顔でしゅっぱーつ。


Tunuyánの町はサラーっと通り抜け、San Carlosではガソリンスタンドでひと休み。

↓ガソリンスタンドに子供の遊び場があったので、ムスコを少し遊ばせて、


↓Valle Grandeに到着!






川ー!キレー!キレー!!
景色サイコー!

↓ムスコも川をツンツン。「魚釣り♪」をしてるんだそうですよ。


ここでは、アクティビティが用意されていまして。
アクティビティに参加してValle Grandeを楽しむこともできますし、アクティビティに興味が無い人は川を眺めたり散歩したりしながら時間を過ごせるようでした。

アクティビティの内容は、
①リバーラフティング、②catamarán(船)に乗ってDique Valle Grandeを遊覧、の二種類から選べました。

Shuちゃんはラフティングにとーっても興味津々なようでしたが、さすがにムスコを連れてのラフティングは無理!
ということで、我が家はカタマランコースを選択することにしました。

やっぱり(?)、ラフティングの方が圧倒的に人気でしたけどね。楽しいですもんねーラフティングって。

↓参考までに、ラフティングの様子はこんな感じ。


しかし!
カタマランコースを選んだ私としては、カタマランで良かった!と心から思えました。
(個人の好みなので、あくまでも私個人の意見ではありますが・・・)

ラフティングは刺激的で楽しいですけど、あんまりゆっくりと景色を眺める暇もないですし。何よりラフティング中は写真も撮れないのが残念かなーと思います。
それに、正直「まぁ、ラフティングって、どこでもできるしなぁ」という思いもあったり(笑)

ってなわけで、カタマラン!

ラフティングコースの人たちと別れ、バスでDique Valle Grandeへ。

↓カタマラン船に乗るには、けっこう急な階段を下りなければいけませんでした。


カタマランコースには75歳オーバーのご婦人方が多く、この階段はやっぱりちょっと大変そうでした。
足腰の弱い方には要注意ですね。ご婦人方はゆっくりゆっくり階段を下りて全員無事に船に乗り込めましたけど。

↓船!ムスコも船に大喜びでした。


が、

↓ライフジャケットが嫌で嫌で・・・大変でした。


「これ脱ぐー!」と、わぁわぁ言ってたら、

↓操縦席に座らせてもらえて、少し落ち着きを取り戻したムスコさん。


↓船が動き始めた途端、テンション急上昇~!




↓景色も綺麗すぎー!ほんと綺麗ー!!










↓これ、やってみたいっ。


やっぱカタマランコースを選んで良かった~
ゆっくりのんびり時間を過ごせて、本当に素晴らしい時間でした。あぁ、ここはもう一回行きたい。

それに、船の運転手さんや同じツアーの参加者の人たちともおしゃべりできて、楽しかったです。
「どこから来たの?」「なんでアルゼンチンに住んでるの?」「ブエノスアイレスなんかより地方に住んだ方が絶対良いよ!」とか言われたり。はは。
そういう交流ができたのも、カタマランコースの魅力かなーと思います。

そして、それぞれのアクティビティを終え全員が合流した後は、再びバスに乗り込み。
今度は少し高い場所からDique Valle Grandeを見渡せるスポットへ。

↓ギャー!ここも綺麗ー!!!うっとり。




この場所に着く前にバスの中でムスコが寝てしまったため、最初は「俺はバスで待ってるから、Cocoだけ見てきなよ」と言われ私だけ外に出たのですが。
「こここそバスを下りて見なくてどうする!」と思ってしまい、無理矢理Shuちゃんも外に呼び出し、

↓家族でパチリ。


ここは生で見なきゃ絶対に損だと思ったんですものー。

そして、その後はバスで Río Atuel沿いのCañon del Atuelを疾走!

↓ここもまた、壮大な景色の連続でした。










圧倒的な大自然でした。スケールの大きさに感動しました。
あ、相変わらず薄っぺらい感想になっちゃった(笑)

こういう、感動を言葉で表すのって難しいですねー。
言葉にしようとすればするほど、重みが無くなってしまう気もして。私の言語能力の問題ですね。ふふ。

さて、その後は、

↓オマケ的な感じでNihuil貯水池へ。


んー、ここはあんまり行かなくても良かったかなー(笑)
まぁでもきっと有名な場所なんでしょう。きっと。

そして、ここから、途中何度かトイレ休憩を挟みつつ、メンドーサへと帰ったわけですが。

その道中、大アクシデントが~!

メンドーサに向けてNihuilを出たのが、夜の7時頃。
そこから285kmの距離を戻るのかよーっ。という感じでしたが、まぁ順調にバスは進んでいました。

途中まで、は。

そのアクシデントは、メンドーサまであとおよそ30km手前のところで起こりました。

私は一日がかりのツアーの疲れから、熟睡してしまっていたのですが。
ふと、目を覚ますと、バスの窓の外に煌々と燃え盛る炎が・・・!?(もう辺りは真っ暗だったので、余計に目立ちました。)

↓パ、パ、パロ(paro)だぁーーー!!!


※paroとは、労働者によるストライキのことです。
アルゼンチンでは、労働者がストライキを行う際に(なぜか!)幹線道路を封鎖して自分たちの要望を主張したりします。「賃金上げろー!」とか。

そのため、ストライキに全く関係ない人まで、道路が通れない・・・と言った具合に影響を受けてしまうのですー。

ブエノスアイレスでもそういったストライキが起こることはしょっちゅうありますが、ブエノスの中心部で起こる場合は、一つの道が封鎖されても迂回路があるため、そこまで重大な事にはならないです。

しかし、今回はなんと、メンドーサ市外とメンドーサ市内を結ぶ唯一の道路が封鎖されたらしく!
(↑いくら何でもそんなトコ封鎖すんなー!しかも連休中にやるんじゃないよー!怒)

バスが通れず、立ち往生&同じような車たちで大渋滞してしまったのでした。
せっかくの旅行に、まさかストライキにぶち当たるとは。ショック。

なおかつ、何が悔しかったかって、

私たちが乗っているバスの、ほんの3台前の車から道路が封鎖されてしまったこと!!
あと1分でも早くバスがその道を通ってさえいれば、ストライキにはぶつからずに済んだのに~!

窓際に座っていたShuちゃんは、労働者たちが道路を封鎖して、まさにストライキを始めようとしている瞬間を見ていたそうですよ。
道路に立ちはだかって行く手を遮り、道路の真ん中にタイヤを置き、火を付けて燃やしはじめたそうです。ワイルドすぎる・・・

一方の私はと言うと。
なんと、バスがパロに捕まって立ち往生し始めてから30分もの間、全く気付かずに眠りこけていたそうです。我ながら鈍感すぎてビックリ(笑)

そして、私が目を覚まし事の成り行きを把握してから、また更に30分ほどストライキは続き。

「場合によっては、一晩中ストライキが続くこともある」「もしそうなれば、バスの中で夜を越すことになる」などという説明をガイドさんから受け。

「こんなに疲れてるのに、ホテルでゆっくり眠ることもできないなんて・・・」と最悪な気分になっていたところ、

道路を封鎖するために燃やしていたタイヤが燃え尽きかけ、ストライキを行っていた労働者たちがタイヤを補充しようとしかけたその時、

なんと運転手さんが、火が弱まったタイミングを見計らい、強行突破!!
燃え尽きかけようとしているタイヤの合間を縫って、ストライキゾーンを抜け出してくれたのですー。

か、かっこいいよ、運転手さん。
おかげで、バスの中で夜を越すという最悪の自体からは免れました。良かった~

それでも、私たちがホテルに着いたのは、夜中の11時半。遅。
夕飯も食べてない、お風呂も入ってない、疲れ果てて元気もない!!

もうその夜は何を食べたのかも(むしろ食べたんだっけ?)、いつ寝たんだかも、一切記憶にありません。笑
ただただ、無事にホテルに帰ってこれた安心感だけは覚えているのでした。

アルゼンチン国内で旅行をされる予定の皆さま、ストライキには十分にお気をつけ下さいませ・・・


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

メンドーサ旅行記【2日目 Alta montaña】

今日は、メンドーサ旅行2日目のお話を。

旅行の2日目は、Alta montañaというツアーに参加してきました。ザックリ言うと、「山の方に行く」というツアーです~

メンドーサからはアンデス山脈が近いとは言え、かの有名な南米最高峰のアコンカグアまでには、実はけっこう距離がありまして。

ツアー自体はアコンカグア麓(登山口?)まで行くというものでしたが、途中色々と立ち寄ったりはしたものの一日がかりのツアーになりました。

なんと、朝7時半にホテルを出て、帰って来たのは夜の7時半っ。12時間~!長い!子連れ旅行には無謀!!笑
まぁでも、メンドーサに行くからにはアコンカグア見たいですしねぇ。

というわけで、前日の疲れもありましたが何とか早起きし、ツアーのバスに乗り込みました。
(メンドーサ市内は雨が降っており、「山を見に行くのに、大丈夫かな?」と、ちょっぴりハラハラしつつ。)

そして、事件は起こりました。

ツアーのバスが出発し、30分ほど経った頃のこと。

私の隣に座っているムスコの様子が、なんだかオカシイ。
窓の外を見たり、座席の背もたれの方を向きうなだれたり、なんかソワソワ・・・

と思ったら!

ムスコさん、突然のリバース!!!

しかも、とどまることを知らない(?!)かのような大量っぷり!笑
(お食事中の方、スミマセン。)

初めはとっさに私の両手でキャッチしたものの、当然受け止め切れず。ヒィー!
ムスコ自身が座っている座席の背もたれの方に目掛けて、ダイナミックにやってしまいました。

ま、まだツアーが始まって30分だよ、ムスコ・・・
この先、どうすれば・・・

と、頭は真っ白。

これまでムスコは、日本で大荒れの海で船に乗って離島に遊びに行った時に船酔いをしたことはあったものの、それ以外は乗り物酔いはしたことがなく。
今回も私は、「まぁ大丈夫でしょ~」と高をくくっていたのでした。トホホ。

しかも、こんな日に限って着替えを忘れ・・・
(外は雨!これから山に行くので、絶対寒い!)

とにかく、唯一持ってきていたズボン(←ハーフ丈(汗))だけは着替えさせましたが。
肝心の上着が無くて~うわ~ん!(泣)しかし臭いも強く、他のツアー客の方々の迷惑にもなるので、とにかく着ていた上着は脱がせまして。

↓途中の見学ポイントでは、こうなりました。


他の人たちが防寒着を着ている中、半袖半ズボン!!
ご、ごめんよぉ、ムスコぉ。私がちゃんと着替えを持ってきていてあげていたらこうはならなかったのにー。

すると、

↓Shuちゃんが、「俺もムスコに付き合う!」と、半袖になってくれました。


親子揃って薄着~
Shuちゃん、ありがとう(?)~

汚してしまったバスの座席は、運転手さんが綺麗に掃除してくれました。おかげで臭いの問題は無くなり、ひと安心でした。

その後、途中で立ち寄った休憩所にて、とにかく何でもいいから暖かい服!と探した結果、

↓かなり色あせたトレーナーを購入しました(笑)




いつから店頭に並んでいたんだろう・・・

洗濯もせずに着せるのは勇気が要りましたが、半袖の寒いままでいさせるわけにもいかず、着せることにしました。
裏地がフリース素材?みたいになっていて、とりあえずは暖かそうだったので良かったです。

でも、私はリバースの衝撃で呆然とした頭がなかなか正常に戻らず、ツアーの前半はあんまり記憶がありません(笑)

とにかく、バスはどんどん山に向かって行ってました!

途中、

↓Penitentesというスキー場にも立ち寄り、


↓リフトに乗って、山の上の方まで行きました~


これが寒くて寒くて!!
ジャケットを着ていた私ですら、ガクガク震えてしまいました。

アンデス、ナメてました。ごめんなさい。笑

↓ムスコはガイドさんにけっこう厚手のジャケットを貸してもらい、けっこうあったかそうでしたよ。


体調も回復(吐いてスッキリ?)したようで、元気にチョコマカ動き回っていました。







で、本当に寒かったんで、ひとしきり撮影した後は、とっとと下山!
(リフトで下っている最中にムスコがお気に入りのおもちゃを落とし、山を歩いて登っておもちゃを取りに行くという、地味なアクシデントにも見舞われつつ。笑)

その後、少し場所を移動してレストランでランチをいただき、

↓ランチ後の自由時間には、残雪で遊びました~


残雪なんで、あんまり綺麗じゃなかったですけどね。
しかし、大喜びなムスコなのでした。

さて、その後は、

↓いよいよアコンカグアの登山口へ!


・・・って、

アコンカグア、見えなーーーいっ。
どうやら登山口からはアコンカグアって見えないそうですね。知らなかった。

で、晴れていればアコンカグアが見えるというポイントも、今回は曇りのため見えず。

しょんぼり。

アコンカグア見たかったー。
ムスコだって、リバースしながらも頑張って来たのにー。

でもこればっかりは仕方ないですね。タイミングの問題なんで。またいつの日か、見に行けたらいいなぁ。

そしてお次は、

Puente del Incaと呼ばれる観光スポットへ。

↓お土産屋さんが、良い雰囲気でした。




↓そしてこれが、Puente del Inca。


自然に出来た橋なんだそうですよー。綺麗というか、不思議というか、面白い景色でした。
温泉も出ていて、昔はホテルとして使われていたんだとか何だとか、むにゃむにゃ・・・スペイン語だったんで、正直よくわかってません(笑)

そんなこんなで、二日目のツアーは終了しました~

そして、この日もヘトヘトに疲れ、レストランを探す気力も無かった私たち。

またしても、8時前でも開いていたレストランをテキトーに選んで入ってみたところ・・・
店員さんのなかなかのグウタラっぷりにびっくりしましたー。はぁ、ツイてない(笑)

ほんと何もかもが遅くて。

しまいにはセットで付いていたデザートも「そろそろ持ってきてください」と頼んでいたのにも関わらず、ずーっと待たされた挙げ句に「お会計する?」との一言。
思わず「デザートまだなんだけど!?」と怒り口調で言っちゃいましたよぅ。んもうっ!

で、驚いたことがもうひとつ!

店員さんが慌てて持ってきたデザートが、

↓コチラ!(ちょっと食べかけです。)


ア、アイス・・・?でもスプーンですくった感触が、何かアイスと違う・・・?と思いながら口に入れてみてびっくり!

チーズでしたぁーーー!!!

チーズ味のアイスとかじゃなくて、ただのチーズ!!
それに、dulce de batataと呼ばれるサツマイモのペースト?が一緒に出てきました。

いやぁ~これにはほんとびっくり。
「デザート=甘いもの」という頭でいたので、その感覚でチーズを食べた時の衝撃ったらもう、トラウマもんです(笑)

「えっ、なになに?これ、デザートなの?!え?えっ?」と挙動不審に陥りつつ、結局ほとんど食べることなくもうお店を出ちゃいましたー。
あんまり良くないお店でしたし、時間も10時を過ぎていたので、早く帰って寝なきゃ!と思って・・・

ちなみに、

さっきネットで調べてみたところ、

↓そういうデザートは確かに存在するようですね。


アルゼンチンやウルグアイで食べられているんだそうで。
今度誰かに聞いてみようと思います!

それにしても、チーズはびっくりしました!
メンドーサ旅行二日目は、激しいカルチャーショックと共に幕を閉じたましたとさ。


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

メンドーサ旅行記【1日目 ボデガツアー】

行ってきました!

メンドーサ!!

今日の夕方、無事にブエノスに戻ってきました。

つ、疲れた・・・
これまでした旅行の中で、一二を争うくらい疲れた旅行だったと思います。

あぁ、疲れた疲れた!
何かの修行か、強化合宿かと思うほどのハードさでした(笑)

でもツアーにも色々と参加できて、とっても楽しかったです。
やっぱり自然は良いですね。いつかは田舎に暮らしてみたいものです。

そうそう、楽しかった出来事と同じくらい、トラブルも盛りだくさんな旅行でした!
毎日何かしらのトラブルが起こっていたような・・・ははは~

そういう意味でも、なかなかハードな旅でしたよぅ。

さて、せっかくなんで、今後ちょくちょくメンドーサ旅行のお話をブログに書いていこうと思います。
ツアーの感想とか、旅の途中起こったトラブルとか、見どころ?とか。

ではまずは、初日のお話を。

当初の予定としては、朝9時発の飛行機に乗り11時過ぎにはメンドーサへ着き、午後2時半からワイナリーツアーに参加する予定でした。

が、しかし。

メンドーサ行きの飛行機が、まさかの遅延!
(まぁ「まさかの」と言っても、アルゼンチンでは飛行機の遅延なんてほーんと日常茶飯事なんで、驚かなかったっちゃ驚かなかったですけどー)

しかも、10分やそこらの遅延ではなく、2時間半みっちり遅延っ。ぎゃー!

せっかく早起きして準備して、楽しみに空港へ向かったのにー!
っていうか、そんなことよりワイナリーツアーが間に合うのか?!

と、やきもきしながらの2時間半。
んまぁ~退屈で退屈で。ムスコも飽きちゃって大変でした。

やっぱりアルゼンチン国内旅行で飛行機を利用するのって、良い点ももちろんありますけど、こういうデメリットも大きいんですよねぇ。
メンドーサくらいの距離なら、ひょっとしたら長距離バスで行った方が便利だし確実かもしれませんね。

そして、なんとか2時間半を乗り切り、いよいよ搭乗開始。

これまでも飛行機には乗ったことのあるムスコですが、今回が一番嬉しそうでした!
飛行機が空を飛ぶものだということも理解できていて、それに今から自分が乗る→空を飛べるんだ!ということをきちんと理解できる年ごろだったので。

↓座席の窓にへばりついて、離陸の時を待っていました。


離陸する瞬間も楽しそうでした。雲の中を飛んでいる時なんかも、興味津々な感じでした。

でも、早起きしたせいで離陸後早々に眠気がやってきたムスコ。

↓離陸後すぐに熟睡。笑


まぁでも離陸と着陸の瞬間は起きてたし、いちおう楽しめたから良いのかな?

そして、2時間半遅れでメンドーサへ到着~

頑張ればワイナリーツアーに間に合うかも!ってことで。
到着ゲートで待っていてくれたドライバーさんと合流し、一旦ホテルにチェックインしたのち、休む間も無くホテルまで迎えに来たワイナリーツアーの車に乗り込みました。

ツアー内容としては、
ワイナリー(スペイン語ではボデガ)2ヶ所に加えて、オリーブオイル製造所に見学に行くというものでした。

紹介はサックリと行きまーす。

まずは、

↓BODEGA DANTE ROBINO






ワイン作りについてお姉さんから説明を受け、

↓試飲も何種類ができました。


↓ムスコはその辺でブラブラ・・・






次に、

↓BODEGA VISTANDES








ここもまたお姉さんから説明を受け、

↓試飲。


最近めっきりお酒が弱くなってしまった私は、ボデガ2ヶ所の試飲でけっこう良い気分でした。

最後に、

↓オリーブオイル製造所PASRAIへ。




またまたお姉さんから説明を受けながら工場見学をし、

↓オリーブオイルの試食。


これが、すっごく美味しくて美味しくて。ビックリしました~

以前、スペイン語のクラスメイトが「メンドーサのオリーブオイルは美味しいし安くて最高!私は3ガロン(だったかな?)買ってきたわっ。」と言っていたのを思い出し、「確かに!」と納得でした。

とは言え、我が家はさすがにガロンでは買わず(笑)、

↓特に美味しい!と思ったROMERO味のオイルを一本購入。


ムスコは、

↓この緑色?の干しぶどうにハマってました。


確かに、黒い干しぶどうよりもアッサリした味で食べやすかったです。
でもあんまり食べるとお腹が痛くなりそうだったんで、買うのはやめましたー。

そんなこんなで、1日目のツアーは終了しまして。
そこからホテルに戻ったのが、だいたい夜の7時半頃。

初日で疲れていたことに加え、いつもは夜7時にはご飯を食べているので、ムスコが「お腹空いたー」を連呼しまくり。
とにかくその日の夕食は、どこでも良いから近場のレストランで済ませようと考えた我が家。

焦ってやみくもに道を歩いてしまったためレストラン街とは全然違う方向へ進んでしまったらしく、行けども行けども良さげなレストランが見つからず・・・
レストランあった!と思って入ってみても「9時からオープンです」と言われたり!←9時からって、遅すぎー!!

もう時間も時間なんで、初日はホテルの近くのCarrefourで簡単な食事を買ってムスコに食べさせ、私たち夫婦はルームサービスのピザで済ませちゃいました。

せっかくの旅行でルームサービスか。と、ちょっとガッカリ。
それと同時に、我が家の苦難(⁈)の幕開けなのでした~

というのも、今回の旅行では本当に食事に苦しみまして。
あ、でも話が長~くなりそうなので、このお話はまたそのうち書きたいと思います。

以上が、メンドーサ旅行初日のお話でした!

※余談ですが。

メンドーサに着いてホテルに向かう途中の車内にて、「ここが11年前にShuちゃんが見た景色かぁ~」としみじみ思い、Shuちゃんに「Shuちゃん、この景色覚えてる?」と聞いたところ・・・

とっても爽やかな笑顔で、「ううん、全然!」ですって!

チーン。笑

私の“しみじみ”を返せーーー!!!
まったく、もう。

まぁ、そんなところがShuちゃんらしいですな。


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop