FC2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

美術協力した映画【鈴木家の嘘】が、間もなく公開!

私が美術協力させていただいた、映画『鈴木家の嘘』が、間もなく公開になります!



岸部一徳さん、原日出子さん、加瀬亮さん、岸本佳代子さん、大森南朋さん等々、豪華な俳優の方々が出演されています。

↓以下、公式サイトよりあらすじを抜粋させていただきます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
鈴木家の長男・浩一(加瀬亮)がある日突然この世を去った。母・悠子(原日出子)はショックのあまり意識を失ってしまう。
浩一の四十九日。父・幸男(岸部一徳)と娘の富美(木竜麻生)は、名古屋で冠婚葬祭会社を経営する幸男の妹・君子(岸本加世子)、アルゼンチンで事業を始めたばかりの悠子の弟・博(大森南朋)とともに、意識を失ったままの悠子の今後について話し合っていた。そんな中、悠子が病室で意識を取り戻す。慌てて幸男、富美、君子、博が病院に駆けつけると、彼らの姿をみて驚きながら、悠子が尋ねる。

「浩一は?」

思わず目を見合わせる4人。そこで富美はとっさに「お兄ちゃんは引きこもりをやめてアルゼンチンに行ったの。おじさんの仕事を手伝うために」と嘘をつく。「お父さん、本当?」と感極まった様子の悠子に、幸男は「ああ」と返すしかなかった。
母の笑顔を守るべく、父と娘の奮闘が始まった。父は原宿でチェ・ゲバラのTシャツを探し、娘は兄になりかわって手紙をしたためるなど、親戚たちも巻き込んでのアリバイ作りにいそしむ。
そんななか、博がアルゼンチンの事業から撤退することが決まった。母への嘘の終わりが近づいていたーー。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

というわけで、昨年末頃にブログ経由で美術協力のご依頼をいただきまして。

『アルゼンチンに働きに出た浩一が送ってきた』というていで、アルゼンチンっぽさが感じられる品々を日本へ郵送したり、我が家がアルゼンチン各地で撮りためた写真などをデータで送ったり...鈴木家がついた『嘘』に加担しましたっ。うふふ。

↓予告動画の中でも、「あ!これ、私が送ったやつ!」という品々が出てきましたよ~


家族の死という悲しいテーマの中に笑いやユーモア、家族を想う気持ちがさりげなく盛り込まれていて、見終えた後には心が温まるような、そして家族に会いたい気持ちになるような、そんな映画だと思いました。
(って、私は台本を読ませていただいただけで、まだ映画は見れてませんけどねー!)

ご連絡をいただいた美術担当の方もとっても丁寧で良い方だったので、私も楽しくお手伝いさせていただけました。
というか、無事にアルゼンチンから荷物が届いたことに、心底ホッとしました。

私が日本へ荷物を送ったのが1月だったと思うので、それから撮影などをして実際に公開が11月半ばということは、1年近くもかかて製作されたんですねぇ。
もちろん、企画の段階から言えば実際はもっとずっと前から準備されていたのでしょうし、映画一本製作するというのは、すごく時間がかかるんだなーと、勉強にもなりました。

そして何より、ささやかながら映画のお手伝いをさせていただけたのが、良い思い出になりました。
DVD化したら送っていただけるそうなので(実家には映画のチケットやポスターを送っていただけましたが、もちろん私は観れません...)、そちらを楽しみにしていたいと思います。

以上、日本にお住まいの方は、是非『鈴木家の嘘』を映画館でご覧くださいね~!

<劇場情報>
鈴木家の嘘
11/16(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか、全国ロードショー
公式サイト:http://suzukikenouso.com/
劇場情報:http://suzukikenouso.com/theater.html


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

スポンサーサイト



PageTop

アメリカ・ダラス滞在記

アメリカ滞在のお話を。

いつもはドイツや中東を経由して帰省していたのですが、今回はアメリカ経由で帰ってみました。(航空券代が安かったので。)

で、これまた安い便をチョイスしたところ、アメリカのダラスに一泊することになってしまったのでしたー。
子連れで、大荷物で、しかも疲れも溜まっている状況での滞在、楽しめるか心配だったのですが。

意外と楽しめました!

というか、ダラスの人たち、優しかったですー。
南部ならではのおおらかさかな?と思ったりしました。みんなフレンドリーで気さくでしたし。

大量の荷物とムスコを引き連れ、ホテルへ行くためのシャトルを呼びたかったのですが。
(空港に隣接するホテルだったのですが、荷物が多すぎてとても歩いては行けなかったのです。)

空港のインフォメーションのおじいちゃんに「アメリカで使える携帯を持ってない」と伝えたところ、自分の携帯でホテルに電話してシャトルを呼んでくれたり、

別のインフォメーションのおじいちゃんはムスコにキャラメルをくれたり、

ホテルのポーターさんがフレンドリーに色々とお喋りしてくれたり、ショッピングモールへの行き方を教えてくれたり...

みんなみんな優しかったです~

というわけで、ホテルに着いた直後に、夕飯を食べにシャトルで出かけることに。

↓可愛いシャトルでした。


10ドルでファミリーチケットが買えて、このシャトルには1日乗り放題のようでした。
そのバスの中がまた賑やかで賑やかで!静かな日本からやってきたムスコはビックリ仰天!というか私もビックリしました。

でも見知らぬ乗客の人に「ここは今どの辺ですか?」と聞いても、親切に教えてくれて、やっぱり優しかったです。

↓そして、Grapevine millsというモールへ。


↓着いてすぐに列車に乗り出すムスコ。




モールは広~くてすごかったです。

色々と見たいお店などもあったものの、さすがに疲れていたため、この日はご飯だけ食べて帰りました。

翌日は、フライトが20時近くだったので、朝10にはチェックアウトしホテルに荷物を預けて出かけることに。

↓Hyatt Regency Hotel、良かったです。


↓たまたま最上階に泊まることができ、景色も素敵でした。




日本では格安ホテルにばかり泊まっていたので、ムスコも「ママ、アメリカのホテルって、広いんだねぇ」と目を丸くしていました。笑

早々にチェックアウトしちゃうのがもったいなかったです~!(←庶民の考えですね。ふふ。)

さて、この日も前日と同様シャトルに乗り、

↓Historic Downtownへ行ってきました。




テキサスっぽい街並みで、とっても素敵でした!
天気も良くて湿度も低くカラッとしていて、快適でしたよ。

↓お土産屋さんでテキサス風のお土産も買ったり♪




↓野生のリスも発見!




↓そしてランチを食べ、

(アメリカっぽい、カロリーの高そうなソースでした。笑)

その後は、再び前日行ったショッピングモールへ行ってきました。

そして、その中に入っていた、

↓水族館へ!


日本でも2回水族館へ行き、アメリカでも水族館!
隣のレゴランドには目もくれず、水族館一択なムスコなのでした。さすが、さかなクン。

↓モールの中の水族館の割に、かなり楽しめました。


↓なぜか水族館の中にペロテーロが...


そして、遊び始めるムスコ。
それ、アルゼンチンでもできますからーっ!!!

水族館を出た後すぐに目に止まった、

↓こちらにも挑戦。


実はこのアトラクション、東京ドームシティにもありまして。
その時は全然見向きもしなかったくせに、なぜかここでは「これやりたい!」「お願い!お願い!!」と懇願されたのでした。変なの。

「キャッハ~!」っと、大笑いしながら楽しんでました。
一回10ドルでなかなかしつこいくらいにビヨンビヨンさせてもらえたので、元は取れた気がします。笑

その後、同じくモール内に入っていた、知る人ぞ知る(?!)激安衣料品店、ROSSへ。

有名メーカーの洋服などが、驚きの安さで売られているんですよー。
アウトレット品(というか、処分品?)を置いているのか、ちゃんとメーカーの価格タグも付いているので、偽物というわけではないと思います。

そちらで、ムスコ用にUNDER ARMOURの水着を12ドルで購入。
公式メーカーのタグには35ドルと書かれていたので、すごく安く買えちゃいました~わーい。



そうこうしているうちにフライト時間が迫ってきたため、ホテルに戻り預けていた荷物を受け取って空港へ向かったのでした。

その後、なんとムスコが時差ボケと疲れで熟睡してしまい、そんなムスコ&大量の荷物を抱えて地獄のようなフライトチェックインや出国手続きを経て、どうにか飛行機に乗ることができました。(今回の帰省で一番辛い時間でした...)

飛行機の搭乗口にて、警察官とドルのニオイを嗅ぎ分ける犬が待ち構えており、なぜか犬が私のバッグに反応して引き止められましたけど!
警官には「すみません、現金を持ってますか?」と聞かれ...

「そりゃあ持ってるでしょぉー!」という感じで財布の中身を見せようとしたら、「あ、大丈夫です」と解放されました。
他にも中国人と思われる夫婦も止められていて、「これ、アジア人にだけ反応するようにしてるんじゃ?」と思ったりしました。

私なんてせいぜい300ドルくらいしか現金で持ってなかったので、きっと他の乗客(アメリカ人とか)でもそれくらいの現金を持ってる人なんていくらでもいただろうに...とか思っちゃいますよねー。

とまぁ色々と起こったものの、無事に飛行機で飛び立ち、アルゼンチンの入国手続きも全く問題無く帰ってこれました!

本当は、大人私一人だけなのに沢山荷物を持っての入国だったので、税関で色々言われるかと思ってドキドキしていたのですけど...
「セニョーラ、どこの国から来ましたか?」と聞かれ、日本と答えたらスムーズに通してくれました。ホッ。

そうして、約1ヶ月ぶりにShuちゃんと再会できました~
お互い健康かつ無事に再会できて、安心しました。

実は、帰省に向けてアルゼンチンを出国する際に、出国審査でひと揉めありまして。
(アルゼンチン国籍を持つ子どもを、片親だけで国外に連れ出す件でちょっと...)

そういったお話も、機会があれば書きたいと思います。
本当に出国できず日本に帰省できないんじゃないかと冷や汗が出る思いをしたので。

とりあえず、私とムスコの日本帰省のお話は、以上です。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

日本滞在記【その⑩】*東京

東京では2泊しました。

本当は、東京で色々なお友だちにお会いしたかったのですが。
(東京行く時連絡するね!と伝えていたお友だちも何人かいたものの...)

慌ただしすぎて、結局連絡できずに終わってしまいました。ごめんなさい。涙

でも一人だけ、事前に約束をしていた中学時代からの仲良しのお友だちと会いました。
ど平日で仕事も忙しい中、「ムスコと一緒に遊びたい!」と言ってくれて(本当にありがとう!)、

↓夕方から東京ドームシティへ行ってきましたー!


ここ、良いですね!
私が知ってた東京ドームシティよりも、拡張されて更に楽しげな遊園地になっていました。

子どもはフリーパス1500円、大人はナイトパス(だったかな?)2900円で乗り物乗り放題でした。

↓楽しかったです。

(特に左下のアトラクションにハマりまして。この場所から別の場所に移動させるのに苦労しました...)

↓観覧車は、リナワールドから眺める景色より綺麗でした。笑


そうして、夜ご飯を食べ、デザートにアイスクリームを食べた後、再び少しだけ乗り物で遊んで帰りました。

また次回会えるのを楽しみにしています!!

東京滞在2日目は、ムスコにガンダムを見せるため、お台場へ。







↓いたー!


なんか、以前ここにあったガンダムと違うガンダムになっているような...?
でもロボット大好きなムスコは、かなり喜んでいました。

その後、実は東京初日の夜に急遽決まった事がありまして。
色々と用意しなければいけない物があったため、買い物に。

「買い物やだー!」「遊びたいー!」というムスコを連れての買い物は、骨が折れました...
というわけで、買い物が終わったら昨日の遊園地に連れてってあげるから、お願い!!とお願いし、どうにかこうにか必要な物は買えたのでした。
(というか、まだギリギリ日本にいる時に必要な物が判明して良かったです!)

というわけで、交換条件を提示してしまったため、やむを得ず...

2日連続東京ドームシティ!

貴重な東京滞在なのにぁなんだかなぁ...という感じではありましたが、でも仕方ないです。
今回の日本滞在は、ほとんどムスコが楽しむためだけのものなので。

↓前日にハマったこちらの乗り物に、


これでもか!というくらい乗らせ、とうとう飽きてくれたようでした。ふふ。
他にも色々と遊び、ホテルへ戻ることにしたわけですが。

ホテルの最寄り駅に着いた途端、

↓こうなりました。


酔っぱらいのおじさんスタイル!

というか、朝からちょっと色々行き過ぎちゃったかもしれないです。反省。
本当にヘトヘトだったみたいで、駅についた途端に電池が切れてしまいました。

こうして、東京での滞在を終えたのでした。
もう1ミリもエネルギーが残らないくらい、全て出し切りましたっ。

翌日は念のため早めに空港に行き、山形から空港宛に送っておいた大量の荷物と共に日本を後にしました。
(20キロのスーツケース2個、10キロのボストンバッグ2個!!笑)

日本、楽しかったです。
あんまり沢山のお友だちには会えなかったのは残念でしたが、ムスコに色々な体験をさせてあげられた点では良かったです。

いつの日かもう少し長く滞在できる日が来たら、私自身も楽しめるようなスケジュールを組みたいと思います。(←いつになることやら??)

↓日本、バイバーイ!


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

日本滞在記【その⑨】

またまたお久しぶりのブログです。

1日に日本を発ち、途中アメリカのダラスに一泊した後、現在アルゼンチン行きの飛行機の中です。
(ブログのアップは、ブエノス到着後です。)

というわけで、日本&アメリカ滞在の余韻に浸りつつ、思い出記事を書きたいと思います。

地元山形では、私の両親と一緒に県内唯一(と思われる)遊園地、リナワールドへ行ってきました。

↓ガラガラでした。笑




リナワールド、小さい頃にたまに連れて行ってもらっていたものです。懐かしい~
そこに自分の子どもと来られるなんて、なんだか不思議な気持ちでした。

ジェットコースターやゴーカートなどのアトラクションで遊んだ後は、



↓プールエリア!




私が子どもの頃は、こんな素敵なプールは無かったと思います!たぶん。

大きなプールは流れるプールで、他にも小さい子用のプールや、ウォータースライダーがありました。

で、ムスコさん、

↓ウォータースライダー、滑りまくり。


私と私の父も水着に着替え、ムスコと遊ぶ気満々だったのに、全然相手にされませんでした。
プールも空いていたため、たぶん本当に50回くらいは滑ったと思います。

前日の羽黒山の石段は全然登りたがらなかったのに、こういう好きなものはいくらでもできちゃうんですね。子どもって、正直...

↓最後にアイスと、

(この形状のアイスに感激していました。)

↓観覧車に乗って、リナワールドを後にしました。


そしてまた別の日には、

↓くら寿司♪


最近は色々と子どもが楽しめるようになっているんですねぇ。

あとは、

↓海!!


↓海~!!!


↓岩場で海の生き物の捕獲にチャレンジもしました。




小エビ、小魚、ヤドカリ、謎の貝などが捕れました。

そうして、松本滞在に引き続き山形でも遊び尽くし、山形滞在を終えたのでした。
濃密すぎて、あっという間でした。

今回もまた、ほぼムスコとの遊びが中心でした!させたいことがありすぎて...
でも私の家族も喜んでくれて良かったです。色々とお世話になり、感謝しています。

さて、そうして山形を後にし、東京へ。
長くなったので、また次回に続きます。


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

日本滞在記【その⑧】*出羽三山、羽黒山神社参拝

楽しかった帰省旅行ももうすぐ終わりです。

今、東京行きの新幹線の中です。
というわけで、またまたブログを書きたいと思います。

地元に着いてすぐ、ひょんなことから幼馴染みと連絡を取り合うことに。
私の実家の数軒隣に住む、生まれた時から知っている同い年の人です。

子どもの頃はよく一緒に遊んだものの、成長するにつれ、性別が違うこともあり一緒に遊ぶ機会も無くなり...
気付けば、もう何年も会っていないような状況だったわけですが。

なんとその幼馴染みが、出羽三山神社にて、神職に就いているとのことで。
(大学もそういった学問を専攻し、しっかりと学んだようです。)

幼馴染み曰く、世間一般には「神主」と言われることも多いが、我々としては「神職」という名称を使うのだと言っていました。

そして、嬉しいことにムスコと私を出羽三山の一つである、羽黒山に案内してもらえることになったのでした~!

私の実家まで車で迎えに来てくれた幼馴染みと一緒に、

↓汗だくでドロドロになる前に、記念撮影を。ふふ。


本当はこれは修験者?の格好(死装束だそうです)で、普段仕事をする時はまた違った服装(袴みたいな)をするそうですが、今回は雰囲気を演出するためにこの格好で来てくれたようです。

↓鳥居の前にて、神様に来訪を知らせるほら貝をひと吹き。


子どもの頃、泥んこになって遊んでいた姿を知っているだけに、「立派になったな~」とビックリしました。

※ここからは、幼馴染みに聞いた話を書きます。完璧には覚えていないので、なんとなくの気分でお読みください。

↓長~い石段を下り(三途の川へ向かう下り道)、


ここで人間は、一度死ぬということになるそうです。

↓三途の川へ、


↓祓川神社へお参り(ここで罪?を祓ってもらうそうです)、


そうして、ここからは生まれ変わりの上り道へ。

↓樹齢1000年の爺スギがあったり、

(以前は隣に婆スギもあったそうですが、台風で枯れてしまったそうです。残念。)

っと、そうこうしていると、目の前にはテレビの撮影をしている一団が。
しかも、幼馴染みがそれっぽい格好をしてほら貝を首から下げているもんだから、その方達が近付いてくるではありませんかーっ。あわわ。

そして、インタビューを受けることに。
幼馴染みは出羽三山の職員だわ、私とは幼馴染みだわ、私はアルゼンチンからやってきただわで、面白ネタ的に食いついていただきました。笑

その後は、

↓羽黒山の名所のひとつ、五重塔へ。


ラッキーなことに、今年は五重塔をご開帳しているらしく!
中に入って見て回ることもできました。なんかラッキー!!


(内部は撮影禁止だったため、遠目から。)

いまだにムスコは五重塔の写真などを見ると、「ここ行ったよね!」と嬉しそうに言います。

その後、いよいよ羽黒山神社のあるの山頂までの石段を登る...!



っとなったのですが。
ムスコ氏、早々に「もう登るのやだ」発言。えー...

とは言え、無理やり登らせて済むような段数では無かったため、やむを得ず石段は断念。
一旦麓まで下り、幼馴染みの知り合いの茶屋で、

↓かき氷をご馳走になり。


その後、車で山頂まで行きました。

↓神社!




↓幼馴染みとパチリ。


↓おみくじは、末吉。うーん。


↓学業成就のお守りを買ってあげました!

(ランドセル型で可愛いです。)

↓ほら貝を持たせてもらい、記念撮影。


帰りは幼馴染みおすすめの、

↓蕎麦と麦切りのお店へ。


蕎麦と麦切りの合盛りをムスコとシェアしました。

そうして、羽黒山への旅が終わったのでした。

すごく勉強になったし、楽しかったです。
幼馴染みとも久しぶりに会えましたし。

暑い中、しかもお休みの日にわざわざ案内してくれた幼馴染みに感謝です。

◆おまけ◆

この日の午後からは、ばあばと一緒にプラネタリウムへ行きました。

↓田舎の割にはけっこうちゃんとしてました。


入場料が激安(大人160円、子ども40円)で驚きました。

ドラえもんとのコラボ企画だったらしく、ムスコはとっても楽しんだようでした。(私は羽黒山の疲れで爆睡でした。笑)

↓ガソリンスタンドでは、興味津々なのでした~



【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop