fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

保険加入手続き完了

今日、無事にドイツ病院の保険への加入手続きが完了しました。

アルゼンチンの人はのんびりしていると聞いていたので、
手続きが終わるまでに、もっともっと時間がかかると思って身構えていたのですが。

血液検査やエコー診断なども行った上で、
2週間ちょっとで手続きが終わったというのは喜ばしい!

なにせ保険の担当者がとっても親切で対応も早い人だったんです。
良い人が担当になって良かった~としみじみです。

ということで今日は、保険に加入した場合にドイツ病院での出産にいくらかかるのか、
そして、保険でどんなことがカバーできるのかを書いてみようと思います。

カバーできる内容については、保険のパンフレットの内容に基づいていますが、
私の大変怪しいスペイン語読解によるものなので…怪しいです。とても。

◆料金◆
・月々の保険料  1070ペソ
・分娩等の諸費用 9480ペソ
・保険の加入金  1067ペソ

先日血液検査を受けた際は、
保険担当者が言っていた金額と実際に請求された金額が125ペソも違っていましたが、
今回は意外とそんなことありませんでした!

上記の金額と私の出産予定日までにかかる月々の保険料を足しても、
日本の病院で出産する場合にかかる費用よりも安いです。
(私が日本で住んでいた所の病院では42万円かかると言われたので)

◆保険でカバーできること◆
・個室の病室(食事付き)
・通常分娩の場合、入院3日間
・帝王切開の場合、入院5日間
・家族(夫)の病室への宿泊、3日間(食事付き)
・麻酔(分娩の際の?)
・薬
・救急車での搬送(病院から50キロ以内)
・妊娠中の入院(最長7日間)
・新生児の世話(?)

以上の内容は100%保障してくれるようです。
他にも細々と書いてありましたが、難解なので割愛します!!

とりあえず、この保険に入りさえしておけば安心して産めるみたいです。

ここで気になったのが、“麻酔”です。
欧米諸国ではほとんどの国で無痛分娩が行われていると聞いたことがあります。

もしや。

アルゼンチンも無痛分娩なのでしょうか~?!

もうすぐ出産を控えている身の私としては、
無痛かそうでないかは非常に大きな関心事です。

やっぱり痛いのはコワいですもの…

今度、アルゼンチンで出産したママさんにお会いする機会があるので、
ぜひ聞いてみようと思います!!



【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

エコー診断

今日は学校が終わってから、
ドイツ病院に行ってエコー写真を撮ってきました!

まだ保険に加入していないので、自費で94ペソほどかかりました。
(というか、保険に加入するために、先日の血液検査とエコー診断が必要みたいです。)

日本を旅立つ1週間前に診察に行って以来、
初めての診察だったので約3週間ぶりの我が子でしたよ~!

移住の関係でここ1か月くらいはずーっとバタバタしていたり、
風邪をひいたりもしていたので心配でしたが…

お医者さんに、
「赤ちゃんは何の問題もなく元気です!」と言っていただけたのでひと安心。

IMG_2323_convert_20120830045536.jpg

現在、1700グラムだそうです。

もうそんなに!という気持ちと、まだそれだけか…という気持ちが半々で、
すごく不思議な感覚です。
あと2か月で今の倍くらいまでに育つものなんですね~。

そして今回、初めてShuちゃんも一緒に診察室に入りました!
初めての生のエコー画像に彼は興味津々のようでした。

ただ、今回の診察でも赤ちゃんはそっぽを向いてしまっていて、
顔を見ることはできませんでした。
せっかくならShuちゃんに顔を見てほしかったのですが、残念。

そういえば、診察までの空き時間に
自分が入院する予定の病室と同じタイプの部屋を見せてもらいました!

それがまた素敵な病室だったのですよ…
「ひょっとして、日本で産むよりも良いんじゃ?」という気までしてしまいました。
まぁ、日本で産んだことがないので分かりませんけどね。

病室は個室で、
テレビや旦那さん用のソファベッド、シャワー、トイレ、アメニティ…
などが付いていてホテルのようでした~。

しかも産後はShuちゃんも3日間同じ部屋に宿泊できるのが良い!
なおかつ、食事までShuちゃんの分も出してくれるらしいのです!!

海外で言葉の壁もありながらの出産なので不安も大きいですが、
こういうところで少し安心できたので、出産も頑張ろう!と思えました。




【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

ドイツ病院再び

朝早起きして、ドイツ病院に行ってきました。
今日の目的は、先日の血液検査の結果を受け取ること。

検査結果の引き渡し票(?)のようなものは持っていたのですが、
肝心の引き渡し場所が分からない…

とりえず、検査を受けた場所へ行き、受付の女性に英語で
「英語で話しても良いですか?」と聞いてみたところ…
そっけなく「No」と返されてしまいました~。

仕方がないので無言で引き渡し票を見せると、
案の定、早口のスペイン語で行くべき場所を指示されました。

何と言っていたのかは分からなかったので、
とにかく指をさされた方に向かってウロウロ…キョロキョロ…

そうこうしていたところ、何とも心優しい一人の女性スタッフが
「Can I help you?」と肩をたたいてくれたのです!

あぁ…捨てる神あれば拾う神ありとは、まさしくこのことですね!
いやぁ~ウロウロ徘徊してみるものですね~。

というわけで、その女性のおかげでなんとか検査結果を受け取り、
病院を後にすることができたのでした!




【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

ドイツ病院

今日、ついに出産予定の病院に行ってきました。
Hospital Aleman(ドイツ病院)というところです!

IMG_2281_convert_20120822095816.jpg

こちらで出産した日本人の方々に相談すると、大体この病院をすすめられます。
日本人の出産実績も多く、医療もしっかりしているということでここに決めました。

地下鉄で病院へ行き、
まずは出産に関する様々な事をカバーできる保険に加入することから始めました。

英語は通じるということだったので、おそるおそる保険のセクションに行くと…
たまたま英語が通じない担当者にあたってしまいました。

身振り手振りと、かろうじて知っているスペイン語を駆使すること数分、
どうやらこちらの意図を分かってもらえたようでした!
やはりコミュニケーションというのは心意気でどうにかなるものですね~。

とはいえ、このままではよく分からないまま話が進んでしまう危険性があったので、
結局は英語の話せる男性の担当者に代わってもらいました。

なんと、その男性担当者がものすごく親切だったのです!

私はこちらではスペイン語もろくに話せないただの外国人ですし、
あまり良い対応はされないんじゃないか…と、実は少し不安だったのですが。

保険加入にかかる費用や、必要な検査などとても丁寧に説明してもらえた上に、
血液検査の受け方を教えてくれたり、英語が話せる医師によるエコー診断の予約まで
取ってくれました。

アルゼンチンの病院は、1か月くらい先まで診察の予約が取れないという話も
聞いたことがあったのですが、幸運にも8月29日に予約が取れました♪

手続きが完了し担当者に別れを告げたあと、「ここで子どもを産むのかぁ~…」と、
とても不思議な気分でShuちゃんと二人で病院を見上げ、帰途についたのでした。

IMG_2280_convert_20120822095624.jpg




【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

余談ですが

最近、お腹の赤ちゃんがとても良く動くんです。
もちろん、四六時中ずーっとというわけではありませんが。

引っ越しの準備をしている時も、ご飯を食べている時も、
夜中寝ている時にも、モゾモゾモゾモゾ........


...気になる。


元気に育ってくれていることは嬉しいですが、
勢い余って出てこないでねー!
と、ハラハラしている今日この頃です。



【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop