アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

怪しげなキャラクター達に会える、TREN DE LA ALEGRIA!

先日、幼稚園からの帰りに道端で、

↓こんなチラシを配っている人がいました。


幼稚園の前などでは、たまに子供向けのイベントや学習塾などのチラシを配っている人達がいるのですが。
以前お友達が「ああいうチラシって、けっこう良い情報が載ってたりするんだよね~!」と言っていたのを思い出し、チラシを受け取って家に帰ったのでした。

帰宅後、何のチラシだったのか見てみると、『TREN DE LA ALEGRIA(“お楽しみ列車”みたいな感じでしょうか)』とのこと。

アレです!アレ、アレ!!

↓たまに街中を走っている、コレ!!

(画像はTREN DE LA ALEGRIAのサイトより拝借。)

たまに、子ども達がこういったバスに乗って楽しそう~にムスコの横を通り過ぎることがありまして。
その度にムスコが「ぼくも乗ってみたい!今度乗ろうね?」と言ってくるので、私もいつか乗せてあげたいなーとは思っていたのですが。

今回チラシをもらったのを機に、少しちゃんと調べてみることにしました!

っていうか!もしかしたら、このバスでムスコのお誕生会とかやっちゃったり!?できるのかな!?と、思い立ちました。
よく欧米の若者たちがやる『バスパーティー』みたいな感じで!笑

そうしたら楽しそうですよねー。ピカピカの列車型のバスの中でお誕生会が出来たら。
ムスコも招待したお友達も、きっと喜ぶに違いないっ。

で、調べてみたのですが。

どうやら、バスの中でパーティーというのはできないみたいでした。
10代20代の若者たち向けのバスパーティー用のバスとは違って、列車型のバスの中は普通のバスの座席っぽい感じでした。残念~

幼稚園が終わってから、こういうバスを貸し切ってクラスのお友達を全員乗せてパーティーサロンに移動して、それからお誕生会をサロンで開催する、とかならアリかもしれませんが…
単なる移動手段のためにこのバスを借りるのもなーなんだかなー。

でも、一応バスの中にアニメのキャラクターなどを呼んで簡単なショーのようなことはやってくれるみたいですよ。

↓かーなーりー怪しい風貌のキャラクター達が!!!笑

(こちらもサイトより拝借しました。)

これは怪しい。絶対に怪しい。ふふ。

うーん、良い案だと思ったんですけどねぇ。ムスコのお誕生会には向かなそうな気がします。
どうせ大規模なものは開かないつもりなので、もう少しシンプルなレストランとかカフェとかも色々探してみようと思います。

以上、怪しげなキャラクター達のご紹介、じゃなくって、TREN DE LA ALEGRIAのご紹介でした。
興味のある方はぜひ利用してみてはいかがでしょう~?

<利用情報>
TREN DE LA ALEGRIA
電話:4543-8249/4544-6799
URL:http://www.eltrendelaalegria.com.ar/
Facebook:https://www.facebook.com/el-tren-de-la-alegria-oficial-261444900564916/



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

スポンサーサイト

PageTop

干からびたパンじゃなくて良かったぁ~!

昨日は、幼稚園のお友達L君のお家へ遊びに行ってきたのですが。
(コチラ⇒やっぱり遅い、アルゼンチン人との集い。)

子供達が遊んでいる間、ママ達はマテ茶を回し飲みしながらお喋りをしていました。

で、何度か飲んでいるうちに、徐々にマテ茶の中から何かが姿を現してきたのでした。

↓ 「えっ、これってパン!?パンなの!?」


と、内心ビックリした私。
写真では大きめに写っていますが、最初はほんの先っぽが見え隠れしている程度だったので、光の加減でそう見えたんです。

L君のお家には双子の赤ちゃんもいるため、双子ちゃん達が悪戯して干からびたパンの耳でも入れたのかと思ったのでした。笑

パンだったら困ると思い、L君ママに「これは何?」と尋ねてみたところ、
「これは乾燥させたcáscara de naranja(オレンジの皮)よ!」と教えてくれました。

なーるーほーどー!!!干からびたパンじゃなくて良かったぁ~!笑

たしかに、言われてみればほんのりオレンジの風味が!
L君のお家ではマテ茶にお砂糖を入れて飲むのが習慣なようで、甘いマテ茶にほんのりオレンジ風味が合う~!!

とっても美味しかったです。

以前、仲良しのM君のおばあちゃんから、マテ茶にレモンバーベナというハーブの葉をちぎって入れる飲み方を教えてもらいましたけど。
(コチラ⇒アルゼンチン人のマテ茶の飲み方がお洒落!)

マテ茶って、家庭によって色々な飲み方があるんですねー。
でもやっぱり、あらかじめ味付けがされているマテ茶葉を買うのではなく、自宅で用意したハーブなりオレンジの皮なりを入れて飲むというのが、なんだかツウな気がしますよねっ。

というわけで、謎が解けてスッキリした私。
「へぇ~!そうなんだー!美味しい!!」と感心していたところ・・・

↓またまたいただいてしまいました!


M君のおばあちゃんからもレモンバーベナの葉をいただき、今度はcáscara de naranjaです。みんな優しくて感激です。

今回はL君ママが、マテ茶の作り方(?)も教えてくれました。
最初「Coco、マテ茶の作り方は知ってるの?」と聞かれた時は、「うん、知ってる知ってる(葉っぱ入れてお湯注いで飲むんじゃん?)」と軽く返事をしたのですが、

L君ママ曰く、

①マテ器に茶葉を入れる
②cáscara de naranjaをいくつかちぎって入れる
③マテ器の口を手の平でふさぎ、上下に振る
④最初の1、2杯は茶葉がquemadoにならないように“冷水”を注ぐ
⑤また、最初の1、2杯は苦すぎるので飲まずに口からベッと出す
⑥回し飲み開始!

だそうです!

えー!我が家でやってた飲み方と全然違ーう!!ただ葉っぱ入れてお湯注いで飲むだけじゃなかったぁー!(※たぶん、地域や家庭によってやり方は異なると思います。)
もちろん今回も、お家に帰ってからShuちゃんに得意げに教えてあげましたとさ。

↓じゃーん。こんなに入ってました~


↓さっそく♪


で、器の口を手の平でふさぎ上下に振ったら、見事に茶葉が空中に舞いました。笑
うーん、L君ママは「bombilla(マテ茶を飲むストロー)をさしたまま振るのよ」って言ってたのですが。難しいー。

でも、オレンジ風味のマテ茶、やっぱり美味しいです!

とは言え、L君のお家でいただいたマテ茶と比べると、まだまだ味は及びません。
うちは砂糖を入れていないということもあるかもしれませんが、作る人が違うとこんなにも美味しさに差が出るのですね。奥が深いなぁ。

今回も、アルゼンチン人の習慣について一つ勉強になりました。
アルゼンチン人は色々と親切に教えてくれる人が多いので、「これは何?」「どうやってやるの?」と聞くと丁寧に教えてもらえるのが楽しいです。

そして、このアルゼンチン人のマテ茶回し飲みの文化、普段はあまり接することがありませんが、実は好きです!

きちんとホスト(マテ茶にお湯を注いでみんなに順番に回す人)がいて、お喋りに熱中しながらも、仲間外れすることなく全員にマテ茶を回し続けるところとか、
マテ茶を受けとる側も、「Gracias(ありがとう)」って言っちゃいけない(=「もう要りません」という意味になる)とか、残さず全部飲み干してからホストの人にマテを返すとか・・・

一見単なるマテ茶の回し飲みというだけの行為なのに実は秩序があって、人間関係を築くのに一役買っているんだろうな~と思うと、素敵ですよね。

ちなみに、何かを受け取る時についつい「ありがとう」って言いたくなる私(日本人の性でしょうか?)には、マテ茶を受け取ったり返したりする際に「Gracias」と言わないようにするのに毎回苦労します。

過去に何度か言ってしまい、その度に「マテ茶を飲む時はね・・・」と丁寧に教えてもらったおかげで、最近では実際に言葉を発することは無くなりましたけど。
でも「Graciasって言いたい~!黙って受け取るの、モヤモヤする~!!」と、心の中ではいつも葛藤しています。笑

いつの日かマテ茶の文化にも慣れて、もっとスマートに飲めるようになりたいものです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

日常茶飯事な突然のルート変更

今日もコロニアへ行ったムスコのお迎えに行くため、バスに乗っていたのですが。

出たーっ!

突然の事前アナウンス無しのルート変更!!!

大通りが封鎖されているらしく、そのせいでバスが急遽ルートを変えたようです。
突然ルートを変更することなんてこの国では日常茶飯事ですけど、でも・・・

せめて事前にアナウンスしてよねっ。んもうっ。

大体は、乗車して行き先を運転手さんに告げた時点で「今日はそこ通らないよ」と教えてくれるか、もしくはルートを変える直前に大声で「今日はここを曲がって○○通りを行くよ!」とアナウンスしてくれるんですけどねー。

今日みたいなパターン(無アナウンス)の時には、バスがいつもとは違う道を行きはじめた途端、乗客がざわつき始めます。笑
で、誰かしらが運転手さんのところへ行って「これ、どこを通るの?」と聞いて、ようやく「あぁ、○○通りを通って△△まで行くから」と教えてもらえるという感じです。ふふ。

そんなわけで、「とりあえず目的地までの方向的には合ってるから、このまましばらく乗ってみよう」としばらく乗車を続け、ここぞという場所でバスを降りた私。

頭の中で思い描いていた場所よりも数ブロック離れてましたー。

というのも、バスがもともとのルートとY字に分岐しているもう一方の道を行ったせいで、先に行けば行くほどもとのルートから離れて行っていたもので・・・

こんなことなら、早いこと降りておいた方が良かったかも?トホホ。

あんまり時間は無かったものの、

↓写真を撮ったりしながらクラブに向かいました。


microcentroというエリアにあるクラブのため、普段はあまり行かない(用が無いので)ような場所をお散歩できて楽しかったです。

↓金融街も素敵な建物ばかりなので、たまに歩くと「おぉー!」となります。


もっと沢山素敵な建物はあったものの、お迎え時間に遅刻しそうだったのでというか実は遅刻しました写真はあまり撮れませんでした。
ミクロセントロのあたりは歴史的な建物が多いので、また機会があれば写真を撮ってブログにアップしたいと思います。

皆さま、バスの突然のルート変更にもくじけず、たくましく生きて生きましょう~!

◆おまけ◆

本日の作品。

↓キラーサボテン!

※クレヨンしんちゃん『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』参照。

↓足の部分がキモいリアル


↓ベイマックス再び!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

読書好きな在亜日本人の皆さま、朗報ですよ~!

読書が好きなアルゼンチン在住日本人のみなさーんっ!

素敵な情報を入手しましたよ~!!!

なんと、

↓ブエノスアイレスの日系校『日亜学院』にて、


校内の図書館が、“一般の方にも”解放されているそうですー!
日亜学院に通っている子供や保護者、教職員だけでなく、全く日亜に関わりのない人でも利用可能とのことで。

↓図書館内には日本語の本がたーくさん!!


小説、漫画、絵本、雑誌、辞書、教育書などなど、本当に豊富な種類の書籍がありました。





さらに!貸し出しも可!!

↓こちらの申し込み用紙に記入して提出し、

(申し込み書類は、司書の方にお願いすれば貰えます。)

会員費(年間150ペソ※2017年6月現在)を支払えば会員になることができ、気に入った本を借りられるそうです。
貸し出し期間は2週間で、最大一人2冊まで借りられるそうですよ~!

また、図書館内にはテーブルと椅子もあり、館内で本を読んだり勉強したりすることもできます。(あまり沢山の椅子は無いので、ご注意ください。)

ちなみに開館時間は、

↓コチラです。


毎日開いているわけではないので、本を借りたい方は開館日をめがけて行ってくださいね。

貴重な日本語の書籍が、年会費150ペソで借りられるなんて~!
所用があり日亜に行った際に図書館へ案内していただき、そしてこのお話を聞いた時は、興奮して泣きそうになりました。笑

「もっと一般の方にも利用して欲しいので、ぜひお友達にも教えてあげてください」と言っていただいたため、ブログでもご紹介させていただくことにしました。

我が家は私たち夫婦用の小説だけでなく、ムスコのための絵本も借りたりする予定です!
図書館を活用しまくること、間違いなしですよーっ!!!嬉しすぎる~

もっと図書館について詳しく知りたい方は、コチラをどうぞ。
BIBLIOTECA SU ALTEZA IMPERIAL PRINCIPE AKISHINO

秋篠宮殿下が日亜学院を訪問された翌年に完成した図書館のため、秋篠宮殿下のお名前を頂戴したそうです。
館内には『秋篠宮文庫』と書かれたプレートや、秋篠宮殿下から寄贈されたサイン入りの本などが展示されていました。

以上、日本語の本が読みたい方は、ぜひこちらの図書館を利用してみてはいかがでしょう~?
※図書館を利用したい場合は、学校の入口でセキュリティの人に「図書館を利用しに来ました」と伝えれば入れるそうです。

また、

毎週土曜日は、校内で無料の囲碁教室も開催しているみたいです。
今日日亜に行ったら、確かに囲碁をしている人もいました~!無料で囲碁が習えるなんて・・・

ぜひムスコに習わせたいっ。脳の成長に良さそうですもんね!

囲碁をしている人たちの前には食堂があり、そちらもオープンしていました。おにぎりなども買えるみたいですよ。
食堂周辺では出店風にテーブルが並んでおり、お煎餅や手作り(かな?)スイーツなどの販売もしていましたよー。

(出店風のスイーツ販売は、毎週末開催しているのかは定かではありません。今度機会があれば聞いてみようと思います。)

<施設情報>
秋篠宮文庫 (BIBLIOTECA SU ALTEZA IMPERIAL PRINCIPE AKISHINO)
住所:Yatay 261 / Pringles 268 C.A.B.A.
電話:(5411) 4983 3310/0072
時間:MARTES DE 17:30 A 20:00 , JUEVES DE 15:30 A 19:00, SÁBADOS 11:00 A 16:00(下記のサイトに記載されている時間は、古い情報のようです。)
URL:http://nichiagakuin.edu.ar/ngf/index.php?option=com_content&view=article&id=127&Itemid=1241&lang=es

※日亜学院には入口が2ヶ所ありますが、図書館はPringles 268側の入口を入ってすぐ右側にあります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

バイクに乗った泥棒、【モトチョロ】にご注意!

先日、Shuちゃんの会社のすぐ近くでモトチョロが出たそうです。

【※モトチョロ(motochorro)とは】
バイク(moto)に乗った泥棒(chorro)のことで、道を歩いている人の背後からバイクで近づきハンドバッグや金品を奪ってバイクで逃走する人達のことです。
たいていの場合は二人一組で行動し、後ろに乗っている人がバイクを降りて物を奪い、運転手役が運転するバイクに再び乗って逃走するという手口が多いようです。

↓ニュースにもなっていました。
https://www.clarin.com/policiales/tiros-heridos-microcentro_0_SkifaxfbW.html


犯人は、3台のバイクに乗った5人組だったそうです。

現役を退いた警官が犯人達に対して発砲し、その弾が通行人に当たり3名が負傷したそうです。(←現役を引退している警官も拳銃を所持しているということに驚き…)
事件発生直後は辺りが騒然としたらしく、仕事中だったShuちゃんもオフィスの外から聞こえる騒がしい音にビックリしたんだとか。

白昼堂々そんな事件が起こるなんて怖すぎます。
Microcentroと呼ばれるオフィス街で、休日や夜間は人通りは多くありませんが、平日の昼間は沢山の人や車が行き交うエリアで起こったというのがまた怖いです。

実は私も以前、モトチョロが人から物を奪う瞬間に出くわしたことがありました。

あれはまだレングアス・ビバスに通っていた頃、授業を終えてバスで帰っていた時のことでした。
レコレータ墓地近くの大通り(Av.Pueyrredon)をバスが通り過ぎようとした時、すぐ近くを歩いていた子連れの集団にバイクに乗った2人組が後ろから近づき、一人の男がバイクを降りて女性からハンドバッグをひったくるとすぐに、もう一人の男が運転するバイクに乗り逃走して行ったのでした。

ハンドバックを奪われてしまった集団は大きな声をあげてしましたが、モトチョロ達の行動が素早すぎたため抵抗することも出来なかったようでした。

私はバスの中からその様子を見ていただけだったため、その後その人たちがどうなったかは分かりませんが、「子連れでも狙われるんだ…」と衝撃を受けた記憶があります。
(アルゼンチン人は子供に優しいので、なんとなく子連れは狙われにくいのかなーなんて考えていたもので。)

恐ろしい話ですが、ブエノスアイレスに住む場合はモトチョロには本当に気を付けた方が良いと思います。

人通りの多さは関係なく、また昼夜も問わずモトチョロは出現します。

※また、銀行やATMでお金を引き出す際にも気を付けましょう。
銀行前でモトチョロが張り込んでいることも多く、銀行からお金を下して出てきた人の後を付けてバッグを奪う事件も頻発しているようです。

背後からバイクがゆっくりと近づいてきたら要注意です。
ブエノスアイレスは歩道の中をバイクで走る人も多いですし、そういうバイクに遭遇すると色んな意味でギョッとしますよね…

私は、とにかく「背後からバイクが近づいてきたな」と感じた時は『建物側に身を寄せる』『あなたが後ろにいること、私知ってるから!と言わんばかりの顔つきで後ろを振り返る』ようにしています。笑

みんながみんなモトチョロとは限りませんが、用心するに越したことはないですもんね。
また、以前もブログに書きましたが、抵抗すると危害を加えられる場合がありますので、物を盗られそうになった時には素直に渡した方が良いです。

少し話はそれますが、

アルゼンチンで暮らしていると、自分が物を盗られる心配もしなければいけませんけど、逆に「この人、泥棒なんじゃ?」と自分が疑われるような態度もしないように気を付けないといけないなーと思います。
というのも、アルゼンチンでは道を歩いている人の後ろからスリを働く人も多いので、あまり道で前の人にくっついて歩いていると不審がられるのです。

以前私も、人通りのかなり多い大通りを一人で歩いていた時に、私の前を歩いている人を追い越したいのに人通りが多すぎて追い越せず、近距離でその人の後ろをしばらく歩いていたことがありまして。
しばらくしたら前を歩いていた人が私の存在に気づき、そして自分が背負っていたリュックを自分の前(お腹側)に持ち替え、私をキツめの目で見た後にリュックの中身を確認し、その後もう一度私のことをキツめに見てきたのでした。

言葉は無かったもののまるで「盗もうとしたんじゃないだろうな?」とでも言われているかのような態度で、こちらとしても「誰もアンタなんかから盗まないよっ!!」とムッとはしたのですが。
冷静になって考えればそういう態度をとってしまう気持ちも分からなくもないかもなぁと思いました。

私も自分のすぐ後ろに人の気配を感じると、露骨に態度や表情には表しはしないものの身構えてしまいますし。
私の事を睨んできた人も、その人なりに自分の荷物を泥棒から守るためにそういう態度をしてしまったんでしょうね。

もともと人の後ろを歩く際には少し距離を保つか、速足で追い越してしまうように心がけてはいたのですが、その件があった以降はいっそう人の後ろを歩く時には気を付けて歩くようになりました。疑われたら嫌ですものっ!!!

以上、治安面でのお話でした。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop