アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

バスでスマホの操作は、ダメ!ぜったい!!

少し前のお話なのですが。

ムスコと二人でバスに乗って移動していた私。

ムスコは乗車口に近い一番前の座席の、通路側に座っていました。
そして、ムスコの隣(窓側)には、若い女性が。スマホを操作しながら座っていました。

そして、とある公園のそばでバスが停車し、新たに乗客を乗せたりしていたところ...

ムスコの隣に座っていた女性のスマホが、盗まれました。

呆然!!!言葉も出ないとはことことですよね...もう、すごい早わざで...
犯人の顔すら見れないくらいでした。かろうじて後ろ姿は見れましたけど。

実は、全く同じことが、2年ほど前にも起こっていました。
(コチラ⇒治安、悪いです。怖い思いをしました。)

もう~

バスでスマホの操作は、ダメ!ぜったい!!
特に、とーくーにー!乗車口付近の座席でのスマホは本当に危ないですよね。

運転手さんは、女性がスマホを盗まれてだいぶ経ってから「え?なんかあったの?えっ、泥棒?」っという感じで。
バスの運転や新しい乗客の運賃管理?などで、泥棒にまで意識が無かった様子でした。

被害にあった女性も、諦めた様子で。
「彼氏に携帯盗られたこと伝えるから、電話貸してくれない?」と言って、他の乗客の人に携帯を借りて電話したりしていました。すごい悪態はついてましたが。汗

今回はムスコも隣の女性が泥棒の被害に遭ったということが認識できたため、「本物の泥棒に会った!」と妙に興奮した様子でしたが。(←おいっ!)
でもその後は、「泥棒、いけないよね!あの女の人、可哀想だよ!お巡りさん、捕まえてくれるかな?」と、正気を取り戻したようでした。

他には、以前私が一人でバスに乗っていた際、私が乗っていたバスの前を走っていたバスに男性が外から近づき、窓の外からそのバスの中の乗客の物を盗もうとしていたのを目撃したりもしました。
その時は、どうやら未遂で終わったらしく、男性は何も手にせず走って逃げていましたが。

バスの乗車口だけでなく、窓際に座るときは十分に気を付けましょうね!

スマホだけでなく、ネックレスなどの貴金属?なども狙われたりするので、気が気じゃないですよね。
私は窓際に座る時は、窓を泥棒の手が入ってこない程度に閉めたりします。(まぁ、普段盗られるほどのジュエリーは身につけていませんが。笑)

ちなみに、今回私が目撃したスマホ泥棒も、2年前に目撃したスマホ泥棒も、同じ公園のすぐそばでした!
これって、単なる偶然なのでしょうか?それとも、この公園の付近に泥棒が多いのでしょうか?

よく分かりませんが、公園の場所をブログに載せておきます。



この公園の近くだけで起こっていることではないとは思いますが、私はこの公園の付近だけで2件もスマホ泥棒を目撃したので、少なくともこの公園の周辺は気を付けよう!と思っています。

アルゼンチン在住の皆さま、治安の悪さは相変わらずですが、身の回りに注意して生活しましょうね!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

スポンサーサイト

PageTop

アルゼンチンの伝統装飾【Fileteado Porteño】

ちょっとした事情があり、『フィレテアード・ポルテーニョ(Fileteado Porteño)』というアルゼンチンの伝統的な装飾品を買いに行くことになりまして。

※フィレテアード・ポルテーニョ(Fileteado Porteño)とは...


(コチラのサイトより拝借⇒ Taller de Fileteado Porteño en FaTaller de Fileteado Porteño)

1900年頃からアルゼンチンが起源となって生まれた、伝統的な大衆アートです。
2016年には、ユネスコの無形文化遺産に登録されたそうで!?(間違ってたらすみません...)

アルゼンチンに旅行したり住んだことのある人なら、きっと一度は目にしたことのある装飾なのではないでしょうか。
バスなどの乗り物やレストラン・バーなどの飲食店の看板、土産物屋や雑貨屋の看板など、様々なところで見ることができます。

鮮やかな色づかいで、独特な模様や字体を用いて描かれた看板などはパッと目立ちますし、何と言っても可愛いですよね!
この装飾技法を学べるレッスンなども、アルゼンチンでは受けられるみたいですよー。(センスの無い私には、関係ない話ですが...)

実は我が家、2013年にフラリと立ち寄ったフェリアにて、このフィレテアード・ポルテーニョの作品?を買ったことがありました。(コチラ⇒San Isidro)
当時は「よく分かんないけど、とりあえず伝統的な絵らしい」くらいの認識しかありませんでした!でも可愛いので、今でも我が家のトイレのドアの上に飾ってあります。アルゼンチン風な雰囲気が出て良いです♪

っと、話を元に戻します。

とにかく、そんなフィレテアード・ポルテーニョを買いたかった私。

以前から気になっていた、

↓このお店に行ってみることにしました。【Tienda de Curiosidades】


店内があんまりにも素敵過ぎたので、許可をいただいて写真を撮らせてもらいました!
お店のご夫婦(かな?)もとっても穏やかで素敵なお二人でしたよー。



他の観光客と思われるお客さんも、「可愛い!」「どれも可愛いわ!」「素敵なお店ね!」と絶賛しながら買い物していましたよ。
しかも、意外とお値段も手ごろでしたっ。一枚190ペソで、3枚買うと500ペソになるそうです。※2018年1月時点。

今回は一枚のみ必要だったので、

↓オーソドックスなこちらを購入。


他にも可愛い作品が沢山あって、すごーく悩んだのですが。
今回は赤系の色で文字が大きく遠くからでも分かるようなデザインのものが欲しかったので...

でも本当にクラシカルな感じの(?)絵や写真が入ったデザインのものとか、素敵でした~
今度日本に帰る時のお土産にしてもいいかも!と思いました。その時は3枚セットを500ペソでお得に購入しようと思います♪

↓壁掛け時計も売っていました!


お土産じゃなく自宅に飾る用に買ってもいいですねー。

作品はテーマごとに分類されていて、『レストラン・バー』『スポーツ』『ブエノスアイレス』『アサード』など、色々でした。
沢山の種類の中から、お気に入りの作品を見つけるのもきっと楽しいと思います。

広場で開催されるフェリアなどでもよく売られていますが、フェリアって値段設定が売り手の言い値というのがあまり好きじゃないので、個人的にはきちんとしたお店で買う方が気持ちがラクで好きです。

お土産選びにもおススメなお店なので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね~

<お店情報>
Tienda de Curiosidades
住所:Suipacha 1093,
電話:011 4312-0678
時間:月曜~金曜 10時~19時



最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

『この鳥なんだろな?』シリーズ・第3弾

きっと誰も待ち望んではいないであろう連載『この鳥なんだろな?』シリーズ、

ついに第3弾に突入です。

ほんと誰も興味無いですよね。ふふ。
でも私の中では、けっこう謎が解けてスッキリするテーマなんです~

さて、そんなシリーズの第3弾は、

↓こちらの鳥!


cotorraという鳥で、日本語では『オキナインコ』と言うそうです。
日本ではペットとして飼う人も多いみたいですね。

このオキナインコがですね~

んまぁ~ブエノスアイレス中にいる!んです!!

本当にちょっと近所の公園に行けば、たいてい見られます。
以前もブログに書いたことがありました。⇒カマキリさん、はじめまして。

ただ、ハトと違ってものすごく警戒心が強く、少し近づくだけですぐに逃げてしまうため、なかなか写真を撮るのに苦労します。
この鳥に遭遇する度に「撮りたい!」と思って頑張るのですが、いつもだいたい遠くからのショットしか撮れずに終わるんですよねぇ。

これまではこの鳥のことを「インコだ~」としか思っていなかったのですが、

この間ムスコと一緒に博物館に行った時に、発見してしまったんです。
(その時のお話⇒行き過ぎ!【アルゼンチン自然科学博物館】)

↓『cotorra』という名前だということを!


そして、

まだ私がレングアス・ビバスに通っていた頃のこと。
担任の先生が、「アルゼンチンの有名な鳥といえば、cotorraね。とっても綺麗なのよ~」と言っていたのを思い出したのでした!

あの鳥って、この鳥のことだったのかーっ!!!と。
点と点が繋がったような気持ちになった瞬間でした。スッキリ...!

調べてみると、このオキナインコというのは南アメリカ原産の鳥なんだそうですよ。
だからアルゼンチンでは公園に普通に野生のインコがいるんですね~

しかも、オキナインコは利発でお喋り(人のものまね)も上手なんだそうです!
しかもしかも、人懐っこくスキンシップも好き...

えーっ!網持って捕まえに行こうかなー!?笑

↓もしくはコレで...


私、人懐っこくてお喋りができる鳥さんが飼いたいなぁと思うことがたまにあるんです。
飼い主の手の中で気持ちよさそうに眠っている写真とか見ると、すごく可愛いなーと。

でも猫(ルイ)がいて金魚が二匹いて、さらに鳥まで飼い始めたら、ほんとに我が家が動物園と化してしまうので、やめます。笑
大型の怪獣(ムスコ)も一人いることですし。大変なことになっちゃいますね。

以上、ブエノスアイレスで見られる綺麗なインコ『オキナインコ』のご紹介でした。
気になる方は、近所の公園へ行ってみてくださいね。

<関連記事>
4年越しの謎が解けた~!スッキリ!!
『この鳥なんだろな?』シリーズ・第2弾


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

「分かる分かる...」と思ったコマーシャル

マンションなどの集合住宅に住む場合、家賃の他に『管理費(expensaas)』を払う必要があるわけですが。

先日「うんうん、分かる分かる」と共感し、クスっとしてしまったコマーシャルを見かけたので、ブログでもご紹介したいと思います。

↓コチラ。ZonaPropという不動産情報サイトのコマーシャルです。


集合住宅に住んでいる場合、郵便物や管理人からのお知らせなどは、動画にあったように管理人さんが玄関ドアの隙間にスッと滑り込ませてくることが多いかと思います。
(全ての集合住宅が同じシステムなのかは分かりませんけど、コマーシャルになるくらいなので、きっとそういうところが多いのでは...?)

そして、このインフレの激しいアルゼンチンにおいては、月々の電気代、ガス代、水道代などの光熱費の請求書を見るのは、なかなかスリリングなのです。
「また電気代が上がった...」「今月はそんなに上がらなかったね」と、請求書を開いては一喜一憂する日々です。

特に管理費に関しては、いきなりドーン!っと金額が跳ね上がったりもするので、本当に辛いですよねー。
管理費の請求書には何にいくら使ったかという明細が一緒に付いてくるので、我が家も動画のように「え!何にこんなに使ってんの!?どうしたらこんなに上がるの!?」と明細を食い入るように見たりする日も...

というわけで、アルゼンチンに住んでいる方になら「分かるー!」と思ってもらえるような動画ではないでしょうか。たぶん。

ちなみに我が家が住んでいる建物の場合、数か月前に建物を管理する業者が変わりまして。
その業者が何だかんだ理由を付けて、腰を抜かしそうになるほど一気に管理費を上げたのでした。住み始めた時の10倍以上に!!

我が家は立地もまぁまぁ良く、全然広くはないものの生きていけるほどの間取りはある割には、かなりお手頃な家賃で借りられている物件なので、これまでは古い!とかボロい!とかいう点には目をつぶってきましたけど。
でもここまで管理費が異様な値上がりを続けるようなら、引っ越しも視野に入れていかないといけないなーと思っているところです。

いっそのこともっとムスコの幼稚園に近い場所に引っ越してしまった方が、便利でしょうしね。
Shuちゃんの会社にも近くなりますし。

っと、色々と考えさせられるコマーシャルのご紹介でした~


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

『この鳥なんだろな?』シリーズ・第2弾

突然ですが。

ブエノスアイレスにお住まいの方なら、きっと一度は『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』という鳥の鳴き声を聞いたことがあるのではないでしょうか。

私、ついに解いてしまったんです。長年(っていうか5年)抱き続けてきた謎を...!

ちなみに、以前『Zorzal Colorado』という名前の鳥についても、同じように謎が解けてスッキリした!といったブログを書きました。(コチラ⇒4年越しの謎が解けた~!スッキリ!!)
↑この鳥は「ピ・ポ・パ~」という感じの鳴き声で、それを4年もの間、電子音だと勘違いしていたのでした。

そんなわけで今回は、『この鳥なんだろな?』シリーズの第2弾となります。

なんていうか、日本に住んでいれば、「ホーホケキョ」と鳴けば「あぁ、ウグイスが鳴いてるわ」と思ったり、「カーカー」と鳴けば「カラスが近くにいるなぁ」といった感じに自然に判断できちゃいますけど。

ここアルゼンチンに住んでいると、日本で暮らしていた時には一度も耳にしたことのなかった鳴き声に出くわすことが多く、「この鳴き声、よく聞くけど何なのー!?」っとモヤモヤする機会も多いのです。お国が変われば日頃耳にする鳥の鳴き声までも違うのですね~

さて、そんな私がアルゼンチンに来てからずーっと気になっていた、『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』と鳴く鳥。
なんとも言えない、間の抜けたような、日本に住んでいた時には一度も聞いたことのなかった鳴き声の主を知りたくて知りたくて...

ネットで『ピーポッポピー 鳥 名前』などで検索したりもしたのですが、もちろんヒットせず。笑
5年もの間モヤモヤし続けてきたのですが。

先日、ムスコと二人でアルゼンチン自然科学博物館へ行った際、ついに『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』の正体が判明したのでした~!
(その時のお話はコチラ⇒またまた行ってきました【アルゼンチン自然科学博物館】)

博物館の2階にある、

↓『ブエノスアイレスで見られる鳥』みたいなコーナーにて。


鳥それぞれの写真の隣にボタンがあり、ボタンを押すと鳴き声が聞けるようになっていたので、鳥に興味のないムスコが別の場所に行きたがるのを必死に留まらせて、片っ端からボタンを押しまくった結果、

『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』の正体は、

↓この鳥であることが判明したのです~!




って、

ハトかよーっ!!!

長年抱えてきた謎の鳥の正体が、まさかの『ハト』だったのことに、ちょっぴりガッカリしました。笑
だって~ハトってそこら中にいますし~正直、いっぱいいすぎてジャマだなーと思ったりもしますし...

この『Paloma picazuró』、日本語では『アカメバト』と呼ばれるそうで。

↓こんな鳥
325-3.jpg

↓南米のこの辺に生息しているそうですよー。
mappicazuro.gif
(参照:Aves de Argentina)

それでは、満を持して、

↓お聞きください!『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』をっ!


どうりでブエノスアイレス中のいたる所で聞こえてくる鳴き声だと思ったら!ハトなら納得!という感じです。
ハトはハトでも、(たぶん)南米にしか生息しないハトだという点では、「そりゃ~日本で生まれ育った私からしたら『ハト』だとは思わないわ!」と、また更に納得でした。

個人的には、5年もの間モヤモヤしてきたからには、もっと変わった鳥だったら良かったのになーとは思ってしまうのが本音ではありますが。
でも、鳴き声の正体を知れて、すごくすごくスッキリしました!

以上、『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』の鳥のご紹介でした~
ブエノスアイレスにお住まいの方、旅行にいらっしゃる方は、ぜひ一度耳を澄まして鳴き声を聞いてみてくださいね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop