アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

『酔っぱらいの木』のお花が綺麗です

ブエノスアイレスのいたるところに生えている、

↓こんなトゲトゲの木、


↓『palo borracho(酔っぱらいの木)』の花が綺麗です!

(この写真だとあんまり見ごろ感が出ていませんが、木によっては満開なんですよ~!)

↓公園や歩道など、本当に色々なところに咲いていますよね。




ちなみに、和名は『トックリキワタ』と言うんだそうで。
花が落ちて実ができると、実の中のフワフワな綿が飛び出てきて、辺り一面が綿だらけになります。

↓過去のブログでも綿について書いたことがありました。


この写真を撮った時(2013年10月)は、まだこの木が何て言う木なのかも知らなかったんでしたっけ。
Shuちゃんと二人で「あの木何だろう~?綿がなってるよ!」とか話していた記憶があります。懐かしー。

↓これは2015年の写真です。綿が地面にいっぱい落ちています。


幹がトックリ状に膨らんで、実から綿が出るから、トックリキワタなんでしょうかね?きっとそうですよね。

このフワフワ綿に対してアレルギーを持っている人も多いそうで、「今年も綿の季節がやってきた!」と嫌がる人もいるんだとか。
私は花粉症を含めほとんど何に対してもアレルギーを持っていないので、全然へっちゃらですー!えへへ。(私のアレルギーはたぶんトロロだけです。)

さて、現在お花が綺麗に咲いている、酔っぱらいの木ですが。

先日公園に行った際、

↓ムスコが「はい、ママにお花あげる!」と持ってきてくれました!


ママはお花が大好きだと思っているムスコは、「僕、今度ママにお花あげるね!」「ママお花大好きだもんね!」「お花プレゼントしてあげるね!」と常々言ってくれていまして。

ついにそれが実現したのでした~!嬉しい~!!

↓家に持って帰って飾りました。


もちろん私はお花が好きですが、ムスコもお花を観察するのが好きなのです。

花に蜜蜂が数匹群がっていたので、「花には蜜があって、蜜蜂が来て蜜を取ってお家に持って帰って、ハチミツを作るんだよ。それをもらってきて、ムスコが食べてるんだよ。」と教えてあげたところ、
これまで何気なく食べていたハチミツと、蜜蜂とお花との関係性に感激(?)したらしく、「蜜蜂さんにお花あげるよ!おーい、蜜蜂さーん!」と呼びかけて花を差し出し、蜜蜂が来てくれるのを待ってみたり。笑

花の構造にも興味津々で、「花が咲いて散ったら種ができて、種が地面に落ちたらまた芽が出てくるよ」というような話や、地面に落ちたお花を分解して「へぇ、お花の中身はこうなってるんだね!」と観察するのも大好きです。

ブエノスアイレスは都会の割に自然と触れ合える場所が多いので、ムスコと一緒に実際にお花や昆虫を観察できて楽しいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

スポンサーサイト

PageTop

錦織圭選手がアルゼンチンオープンに!!!

わーわーわーーー!!!すっかり忘れてましたーっ!!!

『アルゼンチンオープン(ARGENTINA OPEN)』のことを!

今年はなんと錦織圭選手もこの大会に出場されるとのことで・・・
何ヶ月も前からその情報は得ていたくせに、すっかり忘れてしまってました。うぅ、マヌケすぎる。涙

↓錦織選手!!


チケット販売のサイト(TICKETEK)には「錦織圭も今大会に参加を表明して云々・・・」といったような説明文が長々と掲載されていたりしてましたし。アルゼンチン的にも錦織選手の参加を歓迎しているようでしたよー!

錦織選手のテニス、生で見たかった・・・

今日から大会が始まったみたいなので、私的にはもうチケットは売り切れてるんじゃないかと思ってかなり落ち込んだんですが。
Shuちゃんは「まだ先の日程のチケットなら買えるでしょ!錦織の出場日程調べなきゃ!!」と言っております。すごい、真逆な性格。笑

あー!見たーいっ!!こんなチャンス、なかなか無いですよー!!!
どうかまだチケット買えますように・・・

っていうか、今大会の出場選手の中では錦織選手が一番ランキングが高いんですね。(出場選手の一覧はコチラ⇒Jugadores)

Shuちゃんは「決勝のチケット買っとく?!」とか言ってますけどー。
決勝のチケットなんて、まだ買えるのかしら・・・立見席(とかあるんですかね?)でも良いから買いたいっ!!!

今夜あたり、決勝に限らずどこかの日程のチケットでも買えるかどうかチャレンジしてみます!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

車がベビーカーを押したママを轢く事故がありました

これまでもちょくちょくブログに書いてきましたが。

アルゼンチン人、運転が荒いです!!車優先の社会だと感じることが多いです。

横断歩道を渡る人よりも、右左折する車の方が優先ですし(法律でどうなっているのかは分かりませんが、普段生活しているとそう感じる、というお話です)。
信号は青なのに、曲がってくる車が多いせいで横断歩道が渡れず、信号が赤に変わってしまったり。歩行者がいるからと言って全く止まってくれる気配もない車たちの波をかいくぐって横断歩道を渡ったり。

運転手がスマホを操作しながら運転している姿なんて、ほんとよく見かけます。中にはバスの運転手がスマホを見ながら運転したりもしてますもんね。

さて、そんな荒々しい交通事情の中、人々は生活しているわけですが。
今日は朝からずっと色んな報道系の番組で、身の毛もよだつような事故のニュースが流れていました。

今朝9:30頃Caballitoという地区で、ベビーカーを押した一人の母親が横断歩道を渡っていたところに左折してきた車が突っ込み、母親が数メートル飛ばされました。
幸いベビーカーとそれに乗っていた赤ちゃんは無事だったようですが、数メートル飛ばされ左足に怪我を負ったと思われる母親は、足を引きずりながらもすぐに立ち上がり赤ちゃんのもとに駆け寄り無事を確認している姿がとても印象的でした。

↓動画もありました。(Youtubeより。)


映像を見て、この国の人たちの運転の荒さを再認識して怖くなりましたし、何よりも自分もまだ幼い子どもを持つ身として、道を歩くときは本当に気を付けなければ…と気持ちが引き締まりました。
今回の事故で、赤ちゃんが無事で良かったー(泣)そして、お母さんも命に別条がないみたいで本当に良かったです!多くの番組で「milagro(奇跡)だ!」と言っていましたけど、あれだけ吹っ飛ばされても大事に至らなかったのは、不幸中の幸いでしたよね。

自分の身体が痛いことよりも何よりもまず、わが子の安否を確認しに行った母親の行動にすごく共感したというか、子を思う親の気持ちを感じてグッときました。
私も、そもそも事故に巻き込まれないように気を付けないといけないですし、ムスコのことを守るのは自分なのだとすごくすごく感じました。

あの映像は本当に衝撃的でした…
この恐怖心を心に刻み?、毎日油断せずに注意して生活しようと思います。正直、最近気が緩んでいたので。

ブエノスアイレス在住の皆さま、外を出歩く際(特に横断歩道を渡る際!)には、車には十分に気を付けましょうね~!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

『 Los Reyes Magos(東方の三賢者)の日 』だそうです

今日は『Dia de Los Reyes Magos(東方の三賢者の日)』というキリスト教(カトリック教?)のイベントの日ですね。


(画像はネットより拝借・・・)

キリスト教徒ではない我が家にとっては、全く馴染みのないイベントではありますが、子供達にとってはクリスマス並(?)のビッグイベントなんだそうですよ!

レングアス・ビバスのAvanzadoで勉強していた時に、テキストにこのLos Reyes Magosに関する文章があり、先生に色々と教えてもらった記憶があります。

というわけで、棚からテキストを引っ張り出し、このイベントについておさらいをしてみました。
国や宗派(??)によって少しずつ祝い方が異なるみたいですが、テキストの内容によると・・・

<Los Reyes Magos>
12月25日のイエスキリストの誕生後、3人の賢者たちが星の導きを頼りにエルサレム(テキストにはエルサレムとありましたが、本当はベツレヘムみたいですね?)へ向かう。そして、1月6日に生後間もないキリストのいる小屋へ着いた賢者たちは、黄金・乳香・没薬を贈った。ヨセフとマリアは大変貧しかったため、彼らが乗ってきたラクダに水と食べ物を与えることしかできなかった。
そこで、賢者たちがやってくる夜に、水、食べ物、靴を窓際に置いておくと、人々が寝ている間に賢者たちがやってきて家の中を歩く。翌朝目が覚めると、靴が子供達へのプレゼントでいっぱいになっている(←えっ、靴の中?!笑)。

と、アルゼンチンでは言われているそうですよ。
クリスマスからまだ全然間もないこの日に、再び子供達はプレゼントが貰えるなんてー。贅沢!そして、親は大変!笑

アルゼンチンの親は、子供達に「いい子にしてないと、los reyesにプレゼントもらえないよっ」と、子供がお利口さんになるように言い聞かせたりもするんですって。

私もこのイベントのことは以前から少~しだけ聞いたことはありましたが、特に我が家でお祝いしたりムスコにプレゼントをしたりということはせずにやってきました。
クリスマスなどの日本でも有名なイベントと違って、我が家にとっては馴染みが薄すぎて。ムスコにも何て説明すれば良いのか分かりませんし・・・

でも、今年はいつもお世話になっている方から、ムスコへLos Reyes Magosのプレゼントをいただきまして。



ムスコも一応アルゼンチン人なわけですし、せっかくなんで今年はアルゼンチン式にちょっとムスコにもプレゼントをあげてみようかと思い立ちました。

イベントの内容はムスコにはあんまり小難しく説明することはせず、「ラクダに乗ったおじさんが三人、ムスコの家に来る。遠くから来るから、ラクダは疲れてる。だからラクダにお水と食べ物をあげよう。そうしたら、おじさん達がムスコにプレゼントくれるかも?!」と。

ムスコからしたら、「えっ、なんでおじさんがラクダに乗ってお家にくるの?」って感じだとは思いますが、まぁその辺はモヤッとさせて。笑
(アルゼンチンはカトリック教の国なので、たぶんムスコが成長するにつれて自然と周りの人たちから話を聞いて理解することでしょう!)

っと思って、ムスコにはラクダに乗ったおじさんのくだりを説明したくせに、肝心の水、食べ物、靴を用意するのを忘れたままムスコを寝かせてしまいましたー!笑
やっぱり馴染みの薄いイベントを実行するって、難しいなぁ。笑

とりあえずは、いただいたプレゼントの他にもササッと私たち夫婦もプレゼントを用意してみましたが(日本から買って持ってきておいた、プレゼント候補のおもちゃを少々)。

しかも!

どうやら私、勘違いしていたみたいでして。

このラクダおじさん(←失礼)のくだりって、昨夜のうちにやっておいて、今朝子供が起きたらプレゼントが貰えるということみたいですね?!
今夜お水とかを用意したら明日の朝プレゼントが置かれている、ということなのだと思っていました・・・

※全体的によく分かっていないので、どなたか詳しい方いらっしゃいましたらご一報くださいませ~汗

水などを用意し忘れた上に、日も一日ずれてしまった模様です。トホホ。
(カトリックの国に暮らしているからには、少しは宗教についても知っておいた方が良さそうだなぁと感じる、今日この頃です。)

なんだか色々とグダグダになってしまったLos Reyes Magosのイベントではありますが、初めての試みですし大目に見ていただきたいと思います。ふふ。

ムスコ、喜んでくれたらいいな。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

クリスマスに何を食べるのか、聞いてみました。

クリスマスのお話が続きますが。

明日はいよいよクリスマス・イブですねぇ。

今日たまたまいつも仲良くしてくれる近所のカフェのご夫婦と立ち話をする時間があったので、「アルゼンチン人はどうやってクリスマスを祝うの?」と聞いてみました。
アルゼンチン人のクリスマスについて、これまでちゃんと誰かに尋ねたことって無かった気がします。24日の深夜(25日になる瞬間)に花火が打ち上がって騒がしいことだけは知ってましたけど。ふふ。

家族一同が各自食べ物を持ち寄って集まるそうで、「食べ物はcomida seca(乾いた料理)が多いわよ」と言っていましたー。

サラミやチーズなどのpicadaとか、matambreとか、pan dulceとか。たしかに、なんだか全体的にパサパサしてそうな感じ・・・
そして、ケーキは食べないんだそうで。(日本だとクリスマスケーキって食べますよね?)

あとはアサードだそうです!やっぱり肉か。さすがアルゼンチン。
でも家族全員で集まってアサードとか、楽しそうですよねぇ。賑やかで。

先日のアルゼンチン人ママ達のお茶会の時にも少し質問してみたのですが、その時は「lechón(子豚の丸焼き)とかpavo(七面鳥)とか食べるわよ。あとはナッツとかドライフルーツ!だからクリスマスの時はすごいカロリーになるのよね~」と言ってました。

ちなみに、 こんなサイトも発見しました。なるほどー。
10 Comidas típicas de navidad en Argentina(アルゼンチンでクリスマスに食べられる10の代表的な料理)

我が家はクリスマスにアサードも豚の丸焼きも、そして七面鳥も作りません。三人じゃそんなに食べ切れないですし。
代わりに、ちらし寿司や海老の天ぷら(←海老天丼がムスコの最近の大ブーム!)、カニカマを使った偽カニ天に、ケーキ(←作ってもどうせ失敗するので今回は市販のものを・・・)にと、和風なクリスマスにしてみようかと思っています。

↓あ、でもpan dulceは買いました~チョコチップ味を。


幼稚園のクラスのママさんは、pan dulceを手作りしたりもしていましたよ。whatsappで写真が送られてきました。
手作りのpan dulceが、アルゼンチン人にとっては『お袋の味』だったりするのでしょうかね~

そして、

↓これはムスコが「サンタさんにあげるの!」だそうです。


どうやらサンタさんと一緒に食べれると思い込んでいる節が・・・
何回も「サンタさんには会えないよ」と説明してるんですけどね。その辺のよく分かってない感もまた可愛いものです。

とにかく、サンタさんがお家に来てくれるのを心待ちにしているムスコさんなのでした~

↓カフェのご夫婦のお子さんと、久しぶりに一緒に遊びました。


カフェの奥さんとクリスマスの話題で立ち話をしていたら、
奥さんが「私も子供の頃はサンタさんのこと信じてたけどね~!最近の子供は信じてない子も多いわよ。『サンタさんってパパなんでしょ?』とか言うのよ~!」と・・・

ぎゃー!ムスコに聞かれちゃう~!!と、内心ヒヤヒヤでした。笑
たぶん、スペイン語でも少し理解できてると思うので・・・

ムスコは(たぶん)サンタさんのことを完全に信じているので、このままできればあと何年かはいてほしいなぁ。

アルゼンチンでは、25日になった瞬間にサンタさんがやってくるんだそうで。
先日ママ達も話していましたけど、12時になった瞬間に打ち上がる花火を見たりしながらどうにか子供達の気をそらしてそのうちにクリスマスツリーの下にプレゼントを置いたり、あとは家族の誰かがサンタさんの格好をしてプレゼントを届けてくれたりするお家もあるそうです。

我が家は日本式に『寝ている間に枕元にプレゼントを置いてくれる』方式かなぁ~1番ムスコにバレるリスクが少ない気がするので。笑

◆おまけ◆

↓さくらんぼが美味しい季節ですねー。


1/4キロで25ペソでした。味も甘くて美味しかったです!

そして、

↓今夜は牛タン!!


1キロ85ペソでした。1キロ弱のものを購入しましたが、骨や皮を取り除くと実質食べられる部分はけっこう少なめでした。
でもすーーーごく美味しかったです!アルゼンチンの牛タン、安くて美味しいですよ!

11ヶ月ほど熟成させている手作り塩レモン&きざみ葱を乗せて食べたらもう!止まりませんでしたっ。1.5キロくらい買っても良かったかも・・・


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop