アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

やり切った!お誕生会と、オススメなパティシエさんについて♪

無事に幼稚園でのお誕生会が終わりました~

・・・ホッ。

心底ホッとしました。
大変だったコンサートやらお誕生会の準備から解放されて!

初めて経験する分からない事だらけで、変に緊張したり、準備にてこずって右往左往したり。
全て終わった今となっては、良い思い出、かな?ふふ。

さて、

そんなお誕生会ですが。

ムスコのためにサプライズで用意していた、お誕生日ケーキ!

それが、

↓じゃーん!コチラ!


妖怪ウォッチの「ロボニャン」でーす!!
(今年のムスコのお誕生日は、妖怪ウォッチ尽くしですな。)

とある日系のパティシエの方にお願いしました。
ロボニャンの画像を送って、デコレーションの希望などを伝えて。

思った以上の素敵な出来上がりで、ムスコ以上に私たち夫婦の方がテンション上がりました(笑)
ムスコ、きっと驚くぞーう!楽しみだなぁー!!

っと、期待に胸を膨らませながら、

先生に指定された時刻に、ムスコがいる教室へ夫婦で入室・・・

クラスメイト達はお誕生会に備えて、全員着席して待っていてくれたのですが。
ムスコはお昼寝をせずに登園してしまったこともあり、私たち夫婦が入室した時点でウトウトうたた寝モード(笑)

他のクラスメイト達が私たちに気づいていたにも関わらず、肝心のムスコはしばらく私たちのことに気づきませんでした。クスクス。
で、私たちがムスコの名前を呼んで、ようやく「ママとパパだ!」と気づいたムスコ。

小声で私のことを呼び寄せ、これまた小声で「ママ、おかえり~」ですって。
かーわーいー!(親バカ。笑)うっかり私も「ただいま」って返事してしまいました。

そして、私たちが持参したお誕生会グッズをテーブルにセットしていき、いよいよお誕生会のスタート♪

↓まずはスナック菓子とジュースから始まり、

(あぁ、テーブルクロスが小さい・・・笑)

↓お誕生日おめでとう♪の歌と共に、ケーキ登場~!!


ムスコ、またまた小声で「ロボニャンだぁ!ママ、ロボニャン!」と言って喜んでました。

眠かったせいなのか、いつも教室ではスペイン語なのにパパとママがいるせいで日本語を話せる環境に戸惑っていたのか、はたまた、そもそも幼稚園ではムスコは控え目な子なのか?よく分かりませんが、終始小声で喜んでました(笑)
(帰宅後、余ったケーキを食べる時なんかは、大声で「ロボニャンだよぉ!!」とか言ってましたけど!やっぱ幼稚園では内気なの・・・?)

みんなにお祝いしてもらい、

↓ロウソクの火も消して、


ケーキを食べました。

ここで、発見!

↓アルゼンチン流?!の不思議なケーキのカット方法!




まず、ケーキの中心部分に丸く切り込みを入れ、
その後、外側の部分をバームクーヘンをカットするみたいな感じに切って、一人ひとりのお皿に。という・・・

こんな切り方、初めて見たー!
(↑って、もし常識だったら恥ずかしいです。)

最後に残った中心部分は、最後に適当にカットして食べるんだそうですよ。
国が変われば、ケーキのカット方法も変わるんですねぇ。

さて、今回のお誕生会で私たち夫婦が最も力を入れたと言っても過言ではない、このロボニャンケーキですが。

美味しかったですー!

注文する際に味の指定もできたので、アルゼンチン人の子供達のことも考え「少しだけドゥルセ・デ・レチェを間に挟んでください。」とお願いしたところ、本当に少しだけ挟んでくれてました。
(あんまりドゥルセ・デ・レチェに馴染みのないムスコにとっては、かな~り良い具合の挟みっぷりでした。)

そしてドゥルセ・デ・レチェ以外は、

まさに!日本のケーキのよう!!!
ふわふわの生クリームに、ふわふわのスポンジに。

いかにも海外のケーキ!といった、チョコや甘~いシロップや砂糖の塊などが「ギュ~ッ」と詰まったようなケーキでは全然なくて、本当にビックリしました。
全部がフワフワ~!甘さも日本人好み!!

アルゼンチンでこういうケーキが食べられるなんて!
と、これまた私たち夫婦の方が感激しちゃいました。えへ。

アルゼンチン人の子供達も美味しそうに食べてくれましたよー。



ドゥルセ・デ・レチェ、挟んでもらっておいて良かったかも~!日本人好みの味過ぎると、アルゼンチン人の子供には物足りないかも?と思ったので。

大きさは、3歳児17人分ということでお願いしたところ、とっても大きなサイズで作ってくださいました。小さくて「足りなーい!」ってならなくて良かったです。
(結局は、3分の1ほど余って、お持ち帰りになりました~!よーし、食べるぞぉー!!笑)

そして、ケーキを食べた後は、

↓場所を移して、


↓ムスコへの誕生日プレゼント進呈~!!


みーんなの注目を浴びて、お祝いされて、大きなプレゼントをもらえて、本当に嬉しそうでした!飛び跳ねて喜んでました(笑)

最後に、子供達へ我が家が用意したプチギフトを渡して、お誕生会はお開きに。
↑プチギフトを渡すのは先生方にお願いして、我が家三人は早めに教室を出て帰宅しました。

以上、我ながらよく頑張った!ムスコのお誕生会でした。

ムスコが幼稚園に入り、刻々と近づいてくるムスコの誕生日のことを考えると、「あぁー大変だなぁ。わざわざそこまで準備しなくちゃいけないなんて、面倒だなぁ。アルゼンチン人の親って、大変だなぁ。」と、ただただ憂鬱だった私ですが。

今回、ムスコのお誕生会を幼稚園で開いてみて、少し考えが変わりました。

子ども一人ひとりがこんな風に主役になれる機会があるって、素敵だなーと。
もちろん、親としてはほーんと大変なんですが(笑)、教室でムスコのためだけの時間を設けてもらえて、先生やクラスメイト達にお祝いされて・・・

あんなに嬉しそうなムスコの顔を見たら、やっぱりやって良かった!と思います。

初めてだった今年は特に大変でしたが、きっと来年以降はもっと余裕を持って色々と準備できるような気がします。

パーティーサロンを借り切って行うパーティーはまだちょっと勇気?が出ないので、また来年もムスコは幼稚園でお祝いすることになるかなぁ~
ゆくゆくはサロンでやってみたい気もします。せめてホストとしておもてなしができるくらいに、私たち夫婦がスペイン語が話せるようになったらかな・・・?

今回の反省点?などを活かしつつ、また一年後のお誕生会に向けて、コツコツ準備していこうと思います!


◆最後に◆

今回我が家がケーキをお願いしたパティシエの方について。

パティシエの方のFacebookページをブログでご紹介しようと思っていたのですが。
そのFacebookページに今回作っていただいたムスコのケーキが紹介されており、ムスコの名前も載っていたので、ブログでFacebookページをご紹介するのは控えさせていただきます。

別に名前くらい、いいかな?とも思ったのですけどねー。
でもこれまでずっとブログに名前は載せてこなかったので、何とな~く控えようかと。

というわけで、

もしこのパティシエの方にケーキをお願いしたい!という方がいらっしゃいましたら、その方の連絡先をお教えしますので、お手数ですが私までご連絡くださいませ。
(Eメール、SNS、ブログ鍵コメント、何でも結構です。鍵コメントでご連絡くださる場合は、必ず返信先アドレスも付けてください。)

あ、「仲介料取ってやろう!」とか言う魂胆は一切ありませんので、ご安心を(笑)

日本語が通じる方なので、細かい指定も日本語でできて良かったです!
我が家としては、そこが一番安心できた点でした。

ちなみに。

我が家が注文したケーキは、ロウソク、配達込みで、500ペソでした。

キャラクターやデコレーションを指定できて、あの大きさで、ロウソクまで付いて、さらに幼稚園まで配達してもらえて!それで500ペソってのは、かなりお手頃じゃないでしょうか?!
※2015年10月時点での金額です。

というか、以前フラッと行ってみたとあるケーキ屋さんに言われた「2300ペソ」と比べたら、トンデモなく安く感じられて何だか得した気分でした(笑)
(2300ペソケーキのお話はコチラ⇒2万円は無理でしょ?!)

配達も、時間に遅れることなくきっちり届けてくださって良かったです。
幼稚園の真ん前まで配達してもらえたのは、自宅と幼稚園が離れている我が家にとっては本当に助かりました~

とにかく、オススメなパティシエさんですよ~!
我が家は今後、毎年お世話になるかもしれないです。んふふ。

来年は、ムスコの興味はどんなキャラクターに移っているかしら?
楽しみです♪
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する