アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

運動会(Sports Day)体験談

スポーツデー!行ってきました!!

結論から言いますと、

とーーーっても楽しかったです!!!
思ってたのと違った点は多々ありましたけど(笑)、期待していた以上の楽しさでした。

実は、家を出る直前まで「行こうか。いや、やっぱり止めようか。」と、本当に悩んでいたんですよねぇ。

なにせ場所が遠くて!アクセスも悪いし!どうやって行きゃいいんだっ!!
ちなみに、Centro Navalという場所でした。

行かないママさんもいるみたいでしたし、実はすごい閑散とした感じのイベントで、少数のアルゼンチン人のママパパの中でウチだけ浮いたらどうしよ~とか。
考えれば考えるほどウジウジと悩んでしまってました。

でもでも、やっぱり運動会、行きたい!
ムスコの走る姿を見たい!

ってことで、勇気を出して行ってきました。

タクシーで行ったのになぜか迷いつつ、タクシーの運転手さんを多いに困らせつつ(笑)、どうにかこうにか遅刻気味で会場に着いたところ、

↓なんだか楽しそうな雰囲気!


天気も良くて、気温も上がり、まさに運動会日和っ。

↓保護者もいっぱい~


思ってたよりも参加者が多くて安心しました。

しかも、さすがアルゼンチン。
保護者達も自由~な感じで、思い思いの場所に陣取ったり、腰掛けたり、おしゃべりしたり。

会場に着くまでに感じていた我が家の緊張感なんて、ぜーんぜん必要ありませんでしたー。
気の向くままにムスコの姿が見える場所に立って、知ってるママがいれば挨拶するし、場所を変えたければ変えるし、って感じで我が家としてはとっても気楽でした。

会場に着いた時に、ちょうど開会式?の園児達による行進が始まるところでして。
ムスコは園長先生に抱えられて、急いで集合場所のテントへ連行され・・・

↓行進、スタート!
[広告] VPS

ノリノリな音楽の中、2、3、4、5歳児クラスの子供達が整列し、開会式風なセレモニーが行われました。



そして、いよいよ競技!!

・・・と、思いきや。

↓こんな感じで。
[広告] VPS

担任の先生や体育の先生に手を引かれながら、障害物を乗り越えながらゴール(なのか?)まで行くという。
いわゆる「運動会」というものとは大きくかけ離れたショーが始まりました。

日本で生まれ育った私としては、

「赤組がんばれ!白組負けるな!」みたいな(笑)
BGMに「道化師のギャロップ」とかが流れる中、子供達が一生懸命かけっこしたりする姿を想像していたんですけど。

↓両腕にがっつりタトゥーが入った体育の先生が、


今にも踊りだしちゃいそうなBGMの中、「Vamos!!」「Vaaamooossss!!!!」「Whoooo!!!」みたいな感じで(笑)っていうか、担任の先生方、踊っちゃってました。ふふ。

あとは、

↓玉入れ風なのもありました。


入れた玉の数を競うわけでもなく、ただ転がってるボールを広ってカゴに入れるという。

↓ムスコは最初は、ボールを独り占めしようとしていましたが、


「ボールをあそこに入れるのか!」と気付いてからは、黙々とボールを運んでいました。

↓フラフープをカラーコーンに入れるというものも。


ここでもムスコは粛々とやるべきことをやっていました。粛々と。

今回のスポーツデーは、ムスコ的には「なにそれ?」みたいな感じだったようで。
会場に着いた直後はいつもと違う雰囲気で泣き、すぐに泣き止んだものの、発表中は待ち時間も含め、終始無表情でした!

↓ただただ時が過ぎるのを待っているような。


修行僧のようなオーラさえも感じられる勢いでした。笑

↓合間にも、私を見つけて、


「ねぇ、何やってるの、僕?」と言わんばかりの表情で見つめられました。

これまで肌寒いような日がずーっと続いていたのに、この日からいきなり気温が上がり始めたので、その日光の強さや暑さのせいもあったかもしれないですね。
とにかく、ボーーーっとしてました。

そんなこんなで、無事に全てのプログラムを終え、

↓メダルの授与!


勝ち負けなども一切無く、全員が同じメダルをもらっていました。
(日本も幼稚園の運動会ってそういう感じなのでしょうかね?)

↓じゃーん。学校のロゴ入りのメダル♪


ムスコもメダルは喜ぶんじゃないかなーと思っていたんですけど、(担任じゃない)先生からメダルを首にかけてもらう時になって激しく拒絶!
何が何でもメダルを首にかけたくなかったようで、必死に拒否してました・・・ちーん。喜ぶと思ったのにー。

結局、メダルを首にかけようとしてくれていた先生も諦め、ムスコはスルーで他の子供達にメダルを渡していました。
で、ムスコ一人、メダルがもらえず。えー!メダル、欲しーい!!と(私が)内心思っていたら、そんなムスコに気付いた担任の先生が慌ててムスコの首にメダルをかけてくれました。ホッ。
担任の先生から首にかけて欲しかったんですかね?

以上で、スポーツデーは終了したのでした~



スポーツデーのプログラム全体としては、正直イマイチな印象でした(笑)
ムスコだけでなくほとんどの子供達が黙々とやっていた感じで。

ほんの少しでも競争の要素があったなら、また少し違ったかもしれないですけどね。

で、

冒頭で私が申し上げた、「とーーーっても楽しかった」ことが、ここから始まったのですー!!

つまりは、

「スポーツデーの内容はイマイチだった」けど、「会場の雰囲気と、スポーツデー終了後に起こった出来事が楽しかった!」のです。笑

スポーツデー終了後、「お腹空いた!ごはん食べたーい!」としきりに言うムスコに、

↓家から作って持ってきていたおにぎりを食べさせていたんです。


ピクニック用?のテーブルとイスがあったんで、そこに家族三人で腰掛けてひっそりと。

そうしたら、クラスメイトのママさんの一人が私に向かって「Coco、こっちに来て!」と言うのです。
てっきり私は「写真撮って~」と頼まれたんだと思って、カメラ撮る?というジェスチャーをしながら席を立ったのですが、

「違う違う、こっちに来て一緒に遊びましょうよ!」という、お誘いだったのですー!!
(っていうか、ママさん達が私の名前を覚えていてくれたことも、実は嬉しかったです。)

というわけで、

↓ムスコもみんなの輪に入れてもらい、大はしゃぎ!






クラスメイトのみんなも、そのお兄ちゃんも、「ムスコ~!」と声をかけてくれて、みんなでかけっこしたり砂遊びしたり、とっても楽しそうでした。

一点、ムスコがあくまでも日本語で押し切ってたのには、衝撃でしたけどね!
「みんなぁ~チョコ持ってきたよぉ!はい、どーじょ?」とか言いながら、みんなにチョコを配ってたり、「Vちゃん、何してるのぉ?」とか話しかけたり。
幼稚園に通って少しはスペイン語で会話できるようになってるのかなぁ~とか思ってたので、ガックリ(笑)でも、そんなムスコもまた可愛かったです。んふ。

そして大人たちは、

↓お菓子&ジュース&ビールタイム!


スペイン語勉強中の私たち夫婦にも分かるようなスピードで話してくれたり、日本のとこや私たち一家についても色々質問してくれたり。
とにかく輪に入れてくれようとしているみんなの心遣いが、本当にありがたく嬉しかったです。

なんというか、

「こうやって親同士が仲良くなることって、ムスコが子供達の輪に入る上で大事なことなんだなー」と。
実感したというか、体感したというか。とにかく、本当にそう感じました。

いつも幼稚園の送り迎えの時に会うだけだと、なかなかアルゼンチン人ママ達の輪に入っていけず右往左往?するばかりで。
今回こういうイベント事の後に、たっぷりある時間の中でじっくりおしゃべりできて、アルゼンチン人ママ達と一気に打ち解けられたように思います。

そのためだけでも、今回スポーツデーに行って良かった!!!
心の底から、そう思いました。

アルゼンチンでの子育てや幼稚園学校事情、ママ友付き合い事情についてはまだまだ分からないことだらけではありますが、分からないなりにも今後ももがき続けてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する