アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

我が子の教育を考える【その5】

今さら感が否めませんが。

また少し、幼稚園探しのお話をしてみようかと思います。

ムスコの新しい幼稚園も無事に決まり、私自身、途端に気が抜けてしまったこともありまして。
でもひょっとしたら、いつかどなたかのお役に立つかもしれないので、情報は載せておこうと思いました。

さて、我が家が、

幼稚園、というか高校までの教育を含めた学校探しをするにあたって、学校選びの基準として考えたのが・・・

「International Baccalaureate(国際バカロレア)という資格が取得できるかどうか」ということでした。
※国際バカロレアに関する説明は、コチラ⇒国際バカロレアについて(文部科学省) / 国際バカロレア(Wikipedia)

一言で国際バカロレアと言っても、子供の年齢応じてまた細かく資格が分かれるようで。

とりあえず、私たち夫婦が考えたのは、「DP(Diploma Programme)」という資格が取得できるコースがあるかどうかです。
16~19歳を対象とした2年間のプログラムで、簡単に言うと、国際的な大学進学のためのプログラムという感じでしょうか・・・

例えば、仮にムスコがアルゼンチンの高校を卒業した後、「僕は日本の大学に入学したいんだ!」と言い出した場合、

日本での高等教育を受けていないムスコが日本の大学に入学するためには、
①「大検」に合格したのちに日本の学生と同様の大学入学試験を受けて入学するか、もしくは、②「留学生」として通うか。の二つの選択肢しか有りませんが、

「国際バカロレア」のDPを取得すれば、
(まだ入れる大学は限られているようですが)大検を受けること無く、国際バカロレア入試によって入学することができるそうなのです。

※日本では、2015年の時点では17大学が国際バカロレア入試を導入してるんだとか。
まだまだ数は少ないですが、今後も増えていくようですね。

と、日本の大学への進学を例に挙げましたが、
日本に限らずアメリカ、イギリス、カナダなどといった国々への進学にも適用できるみたいです。
(国によって、DPの他にも試験を受けなければいけなかったりするようです。)

↑色々とWikipediaさんの力を借りつつ(笑)、ごちゃごちゃ書きましたが。

とりあえず、ひとつの選択肢として「国際バカロレア(DP)が取れること」ということを基準に置いて、学校探しをしました。

ムスコが3月から通う予定の学校では(というか、どこの学校もそうなのかも?)、
高校時における国際バカロレアプログラムは必須科目ではなく、希望する生徒のみこのプログラムを受けることができるというもののようで。

ひょっとしたら、ムスコが高校生になった時にこのプログラムに全く興味を示さないという可能性も、当然ありますが・・・
(そうなったら、ほんと私たち夫婦の空回りですよねー笑)

でもまぁ「プログラムを受けたいのに受けられない!」といった環境よりは、「受けたいなら受けられる、受けたくないなら受けなくてもいい」という環境の方が、断然ムスコにとっては良いような気がしたもので。

ムスコが必要とするかしないかはまだ分かりませんけど、与えられる機会は最大限に与えてあげたいと思うのです。

ちなみに、

この国際バカロレアという資格。

英語でしか取得できないと思って思っていたのですが、実は、スペイン語、フランス語も、公式教授言語として認定されているそうですよ。
(しかも、今後は新たに言語も増えるとか何とか・・・?)

長くなってしまったので、今日はこの辺で。
また機会があれば、書きたいと思います。

参考までに、

↓国際バカロレアを取得できる学校を検索できるサイトをご紹介~
Find an IB World School

アルゼンチンだけでなく、世界中の学校から検索できるみたいですよー。
他にも国際バカロレアに関する情報が盛りだくさんなサイトなので、興味のある方はぜひご覧あれ。

【関連記事】
我が子の教育を考える【その1】
我が子の教育を考える【その2】
我が子の教育を考える【その3】
我が子の教育を考える【その4】
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する