アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

あれこれの記録

昨日も、まだ慣らし期間ということで朝8時半~10時までの短縮時間でした。

本当は慣らし期間中は夫婦二人でムスコを送って行こうと考えていたのですが、昨日は午前中に私に所用があり、ムスコを送るのはShuちゃんに任せて家から送り出したんです。
初日に保護者も参加してのアクティビティを教室でやったんで、まぁ昨日は何も無いでしょ~と思って。

で、ちょうど私の用事が終わり、そろそろお迎えに行くかーと家で準備をしていたら、Shuちゃんから携帯に電話が。

「今日も慣らし期間ってことで、保護者が残ってみんなで色々やってる」とのことー!えー!!笑

どうやら、教室内には保護者は居残らなかったものの、
クラスが終わるまでの間にカフェかどこかで待機しつつ、子供達のために(?)保護者達が制作物を作る、というアクティビティがあったそうなのです。

新しい環境で不安な子供達に、「ママ達にはお外でこれを作っていてもらいましょうね~(ママ達は近くに居るから大丈夫よ~)」ということで、子供達を安心させるのが目的かな?という感じです。

というわけで、本当ならムスコを幼稚園に送った後すぐに会社に向かうはずだったShuちゃんが、アルゼンチン人ママさん達に混じってカフェでお茶しながら制作物を作ってくれたそうです。笑

ご、ごめんよ、Shuちゃん~!!
でも、ありがとうー!

Shuちゃんがそのアクティビティに参加してくれたおかげで、我が家の自己紹介もできたみたいですし、輪に入り遅れずに済みました。
まぁ、本当なら私が参加したかったところですけどね(泣)そういうところにはどんどん入っていって、私自身もママさん達の中に馴染みたいですし・・・

私もShuちゃんから電話をもらった後すぐに幼稚園に向かい、少しでもアクティビティに参加しよう!と思ったのですが、幼稚園に着いたのはピッタリちょうどお迎え時間。
結局、少しもアクティビティには参加できずに終わりました。お迎えの時に少しママさん達と話した程度でした。ちーん。

でもでも、仕事に遅れてまでShuちゃんに参加してもらって、本当に良かった!!!

whatsappのママグループにも加えてもらえたので、ひと安心です。
早速もうwhatsapp上では「ねぇ、○○○って、どんなのを用意すればいいの?」とか、「あのプリントを無くしちゃったんだけど、誰か写メ撮って送ってくれない?」とかいう会話が飛び交っております。ふふ。

↓Shuちゃんの作品は、連絡ノートの表紙になって返ってきました~

なんか滲んでる~

昨日は幼稚園がある階にあるパティオで、身体を動かして遊んだみたいです。

↓幼稚園やだ!と言うムスコも、ここだけは楽しかった模様。




けっこう広めのパティオがあります。

幼稚園階から見下ろすと、

↓小学校以上の学年の子供達が運動する姿も見れました。


ゆくゆくはムスコもあそこで運動するようにもなるのかなぁ~とか妄想しちゃいますね。

帰り道には、

↓通園用にミニオンズのリュックを買いました~


正直、通園用のリュックは去年の使い回しでいっか!とケチ根性で考えていたのですけど。笑
どうせ幼稚園も変わったんで、周りの人にも「ムスコ、古いリュック使い回してる~!」とバレずにいけますし。笑

でも、新しい幼稚園の連絡ノートが前の幼稚園のものよりも少し大きいせいで、去年使っていたリュックに入り切らないことが判明したのでしたー。
ということで、やむを得ず、新品を購入。できれば今度日本に帰った時に新しいのを買いたかったんですけどねぇ。仕方ない。

なぜかミニオンズなのが不思議。カーズでも無く、アイロンマンでも無く。
「ミーニョンが良い!!!」と、妙にスペイン語風の良い発音で熱烈におねだりされまして(笑)

ちなみに、アルゼンチンの子供は通園通学用に、可愛いキャラクターのリュックを背負う場合が多いです。

ムスコに買ってあげたようなリュックタイプのものや、

あとは、

↓こんな風な、キャリーケース兼背負ってリュックにもなるというタイプのバッグを持つ子も多いです。


アルゼンチンに移住してきたばかりの頃、このキャリーケースタイプのバッグで通学している子供を見て、ちょっとビックリしたのを覚えています。
日本で育った私としては「通学カバンは背負うもの」という概念があったので、旅行に行くみたいにガラガラと引く光景が新鮮でした。

まぁ、このタイプのバッグはあんまり背負い心地が良くないそうなので、私はムスコには今後も買わないかもなーと思っています。
なんか、やっぱり通学カバンはちゃんと背負ってほしいですし。日本人的ですが・・・

そして今日は、

↓新品のミニオンズのリュックを背負い、Shuちゃんに肩車してもらって登園~


↓腕のところにクラスの色のリボンを縫い付けるようにとの指示があったので、付けてみました。


ムスコはオレンジ組なのでオレンジ色。
Shuちゃんと二人で、せっせと制服に縫い付けました。あんまり上手じゃないのでお恥ずかしいですが。

このクラス色のリボン、名案だと思いました!

送り迎えの時なんかに色々な学年やクラスの園児達であふれかえっているホールで、どの子がムスコのクラスメイトなのかが腕を見れば一目瞭然なので、クラスメイトを見つけて近寄って行って「Hola!」と挨拶したりできるのです。

そして、

今日のお迎えの時には、私が幼稚園に着いた時には既にクラスメイトのママさん達の輪がいくつか出来ていました。

前の幼稚園の時にはモジモジしてしまい積極的には輪に入っていけず、なかなかママさん達との距離が縮まらなかったこともあったもので。
今回は過去のそういった反省点を活かし、自分からひとつの輪に入っていってみましたっ。「Hola~まだ子供達は出てきてない?」とか言いながら、笑顔でシレーっとススス~っと。

きっと最初が肝心ですもんね、こういうのって。
ママさん達にも笑顔で受け入れてもらえ、話している内容はイマイチ分かりませんでしたが、「フムフム!」と一生懸命聞いているアピールだけはしときました。笑

↓エレベーターホールにて、私を見つけて思わず立ち上がるムスコ。


帰宅後は、分からないことをwhatsappでみんなに質問したりもしてみました。
妙にドキドキしちゃいましたけど、色んなママさん達から質問に対する意見やアドバイスなどが返ってきて嬉しかったです!

実はwhatsappに関しても、前の幼稚園の時には最初の時期に全く発言をしなかったせいで、後々になってもみんなに聞きたいことがあってもなかなか声を上げることができなかったという反省点があったのでした。
なので今回は、最初っから「みんな!私、分からない事があるの!教えて教えて!!」というスタンスで行こう!と決めていきました。

最初にそういう雰囲気を自分から作っていくのって、とっても大事なことなんだなぁ~と。去年の経験からも強く感じていたので、ムスコの転園をキッカケに、新しい自分を出していってみよう!と思っている今日この頃です。

同じ環境に頼れる人がいるとベッタリ頼ってしまうタイプなので(←ダメですよねぇ。トホホ。)、今の環境のように近くに頼れる日本人がいないという環境の方が、私自身が自立(?)してやっていくには良いのかもしれませんね。

ストレスで爆発しない程度に、自分らしくマイペースに頑張っていこうと思います。

以上、新しい環境で感じたあれこれでした。

ツラツラと書いてしまいました。
いつの日か、自分がこれを読み返した時に「こんな日もあったっけ」と思い出せるかな~
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する