アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

ドタバタ!「ブエノスアイレス国際書籍展」体験記。

Feria Internacional del Libro de Buenos Airesに行ってきました。

Shuちゃんが仕事の関係で招待状をいただいてきまして。
ちゃっかり私の分も招待状をいただけたので、Shuちゃんの後ろに引っ付いて家族で行って参りました~

が、しかし!ちょっとした問題が・・・

↓左側の小さいのが私の、右側の大きい白いのがShuちゃんの招待状だったんですけど。


Shuちゃんが日本大使館からいただいた招待状は、Día del Japónの30日のみ有効のものだったんです。
でも、私がついでにいただいた招待状は、なんと平日の月曜~木曜の間に有効のものとのことっ。(ちなみに我が家が行った昨日30日は、土曜日。)

さらに、恥ずかしいことに、
この事実に気付いたのが、会場入口でチケットをチェックするお兄さんにチケットを渡した時だったのですよう。

招待状を持って、Shuちゃんと一緒に自信満々に(?!)入場しようとしていた私とムスコ。恥ずかしーっ。
(っていうか、ムスコはそもそも無料で入れるんで、恥ずかしいことしてたのは私だけか。はわわわ。)

チケット係のお兄さんに「この招待状じゃ今日は入れないよ。」と言われ、初めて気付いた私たち夫婦。
「えっ、あれ?そうなの?!えー!!」っとドギマギしていたら・・・

チケット係のお兄さんが、「もう~!こっちの(Shuちゃんの)チケットは既に読み込んじゃったから、もう良いよ!君も入っちゃいな!」と。

ちょっと呆れ気味でしたけど、なぜかShuちゃんのチケットで私まで入れてもらえましたぁ~!笑
咄嗟に頭の中で「私の分だけお金払ってチケット買わなきゃ」とか思ったのにー。お兄さん、ありがとうー!

Shuちゃんのチケットはもう読み込んでしまったため、また一回会場を出て私の分のチケットを買って再入場させるのが面倒だったのと、
あとは夜だったのでムスコが抱っこで寝てしまっていて、ちょっと大変そうに見えたおかげで「まぁ、いっか。」と思ってもらえたようです。

そんなアルゼンチンのユルさ、たまりません。笑
役所の手続き関係ではこのユルさに大変な思いをすることは多いものの、こういう時にはついつい感謝しちゃいますね。ふふ。

さて、そんなわけで会場へ無事に(?)入れた我が家。

Shuちゃんは、ちょっとしたお仕事(というか、お手伝い?見学??)があったので、
私は、せっかくなんで会場内をムスコと二人でブラブラ。 というか、むしろこっちが私の本当の目的・・・

2年前にも一度、このイベントにはお友だちと一緒に行ったんでしたっけ。懐かしい~!
あの時はムスコに恐竜のフィギュア付きの絵本を買ってあげた記憶があります。

さて、今年は、

↓会場はこんな感じでした。 (写真のセンス無くてすいません。)








↓作家さんのサイン会があったり。


↓2年前と同じスヌーピーがいました。


でも、眠りから覚めたムスコは興味無し。可愛いのにな。
なので写真に写っているのは、全く知らない人です~

↓日本のブースもありましたよ~!「YOKOSO! JAPAN」!


↓ムスコさん、いつもお世話になっているアルゼンチン人に抱っこされてました。


途中、外に出てひと休み。

↓正座でアンパンマンラムネを食すムスコ。


そして、

今年もいました!

↓村上春樹さん(の写真)


↓村上春樹さんの本も!


↓よく見たら、村上春樹さんの作品だらけ~!!欲しい~~~!


一冊欲しかったのですけど、「日本で日本語の本を買って読んでから、スペイン語版を買った方が良い!」というShuちゃんの説得に負け、断念。
実は私、読書は好きなくせに、これまで一度も村上春樹さんの作品って読んだことが無かったのですよねぇ。今度日本に帰ったら一冊買うぞー!

で、本当は、私たち夫婦のためにスペイン語(アルゼンチン弁)の文法書というかテキストが欲しかったんです。
日本で売られている参考書とかNHKの講座って、やっぱりアルゼンチンで使われているスペイン語とは違う部分も多いので・・・

アルゼンチンのスペイン語専門のテキストを買って、家でも勉強したいなぁ~と思ったんですけど。

ムスコの「もう帰ろう!早く帰ろう!」コールが凄くて凄くて。全然ゆっくり会場を見ることができず、諦めました。悲しい。

やっぱり、3歳児を連れてはこういう場所でゆっくりするのなんて、不可能ですよね。
すごく規模の大きなイベントなので、少し歩いただけじゃどこにどんな本があるのかを判断するのも無理ですし。

来年になったら、もう少しはムスコと一緒にゆっくり見て回れるようになるんでしょうか・・・はぁ。

それでも唯一買えたのが、

↓コレ!2年前に引き続き、また恐竜の本~!笑


なんとこの本、ちょっと古風な作りの3Dメガネ付きでして。



メガネをかけて本を開くと、本の中の恐竜達が飛び出て見えるという代物っ。

会場内にて展示品をムスコに見せてみたところ、ムスコがすごくビックリして食いついてきたんです!本に手を伸ばして恐竜を触ろうとしたりとかして。笑

なので、大喜びでこの本を買ったのに・・・

家に帰った途端、

まさかの無関心!!!やられたー!笑

ほんと、ほんのちょと3Dメガネをかけただけですぐにポイっとしてました。
せっかく買ったのにー。会場でのあの喜びようは一体何だったんだー。もうー。

まぁ、綺麗に保管しておけば、もう少しムスコが成長してからまた興味を持ってくれるかもしれませんしね。

以上、最初から最後までドタバタな2016年のFeria Internacional del Libro体験記でした。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する