アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

アルゼンチンにも、「子ども手当て」の制度があります。

アルゼンチンにも、「子ども手当て」の制度があります。

実は我が家、2年前にもこの制度に申し込もうとトライしたことがありまして。

2年前に申請しようとした際には、「外国人は申請できるか分からない」「子供がアルゼンチン国籍なら申請できる」等など、役所の人の言うことが二転三転し。
最終的には、「アルゼンチンに3年以上住んでいないと給付対象にならない」と言われ、申請できずに終わったのでした。

そこで今回、アルゼンチン国籍を持つムスコが3歳を過ぎたこともあり、「もう3年以上住んだと見なされるだろう」ということで。

事前に予約を取って、役所へ行ってきました~(←Shuちゃんが。)
※今日行った役所も前回と同じANSESというところで、申請したのはAsignaciones Familiaresという制度です。

ちょうど偶然にも、昨日のスペイン語の授業でこの制度の話題が出たので、先生に尋ねてみたところ、

Asignaciones Familiares⇒正社員として働いている人が対象
Asignación Universal por Hijo⇒失業者(世帯収入が無い)が対象

と言っていましたよ。ざっくりですが。
「旦那さんが正社員で働いてるなら、早く申請すべきだよ!」と、先生にも強く奨められました。

そして今日、ShuちゃんがANSESへ行った結果、ビックリするほどスムーズに申請が済んだそうです。意外!笑
しかも、Shuちゃんが正規雇用になった時点まで遡って、過去の分も一括で支給してくれるとのこと。

っと、ここでふと気づいたんですが。

Shuちゃんが正規雇用になったのって、

我が家がアルゼンチンに住み始めてから、3年“未満”の時なんですけど!
(冒頭にも書きましたが、2年前に申請しようとした時は「3年“以上”住んでいないとダメ」と言われたんです。その時は雇用形態について何も言われませんでしたし。)

・・・

はい、でたー。

アルゼンチン式、「役所の人の言ってることが、人によってバラバラ」事件!
結局何が本当なのかは、いまだに分かりません。笑

なので、この記事をご覧になって子ども手当てに興味を持たれた方も、『必ず』一度はご自身で給付条件を確認してから申請に行くようにしてくださいね。

まぁ、今回我が家が申請できた条件を考えると、「3年以上住んでいなくても、正規雇用として働いているという証明さえできれば、給付される」ということかなー。

ここで、今回子ども手当ての申請で必要だった書類・手順などを、簡単に記載しておくことにします。

【用意した書類】

・家族全員分のDNI (原本、コピー)
・ムスコの出生証明書 (原本、コピー)
・certificado de CBU (口座振込みのための、銀行による本人確認証明書)←口座のある銀行に行って発行してもらう。


【行った手順】

①ANSESの予約を取る
②必要書類を揃える
③ANSESの受付にて、予約票を見せる
④指示された窓口へ行き書類を提示し、申込書に必要事項を記入・提出する

以上です。
DNIの手続きなどに比べたら、かなりラクでした。

日本の子ども手当てと比べたら金額も全然少ないですし、「これで贅沢な暮らしができるぞ~!」と喜べるほどの金額でもありませんが、
それでもアルゼンチンの子ども手当てに興味のある方に参考にしていただければ幸いです。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する