アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

幼稚園のうちから国の歴史を学ぶ

今日は、幼稚園でサン・マルティン将軍に関する発表会がありました。

椅子に座って発表会が始まるのを待っていたら、

↓ぞろぞろと子供達が。


サン・マルティン風の帽子をかぶってました~みんな可愛い~!

※今回もアルゼンチンのスマホで撮影したので、画質が悪いです...

私たち夫婦は割と前の席に座ることができたので、入場してくるムスコとバッチリ目が合いまして。
パパとママの存在に気付いたムスコさん。

↓すごいこっち見てました。笑


まずは、アルゼンチン国歌の斉唱から。
アルゼンチンの国歌って、やたら前奏が長いですよねー。ふふ。

私も歌えるようになりたいなー。せっかくアルゼンチンに住んでいることですし。
せめて、歌詞を覚えて意味を理解するだけでもしておきたいものです。

さて、ここ最近はクラスでサン・マルティンさんについて学ぶ時間が多く設けられていたようで。

「サン・マルティンさんは、何をした人ですか?パパやママに教えてあげましょう~」
という問いかけに対して、子供達が自分なりの表現で説明をしたりしていました。

その後、サン・マルティンさんと娘さんとの人形劇があり、娘にあてた格言に関するお話をしたりしてました。

保護者達が作った課題(格言に関する課題でした)も、

↓全員分が壁に貼り出されていて、

(恥ずかしいーっ!!スペイン語間違えてたらどうしようー!笑)

子供達にも先生から「サン・マルティンさんは娘に何て教えたんでしたっけ?」と聞いて、答えさせたりしていました。

こういう光景って、日本とは違って新鮮だなーとすごく感じました。

日本だと、幼稚園の頃から日本の歴史上の重要人物について学んだり、課題が出たりすることって...たぶんあんまり無いですよね?
まぁ、当然それぞれ国の歴史が違うので、日本で同じようなことをするのは難しかったりするのかもしれませんが。

こうして自分の国の成り立ちというか、どんな人がアルゼンチンの国のために闘ってきたのかということを小さいうちから学ぶという点が、とても興味深かったです。
(Shuちゃんと二人で「もし日本でこういうことを幼稚園で教えるとしたら、誰について教えるだろうか?」という話になったりもしました。)

そしてその後は、最近のサン・マルティンさんに関する幼稚園内での子供達の活動(?)が、動画で上映されました。

ムスコもチラホラ映っていて、ホッとしました。
ちゃんと課題に取り組んだりしている姿が見れたので。

最後に、子供達がサン・マルティンさんの歌を合唱して終わりました。

ムスコ、ちゃんと歌えてるかしら?とちょっと心配でしたけど、帰宅後に私とShuちゃんの前で少しだけ歌って聞かせてくれました!
うーん、スペイン語がまだ十分じゃない中でも、頑張って色々なことに取り組んでいるんだなぁ。と、ジーンときました。

ムスコとクラスメイトのお友達との絡みも見れたりして、私にとってはすごく新鮮で有意義な時間でした。

関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する