アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

内臓

先日、アルゼンチン牛の内臓の美味しさに目覚めた我が家。

もっとヘンテコな内臓を食べてみたい!!

ということで。
今回買ってみたのがコレ!

rinon.jpg

見た目のグロテスクっぷりは半端ないです。
私は5秒以上凝視できません。

しかも、買った時点では、これが牛のどこの部位なのかすら分からず。
もちろん調理法だって知りませんでしたけど、
怖いもの見たさというか…「食べてみたい!」という好奇心が勝ってしまいました。

帰宅して辞書で調べてみたところ、なんと腎臓とのこと!
人間や豚の腎臓は見た目はがツルっとしてるそうですが、
牛は写真のようにボコボコしてるらしいですよ。

さて、肝心の調理方法はというと。

インターネットの料理サイトで探してもレシピが出てこない!!
そりゃそうですよね~日本のスーパーで牛の腎臓なんて見たことないですもの。

とりあえず、ハツの時と同様に下味を付けて焼くことに。

CIMG2681_convert_20121127095207.jpg

やっぱり焼いたらビックリするほどちっちゃくなっちゃいました。

腎臓なのでアンモニア臭かったりするのかしら?と思ったのですけど、
意外とそんなこともなかったです。

というか、むしろ淡白であまり味がしなかったです。
歯ごたえは内臓っぽい感じで良かったですけどね~

アルゼンチンには、日本ではなかなか見かけないような部位が売られていて面白すぎます。

次はどんな内臓を買ってみようかなー♪

関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する