アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

『酔っぱらいの木』のお花が綺麗です

ブエノスアイレスのいたるところに生えている、

↓こんなトゲトゲの木、


↓『palo borracho(酔っぱらいの木)』の花が綺麗です!

(この写真だとあんまり見ごろ感が出ていませんが、木によっては満開なんですよ~!)

↓公園や歩道など、本当に色々なところに咲いていますよね。




ちなみに、和名は『トックリキワタ』と言うんだそうで。
花が落ちて実ができると、実の中のフワフワな綿が飛び出てきて、辺り一面が綿だらけになります。

↓過去のブログでも綿について書いたことがありました。


この写真を撮った時(2013年10月)は、まだこの木が何て言う木なのかも知らなかったんでしたっけ。
Shuちゃんと二人で「あの木何だろう~?綿がなってるよ!」とか話していた記憶があります。懐かしー。

↓これは2015年の写真です。綿が地面にいっぱい落ちています。


幹がトックリ状に膨らんで、実から綿が出るから、トックリキワタなんでしょうかね?きっとそうですよね。

このフワフワ綿に対してアレルギーを持っている人も多いそうで、「今年も綿の季節がやってきた!」と嫌がる人もいるんだとか。
私は花粉症を含めほとんど何に対してもアレルギーを持っていないので、全然へっちゃらですー!えへへ。(私のアレルギーはたぶんトロロだけです。)

さて、現在お花が綺麗に咲いている、酔っぱらいの木ですが。

先日公園に行った際、

↓ムスコが「はい、ママにお花あげる!」と持ってきてくれました!


ママはお花が大好きだと思っているムスコは、「僕、今度ママにお花あげるね!」「ママお花大好きだもんね!」「お花プレゼントしてあげるね!」と常々言ってくれていまして。

ついにそれが実現したのでした~!嬉しい~!!

↓家に持って帰って飾りました。


もちろん私はお花が好きですが、ムスコもお花を観察するのが好きなのです。

花に蜜蜂が数匹群がっていたので、「花には蜜があって、蜜蜂が来て蜜を取ってお家に持って帰って、ハチミツを作るんだよ。それをもらってきて、ムスコが食べてるんだよ。」と教えてあげたところ、
これまで何気なく食べていたハチミツと、蜜蜂とお花との関係性に感激(?)したらしく、「蜜蜂さんにお花あげるよ!おーい、蜜蜂さーん!」と呼びかけて花を差し出し、蜜蜂が来てくれるのを待ってみたり。笑

花の構造にも興味津々で、「花が咲いて散ったら種ができて、種が地面に落ちたらまた芽が出てくるよ」というような話や、地面に落ちたお花を分解して「へぇ、お花の中身はこうなってるんだね!」と観察するのも大好きです。

ブエノスアイレスは都会の割に自然と触れ合える場所が多いので、ムスコと一緒に実際にお花や昆虫を観察できて楽しいです。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する