アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

溢れる優しさが口論を引き起こす?

これまでもブログで触れたことがありますが、アルゼンチン人は妊婦や子連れ、お年寄りにとても優しい国です。

ムスコを出産する前からムスコが赤ちゃんの頃もずっと、バスなどの交通機関機関を利用する際には必ずと言って良いほど席を譲ってもらえていました。
時にはムスコ一人のために「ここに座って!」と何人もの人が席を譲ろうとしてくれたり。バスの乗り降りの際にも、ベビーカーを下ろすのを手伝ってくれたりと、本当に優しいです。
※ただ、親切を装って財布を盗るような輩もいるので気をつけないよいけませんが!(お友達が経験した事例⇒治安が悪いお話)

そんなこんなで、アルゼンチンに移住してきてからというもの、席を譲ってもらえて大変ありがたい思いをしながら過ごしてきたわけですが。

4歳を過ぎたあたりから、席を譲ってもらうには“微妙な”お年頃になってきたムスコさん。

席を譲ってくれる人もいれば、誰からも「ここに座って!」と声をかけられないことも増えてきました。

私としては、もう4歳ですしこれまで十分過ぎるほど席を譲っていただいてきたため、最近は「譲ってもらえる」という気持ちは捨ててムスコにも「もう大きいから立とうね」と教えるようにしています。(空席がある時はムスコを座らせてあげますが。)

で、

つい先日も、ムスコと二人で乗ったバスが満席で立っている乗客の方も沢山いるような状況だったため、私はムスコに「立って乗ろうね」と言って立っていました。

するとしばらくしたら、後から乗ってきた女性が立っているムスコを見るなり、
「ちょっとあなた(←私)、誰かに声をかけて席を譲ってもらいなさいよ!」と言ってきました。

咄嗟の出来事だったので「この子はもう大きいので」とか何とか言おうと考えていると、その女性(A)と近くの席に座っていた女性(B)が以下のような会話を始めてしまいました~!

A:「ちょっと!この子立ってるんだから譲ってあげなさいよ!」

B:「そんなこと言ったって、気付かなかったんだから仕方ないでしょ!このママ(←私)だって何も言ってこなかったんだから!」

A:「それでもこの席(←優先席でした)に座ってるんだったら、新しく乗客が乗ってきた時に譲ってあげなきゃいけないかどうか確認するべきよ!」

その後、ちょっと早口過ぎて私には理解できませんでしたが、しばらくの間口論っぽくなってしまったのでした・・・汗

私を間に挟んだ状態で!!!き、気まずい~!

Aさんが気が済んだらしく話すのを止めた後も、BさんはしばらくAさんに対して文句を言い続けていましたし。

「なんか、ムスコのためにすいません」という感じでした。

でも口論にはなりつつも、Bさんもすぐにムスコに席を譲ってくれ、本当にアルゼンチン人の子供に対する優しさをヒシヒシと感じました。そして、丁重にお礼を言ってムスコを座らせました。

Bさんも席を譲りたくなかったわけでは決してなくて、ただ強めの口調で指摘されてしまったことと、「気付かなかったんだもの!」という気持ちから、Aさんに言い返してしまったのかなーと思いました。

時にはこんな風にやさしさが有り余って口論みたいになってしまうアルゼンチン人ですが、子連れで移動したりする際にはみんなに気遣っていただけて本当に助かっています。

これからは、ムスコに「赤ちゃんやお年寄りが乗ってきたら、席を譲ってあげること」ということを教えていかなくてはいけない番ですね。
これまで譲ってもらってきた感謝の心を胸に、ムスコにもスッと席を譲ってあげられる人間に育って欲しいなぁと思います。

二日連続で文字のみのブログになってしまいましたー。
また明日からは、画像なども載せて書いていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する