アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

会員登録してきました

日亜学院の図書館で、会員登録をしてきました!
(図書館のお話はコチラ⇒読書好きな在亜日本人の皆さま、朗報ですよ~!)

↓会員カード


申込書を提出して年会費を支払ったら、すぐに登録が完了しました。

そして、今回借りたのは、

↓この2冊!


小説の方はShuちゃん用で、宮部みゆきさんの『火車(かしゃ)』で、
絵本はムスコ用に、宮西達也さんの『にゃーご』を借りてみました。

ちなみに絵本の方ですが、

借りる時に「なんか作者の方の名前、どこかで見たことあるような?」と思っていたのですけど。

↓うちにある絵本の作者と同じ方でしたー!


しかも泣けるやつ!!以前ブログでもご紹介していました。
(コチラ⇒読んであげているうちに泣けてくる絵本)

偶然にも同じ作者の絵本を選ぶなんて、ご縁を感じます~

そして、つい先日読んだ宮部さんの本がとっても面白かったので、火車も楽しみです!
貸出期間が2週間だけなので、今回はShuちゃんしか読めないかな?という感じですが、年会費を払っているのでまたいつでも借りられるのが安心です♪

以上、本を借りたお話でした!

今日は体調を崩してしまったので、とっとと寝ます~

◆おまけ◆

↓散髪しました!


バリカンが大嫌いなムスコの、いかにも嫌そう~な顔がすごいです。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

海外で読むと感慨深い小説

Cocoさん

いつも拝見しています。
海外で生活すると、日本語の活字に飢えてしまいますよね。
ネットで小説が読める時代ですが、本を手に取って読めるのは、海外にいると贅沢ですよね。
昔、長期で海外に滞在した時に、読んでじんと来た本、Cocoさんにも勧めます。五木寛之のソフィアの秋です。置いてあるか、分かりませんが、あれば手に取って見てください。

Izumin | URL | 2017-06-14(Wed)07:30 [編集]


Re: 海外で読むと感慨深い小説

Izuminさん
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
ネットで小説や漫画など読めても、実際に本を手に取って読む方が読んだ気になれますよね。
アルゼンチンですとバスの中などでタブレットを使って読書をするのは、安全の面でもなかなかできませんし、やっぱり読書は実物の本の方が良いです!

本を紹介してくださって、ありがとうございます。五木寛之のソフィアの秋、今度図書館で探してみたいと思います。
私は読書は好きなのですが、あまり幅広い知識がないので、こうして面白い本を教えていただけるのは有り難いです。
ぜひまたお勧めの本がありましたら、教えてくださいね!

CocoFuru | URL | 2017-06-15(Thu)00:29 [編集]