fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

『この鳥なんだろな?』シリーズ・第2弾

突然ですが。

ブエノスアイレスにお住まいの方なら、きっと一度は『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』という鳥の鳴き声を聞いたことがあるのではないでしょうか。

私、ついに解いてしまったんです。長年(っていうか5年)抱き続けてきた謎を...!

ちなみに、以前『Zorzal Colorado』という名前の鳥についても、同じように謎が解けてスッキリした!といったブログを書きました。(コチラ⇒4年越しの謎が解けた~!スッキリ!!)
↑この鳥は「ピ・ポ・パ~」という感じの鳴き声で、それを4年もの間、電子音だと勘違いしていたのでした。

そんなわけで今回は、『この鳥なんだろな?』シリーズの第2弾となります。

なんていうか、日本に住んでいれば、「ホーホケキョ」と鳴けば「あぁ、ウグイスが鳴いてるわ」と思ったり、「カーカー」と鳴けば「カラスが近くにいるなぁ」といった感じに自然に判断できちゃいますけど。

ここアルゼンチンに住んでいると、日本で暮らしていた時には一度も耳にしたことのなかった鳴き声に出くわすことが多く、「この鳴き声、よく聞くけど何なのー!?」っとモヤモヤする機会も多いのです。お国が変われば日頃耳にする鳥の鳴き声までも違うのですね~

さて、そんな私がアルゼンチンに来てからずーっと気になっていた、『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』と鳴く鳥。
なんとも言えない、間の抜けたような、日本に住んでいた時には一度も聞いたことのなかった鳴き声の主を知りたくて知りたくて...

ネットで『ピーポッポピー 鳥 名前』などで検索したりもしたのですが、もちろんヒットせず。笑
5年もの間モヤモヤし続けてきたのですが。

先日、ムスコと二人でアルゼンチン自然科学博物館へ行った際、ついに『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』の正体が判明したのでした~!
(その時のお話はコチラ⇒またまた行ってきました【アルゼンチン自然科学博物館】)

博物館の2階にある、

↓『ブエノスアイレスで見られる鳥』みたいなコーナーにて。


鳥それぞれの写真の隣にボタンがあり、ボタンを押すと鳴き声が聞けるようになっていたので、鳥に興味のないムスコが別の場所に行きたがるのを必死に留まらせて、片っ端からボタンを押しまくった結果、

『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』の正体は、

↓この鳥であることが判明したのです~!




って、

ハトかよーっ!!!

長年抱えてきた謎の鳥の正体が、まさかの『ハト』だったのことに、ちょっぴりガッカリしました。笑
だって~ハトってそこら中にいますし~正直、いっぱいいすぎてジャマだなーと思ったりもしますし...

この『Paloma picazuró』、日本語では『アカメバト』と呼ばれるそうで。

↓こんな鳥
325-3.jpg

↓南米のこの辺に生息しているそうですよー。
mappicazuro.gif
(参照:Aves de Argentina)

それでは、満を持して、

↓お聞きください!『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』をっ!


どうりでブエノスアイレス中のいたる所で聞こえてくる鳴き声だと思ったら!ハトなら納得!という感じです。
ハトはハトでも、(たぶん)南米にしか生息しないハトだという点では、「そりゃ~日本で生まれ育った私からしたら『ハト』だとは思わないわ!」と、また更に納得でした。

個人的には、5年もの間モヤモヤしてきたからには、もっと変わった鳥だったら良かったのになーとは思ってしまうのが本音ではありますが。
でも、鳴き声の正体を知れて、すごくすごくスッキリしました!

以上、『ピーポッポピー♪ピーポッポピー♪』の鳥のご紹介でした~
ブエノスアイレスにお住まいの方、旅行にいらっしゃる方は、ぜひ一度耳を澄まして鳴き声を聞いてみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト





【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する