fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

けっこう細かい!幼稚園の通知表

先日、幼稚園にて学期末の保護者会があり、

↓通知表をもらってきました。


ムスコの幼稚園は学期ごと(前期・後期)に細かく色々な項目を評価され、通知表として親に渡されます。
まだ年中なので、評価が悪いからといって落第するということはありませんが、でもやっぱり毎回ドキドキします。

というわけで、今日は幼稚園でどんな項目が評価対象になっているのかを、ご紹介したいと思います。
※あくまでもムスコの幼稚園での評価項目です。「アルゼンチンの幼稚園はこうです」というものではありませんので、ご注意ください。

ざっとお見せすると、

↓こんな感じです。






まず大まかな項目があり、それぞれの項目に関して細かく評価が行われます。

↓評価は3段階に分かれます。


L : Logrado(達成)
EP : En proceso(発達途中)
NL : No logrado(未達成)

といった感じでしょうか。
なんだかヘンテコな日本語訳ですが、なんとなくはお分かりいただけるかと...

評価については、「できるようになった」「まだちょっと...」ということなど、けっこうシビアに付けられています。ヒェー!汗

ムスコの場合、スペイン語の面でまだ他の子供達よりもハンデがあるので、その辺は先生も少しは考慮してくれていましたが。
でもやっぱり『国語』の項目は評価は低めかなーというところです。(そりゃそうですよね。)

それでも前期よりもずっと達成度は上がっていたので、ホッとひと安心です。
実際にムスコの様子を見ていても、スペイン語や英語の知識は今年の初めよりも増えたように感じます。

ちなみに、どういった項目で評価されているかと言うと、

①生活習慣、②共同生活、態度、規範
③国語(会話、書き、文学)、④算数
⑤遊び(他者との関わり等)、⑥社会や自然への探究心(関心?)
⑦美術、⑧英語、⑨音楽、⑩体育、⑪情報(IT)

といったように、大きく11項目に分けて評価が行われます。

そして、

それぞれの項目に関して、担当教科の先生による所見(OBSERVACIONES)が、前期と後期それぞれ書かれていまして。

この所見が!んまぁ~読みにくいことっ!!笑

アルゼンチン人の筆記体が苦手な我が家は、年初早々に「筆記体は読みにくいので連絡ノートなどは活字体で書いてください」とお願いしておいたため、担任の先生の文字は大丈夫ですが、他の教科の先生の文字は筆記体なので、通知表は文字の解読からしなければいけないのが大変です。

幼稚園のうちからこんなに細かく評価されるなんて!と思うこともありますが、でもそれだけ子供達一人ひとりのことを見てくれているということなのかな?と思うことにします。

以上、ザックリとではありますが、幼稚園の通知表のお話でした~
関連記事
スポンサーサイト





【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する