fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

日本語能力試験の監督補助員をしてきました

今日は、『日本語能力試験』の試験監督補助員のアルバイトをしてきました~!

※日本語能力試験とは...

公益財団法人日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催の、日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験である。(Wikipediaより)

日本を含めて世界69カ国・地域で実施されている試験で、日本語を母語としない人を対象とした試験では受験者数が最も多い試験です。
年間で60万人以上もの人が受験するんだそうですよー!

レベルは低い方からN5~N1と区別されていて、N1に受かるのはとっても難しいみたいです。
これまでに何人かN1に合格した方に会ったことがありますが、本当にネイティブ並に日本語が上手な方々ばかりで驚いた記憶があります。

日本語を母語としている私から見ても「1から日本語を学ぶのってすごくすごく大変なんだろうなー」と思いますし、頑張って勉強してしかもN1に合格するって、それまでの努力とかモチベーションを維持し続けてきたこととかを考えると尊敬しちゃいますよね。

日本語や日本の文化を好きになってもらえたことが、とっても嬉しいです。
今日も試験監督補助員をやらせてもらって、試験会場に集まった受験者の多さに「こんなに日本語を勉強してる人がいるんだー!」とビックリしたのでした。

補助員とは言え責任のあるお仕事だったので、間違いのないように試験を進めないといけないということに朝から緊張しましたっ。
試験中は不正やトラブルの無いように見回ったり、解答用紙や問題用紙を配ったり回収したりとけっこう忙しく動いたので、なんだかあっという間でした。

でも問題無く無事に試験を全て終えられて、ホッとひと安心でした。

↓撤収作業後の教室をパチリ。


全ての作業終了後には、アルバイト代と、

↓軽食がもらえました。


立ったままの状態でいる時間が長かったので足が疲れたりもしましたが、すごく良い経験になった一日でした。

以上、日本語能力試験の監督補助員をしたお話でした。
関連記事
スポンサーサイト





【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する