fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

『血清群B型髄膜炎菌ワクチン』のお話

先日L君のお家でアルゼンチン人ママ達とお茶した時の話なのですが。

『bexsero』という予防接種が、アルゼンチンでも受けられるようになった

というお話を、ママ達がしていました。

「ヨーロッパではもう何年も前から受けられる予防接種で、それが去年になってようやくアルゼンチンでも受けられるようになった!」
「でも一回の接種に定価で2500ペソ(←!?)もかかって、しかもそれを何回か受けないといけない!」
「ウチの子は副作用で高熱が出た!」

と、色々話していたものの...

その時は「bexsero?何それ?」という感じだったので、最初は聞き流していたのですが。
でも、ママ達が真剣に話していたので、大事な予防接種なのかもしれないと思いとりあえずスペルだけ教えてもらってきたのでした。

そして、調べてみたところ、

『bexsero』=『血清群B型髄膜炎菌ワクチン』のことだそうです!

さらに、

↓ママ達が話していた通り、お高いっ...!(画質悪いです!)

(薬の定価検索はコチラ⇒穴があったら入りたい。 【薬の定価検索サイト】)

定価で2600ペソ以上するみたいです。
ここから、保険を適用させられるのかもしれませんが。(※保険の種類やプランによると思います。)

でも高ーい!

ちなみに、髄膜炎には13種類以上もの種類(血清群)が存在するのだそうで。
その中のB群を予防するためのものが、今回ママ達が話していた『bexsero』というワクチンのようです。

◆髄膜炎についてはコチラ⇒よくわかる髄膜炎菌

◆血清群B型髄膜炎菌ワクチンについてはコチラ⇒血清群B髄膜炎菌ワクチン(MenB)

日本においては、血清群B型による髄膜炎の感染はほとんど無いみたいですね。
でも感染すると重症化するみたいですし、咳やキスなどの密接な接触によって人から人へと感染するようなのも怖いです。

アルゼンチンの場合、挨拶でもほっぺにキスをする習慣があったりと日本よりも人と人との距離が近いので、感染する確率が高かったりするのでしょうかー?

というか、そこまで流行するような病気なわけでもないのかもしれませんが...
どんな病気なのかを知っちゃうと、「万が一感染したら...」とか想像してしまって不安になりますよね。

今度ムスコの小児科の先生に会う時にでも、この予防接種について相談してみようと思います。
※子どもによっては副作用がかなり強く現れることもあるようなので、接種に関しては慎重に決めた方が良さそうです。

というわけで、アルゼンチン在住の皆さま、予防接種について詳しく知りたい方は、かかりつけのお医者さんに相談してみてくださいね~
関連記事
スポンサーサイト





【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する