FC2ブログ

アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

アルゼンチンでは離乳食!?【牛の脳みそ(sesos)】

アルゼンチンのスーパーによく売られている物で、日本のスーパーではまず見かけることのないもの。

それが、

sesos!そう!脳みそです!!

↓というわけで、今日は牛の脳みそのお話です。


後々加工していない画像も載せますので、苦手な方はここで引き返してください。

こちらの脳みそさん。
んまぁ~お店でよく見かけます。しかも激安!やっぱりアルゼンチンでは内臓系は安いですよね。

で、毎度毎度見かける度に内心ブルっとしていたのですが。

なんと、

『アルゼンチンでは離乳食として脳みそを食べさせたりするらしい』という情報を耳にしまして...!(※地域や家庭によって異なる可能性もあります。)
ネットで調べてみたところ、たしかにいくつかのアルゼンチンのサイトに、『赤ちゃんや子どもに食べさせるべき食材』として、脳みそ(sesos)も載ってました!

え、えぇ...赤ちゃんに脳みそ...どうやって食べさせるの~??っと、不思議で不思議で。(まぁ栄養はありそうですけど。)
っていうか、大人用で食べるにしても、どうやって調理するのか、サッパリで。

不思議で不思議で、

不思議すぎたので、買ってみることにしたのでしたっ!

というか、人体にも興味津々なムスコのために、良い経験になるかな~と思いまして。人体じゃなくて牛ですけど。
単に図鑑や口頭で学ぶより、実際に見て触って食べてみた方が絶対に記憶に残りますし、牛さんにも感謝してくれるかと...

↓じゃーん。加工なしの画像です。

(これでたったの10ペソでした。安ーい!)

うひゃー!ですよね。
ムスコの手前、ネガティブな表現はグッとこらえましたけど、でも内心は『あんなこと』や『こんなこと』を口走ってました。笑

↓ムスコにも触らせました。


感触を確かめたり、形状を観察したり、「ここに空洞があるよ!」と発見したり。

そして、下処理をした後に、ひと口大に切っていったのですが。
その際にも「脳みその中身見せて!」「へぇ~!こんな風になってるんだ!」「ここで色んな事を考えてるなんて、不思議だね~」と言いながら観察しました。

すごくすごく良い経験になったように思います。
ムスコにとってだけでなく、私やShuちゃんにとっても脳みその感触や中身を見たのなんて初めてだったので、すごく勉強になりました。(牛さん、ありがとう!)

そして、

↓から揚げになりました~


あんまりにもフワフワで崩れやすかったので、下ごしらえがちょっぴり大変でした。

気になるお味は...

白子...?かなぁ??という感じでした。

実は私、白子ってあんまり好きじゃないので、ほとんど食べたことがなく、白子に似ているのかもよく分かりませんでした。
Shuちゃん曰く、味も食感も白子に似てる!とのことでした。

でも、すーごく濃厚でした。あと、やっぱり若干クセはあったかと。
すごく濃厚な脳みそを揚げ物にしたので、胸やけして全部食べられませんでした。笑

アルゼンチンのレシピサイトで検索してみると、揚げる、クリーム状にする、キッシュの具に混ぜるなどの調理法が出てきましたよ。
「これに大根おろしとポン酢でもかければ、サッパリして良かったかもね~」とShuちゃんと話してました。

意外とムスコが2個食べていたのにビックリ!
「脳みそってこういう味なのかぁ」と、噛み締めているようでした。

あんまりにも濃厚すぎたので、「もうしばらくは食べなくていいや...」というのが正直な感想です。
でも、ムスコにとってはとっても良い経験になったので良かったです!

以上、牛の脳みそを食べてみたお話でした!

※先ほども書きましたが、『アルゼンチンでは離乳食として脳みそを食べさせるのが主流』というお話ではありませんので、ご注意ください。地域や家庭によると思います。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私は脳みそは食べたことないのですが、イタリアにいる頃にトリッパ(日本語ではハチノスっていいますね)の煮込みが大好きで、よく屋台で食べていました。ただ、日本人であんなに進んで食べるのは珍しいらしく、学校の友だちからも「トリッパ好きなの~?」って驚かれてました。よく考えると、アルゼンチンでは肉料理といえばローストとか「焼き」が中心で、煮込みは少ないですよね。私が知らないだけかもしれないんですが…焼くだけでおいしいからですかね…

こういうかたちでの勉強というか学びはいいですよね。牛は人間よりも臓器が結構大きいはずなのですが、ブタは人間とほぼ同じサイズなので、解剖学ではよく引き合いに出されます。BBCで大昔に放映されていたDon't Die Youngという番組はおススメです。Dr. Alice Robertsという美人の先生がわかりやすく説明してくれます。一応解剖学の番組なので、内臓系の動画や写真はダメという人は見ないほうがいいですが、BBCが制作しているだけあって、とても分かりやすくできています。

話がずれましたが、牛の脳みそを見て、解剖学の番組また見ようっと!と思ってしまいました。

Sayo | URL | 2018-03-20(Tue)10:43 [編集]


Re: タイトルなし

Sayoさん
たしかに、アルゼンチンではあまり煮込み料理って見かけませんよね~
ロクロくらいでしょうか??と言っても、我が家は普段あまりロクロを食べないので、どんな材料だったかも曖昧ですが...
でもやっぱりアルゼンチンと言えば、鉄板で焼いただけのお肉が一番美味しいですよね!もう、これさえあれば一生生きてけるかも、というくらい好きです^^


アルゼンチンでは様々な部位の内臓がそのままの形で売られているので、すごく勉強になって良いですね。ビックリするほど安いですし!ムスコと一緒に観察するのが恒例行事?になっています♪
解剖学の番組情報、ありがとうございます!私も子どもの頃はよく「お腹の中身ってどうなってるの??」と不思議で興味津々でした。いつか私もその番組を見てみたいと思いますー。

CocoFuru | URL | 2018-03-21(Wed)15:19 [編集]