fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

1年かかりました!!全202話、見ました!

ついに!

ついに全話見ましたー!『Sos mi hombre』!!!

全202話、昨日Shuちゃんと二人で最終話を見終えました。
長かった~~~!

↓第1話の面白シーン名場面


真面目なシーン(ここから物語が始まるといっても過言ではない)なのですが、あんまりにも『アルマゲドン臭』が強くて、Shuちゃんと二人でズコーッ!っとなった思い出の場面です。ふふ。

過去のブログを読み返してみたら、なんとこのドラマを見始めたのが1年以上も前(2017年5月下旬)でした。
(⇒4年前に感じた挫折感を跳ね退ける日が来た!)

1年以上もの間、コツコツとこのドラマを見続けていたとは...気付きませんでしたっ。笑

感想は、

面白かったです!面白かったからこそ、202話ものストーリーを1話も見逃すことなく見続けられました。

アルゼンチンのドラマを見終える度にブログにも書いているとは思いますが、

『日本とは全く違ったストーリー展開で、時にはカルチャーショックを受けつつも、言葉の面だけでなくアルゼンチンの文化・習慣なども学べた』

という点が、やはり一番大きいと思います。

特にこのドラマは、ただただ恋愛のゴタゴタがダラダラと続くのではなく、色々なテーマが盛り込まれていたという点で、途中で飽きることなく見続けられました。

ボクシング、犯罪、消防(救命?)、同性愛(同性婚)などなど、様々なテーマを取り入れて作られていました。

このドラマが放送されていた数年前から、アルゼンチンでの同性婚が法律で認められたようで。
そういった視点も、あえてドラマのストーリーに取り入れたのかな?と思えるような内容でした。

個人的には、このドラマでの最優秀演技賞は、

↓この方に差し上げたい気分です!


Ludovico Di Santoという名前の俳優さんだそうで。
このドラマ以外ではお見かけしたことはありませんが、とっても演技が上手でした。

ドラマの中では、マフィア顔負けの悪人ぶりを披露してくれた、ラスボス中のラスボスです。
その一方で、時折見せるメソメソした演技もまた秀逸!涙をポタポタ流し、狂おしいほどの(??)愛情をヒロインの前で見せるのでした。

どこまでが台本通りで、どこからがアドリブなんだろう~と、本当に分からないほどアルゼンチン人は演技が上手だと思うのです。本当に。
あんな早口で膨大な量の台詞、台本に書いてあったとしても覚えきれないよなぁと思ったり。

と、楽しみながらアルゼンチンのドラマを見ているのは、どうやら我が家くらいのようで。
クラスのママ達はもう、最近ではみんなNetflixでアメリカなどのシリーズものを見るのがブームのようです。

なのでママ達に「アルゼンチンのドラマ面白い!」と話しても、ほとんど共感してもらえません。笑
まぁ外国人の我が家が勉強がてら見ているからこそ、楽しめているのかもしれませんね。

とにかく!

頑張って全202話、見ました!すごい達成感です!!
またひとつ、夫婦で励まし合って達成できた事が増えて嬉しいです。

コツコツと経験を重ねて、自信に繋げていきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト





【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する