FC2ブログ

アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

話し口調の聴き取り練習に◎【La noche del buen marido】

新しくミニシリーズのドラマを見たので、ご紹介したいと思います。

↓La noche del buen marido


結婚して二人の子供にも恵まれ、一緒に暮らすようになり何年も経った、VaninaとSergioという夫婦のお話です。
研究者として科学に情熱を燃やすVaninaと、何に対しても興味がなく好奇心も起こらないSergio。
そんな対照的な二人が、「昔の頃のような、男女の情熱を取り戻そう!」と、毎週木曜日を“La Noche del Buen Marido”にすることに決め、昔のようにロマンチックなディナーに出掛けたりすることにしたのでした...

という感じのお話です。

感想は、

コテコテのコメディ調なドラマでした!

アメリカのコメディドラマみたいな、合間合間に笑い声が挿し込まれていて、シラケ「こういう感じかぁ...」という感じでした。

正直、最初の2話くらいは「え、全然面白くないけど」と話しながら見ていたのですが。
回を重ねるごとに、ジワジワと面白くなっていきました。たぶん、ドラマのノリに慣れていったからだと思われます。

そんなに大笑いするわけではありませんでしたけど、「ココ笑うとこ!」みたいな場面でクスッとするくらいまでにはなりましたよ。

全8話のミニシリーズだったので、ダラダラ同じようなストーリーが続かなかったのも良かったです。
1話あたり22分くらいだったので、無理なくサクッと見れましたし。

そして、あんまり面白くはなかったのにこのドラマを見続けた最大の理由が、

物凄くリアリティのある話し口調だったからです。

いかにもドラマ風のオーバーだったりハキハキしたりした話し方ではなくて、本当にアルゼンチン人が普段喋るような感じで登場人物達が話していたので、すごく聴き取りの練習になったんです。

また、

毎回二人がレストランへ行ってお料理が出てくると、Vaninaの研究者魂に火が付いて、脳内で様々なテーマ(回によって変わる)で専門家達とのディベートが始まったりするのも、興味深かったです。

例えば、「味覚と視覚の関係」とか「味覚と嗅覚の関係」とか。
本物なのか役者さんなのかは分かりませんが、栄養学などの専門家が食事とダイエットとの関係などについて話したりするのは、勉強になりました。

というわけで、決して面白いわけではない(失礼)ドラマではありましたが、アルゼンチン人の笑いのツボや実際の話し口調などを練習したい方にはお勧めなドラマだと思います。

興味のある方は、是非ご覧あれ~
関連記事
スポンサーサイト


【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する