アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

比べてみました。

今回、日本に一時帰国して思ったこと感じたことを
徒然なるままに書くことにしました!

まず、綺麗、清潔、安全、便利ってのは感じました。すごく。

いたるところにコンビニがありますし、
100円ショップだっていくら分買ったか分からない程利用しました!

道だって歩きやすいし、ゴミも少ないですし。
治安も良いので安心して街を歩けました。

食べ物は美味しいし!!

日本って素晴らしい...

それと、日本って良くも悪くも「静か」な気がしました。
普段は海外で生活しているので、なおさらそう感じたのかも?

とにかく、あらゆる公共の場が静か!

みんながマナーを守り、きちんとしていてすごいな~と思う反面、
なんとなく居心地の悪さというか、異様な雰囲気に思えました。

まぁ、アルゼンチンは逆にどこにいてもガヤガヤしてて
騒々しかったりするんですけど。

きっと好みの問題でしょうね~
静かな方が好きな人にとっては、日本は最高なのでしょうし。

私は静けさの点ではアルゼンチンの方が好きです。
こっちの方が私個人としてはより自然体でいられるので。

そう言えば、東京でこんな出来事がありました。

その日は、おばさん夫婦と一緒に車で近くに買い物に向かっていた我が家。

道路を渡ろうとした直前で赤信号になってしまい、
停止線から少しはみ出した状態で停車することになりました。

すると、

横断歩道を徒歩で渡ろうとしていた一組の中年夫婦の旦那さんの方が、
物凄い形相で私たちが乗った車を睨みつけてきました。

で、横断歩道を渡りながら、運転していた私のおじさんに向かって
何やら文句を言っていました。本当にすごい形相で...

多分、停止線からはみ出たことに腹を立ててたんだと思います。

おじさんは車の中で頭を下げ、車を停止線までバックさせたのですが、
その後も男性は私たちを睨みながら、文句を言い続けていました。

その光景を見た瞬間、正直ゾッとしました。すいません。

いや、法律的にはそのおじさんが正しいことは重々承知しているんです。
それと、日本人がそのおじさんみたいな人ばかりじゃない事も。

私だって30年近く日本に住んでいたわけですし。

でも、なんか...
そういう世の中って、大変だなぁ~と感じずにはいられない出来事でした。

子育てについても、感じたことはありました。

それは。

東京で子育てしてるママさん達って凄い!!ということです!
海外で子育てしてる私なんかよりもずっと大変だと思います!

なんと言っても、あんな人混みをかき分けて、
ベビーカーを操縦したり電車に乗らなきゃいけないのが大変すぎる!

駅にエレベーターがあればまだマシですけど、
エレベーターがない場合はベビーカーを担いで階段を使わなきゃですし。

それが地下鉄だった日には、泣きそうになりますよねっ。
上ったり下りたり。いっぱい歩いて人混みに揉まれて。

皆さま、本当にお疲れ様です...

私の場合、東京でShuちゃんと別行動だった日があったのですが、
Shuちゃんと別れた途端、ムスコを連れて挙動不審に陥りました(笑)

ムスコと二人で、未知の世界に放り出されたような気分でした!

あ、でも、思ってたよりも周りの人がムスコに話しかけてくれて
嬉しかったです。もっと無視されるのかと思ってましたー。

アルゼンチンみたいに、
バスに乗ったら複数人が席を譲ろうと席を立ってくれたり、
階段などでベビーカーを持つのを手伝ってくれたりということは
ありませんでしたけど(日本人はシャイだから?)、

女子高生くらいの若い子から中高年の方まで、幅広い年代の方々から
「可愛いわねぇ~いくつ?」と声をかけていただき、感動しました。

ただ、話しかけてくれる人の数と同じくらい、
ムスコが声を出した時に冷たい視線を送ってくる人もいた気もしますけどね。

きっと日本人は、子どもに対する姿勢(考え方?)は人それぞれなんですね。

アルゼンチンに帰ってきて街を歩いていると、
ビックリするくらい沢山の人がムスコに声をかけてくるので、
改めてアルゼンチン人の子ども好きには驚かされました。

そう言えば、

日本に帰ったら「すいません」っていう単語を何回使ったか
分からないくらい多用した気がします。

別にこっちが悪いことしてるわけじゃないのに、
つい言っちゃうんですよねぇ~不思議なことに。

日本って思いやりの文化なのかも?
でも、色んな所に気を遣いすぎて、ちょっと疲れました。

でも、そうは言っても日本って便利ですよね!痒い所に手が届く!
「あれが欲しいなー」と思ったら、手に入っちゃいますもんね。

日本語が通じる楽さもありますし。
お店とかはサービスが行き届いていて快適ですしね。

日本もアルゼンチンも、それぞれに良い所があって、
どちらも大好きです。

...偉そうにあーだこーだ書いてしまいました。

でも、こういう事が書けるのも、海外に住んでいるからこそですよね。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
日本とアルゼンチンの違い、ふむふむと思って読ませて頂きました。
確かに、日本に住んでる私もだんだんと(停止線だけでなく)はみ出す事への風当たりが強くなってる様に思います。
しばりがきつくなってるとも思います。
窮屈さも感じます。そんなストレスを大人も子どもも持ってるのではないかな。
日本しか知らないとその窮屈さばかり目に見えてしまい、「あー、しんど」って思うけど、いい所もいっぱいあるんですよね。
文化や歴史の違い、どっちがいいとか悪いとか言えないですけどね。
違いを知るっておもしろいですね。
ありがとうございました。

ようはっぱ | URL | 2013-05-19(Sun)09:11 [編集]


共感・・・・笑

今、30代から40代の人のうつ病が多いそうですよ。
みんな色々考えて、自分は気づいていないけど、
目つきが悪くなったり、ストレスが多すぎて人相が悪くなったりしてそうな気もします。。。

社会がそうさせたのか・・・何が悪いのか・・・

海外在住の日本の方は、やぱり、日本に帰国すると気疲れするって聞きます。サービス・安全面をとるか、堅苦しくない海外生活を選ぶか、cocoさんの選択に1票!!笑

ゼラチンは、スペイン語で、gelatina(ヘラティナ)という
そうですよ。

熊次郎です! | URL | 2013-05-19(Sun)12:05 [編集]


Re: タイトルなし

ようはっぱさん
こんにちは。
日本は便利だし安全だし、良い所が沢山ありますよね~!
今回日本に帰って、「未来の国みたいだー!」と思ってしまいました^^
でも、ようはっぱさんの仰るとおり、なんとなく皆が窮屈そうというか・・・
あんなに素晴らしい国なのに、楽しくなさそうというか。
もったいない気もしてしまいますよね。
そうは言っても、アルゼンチンはアルゼンチンで大変なところもありますしね~
良いか悪いかは、そこに住む人の感じ方次第という気もしますね^^
せっかくこうして海外に住んでいるからには、良い所も悪い所も前向きに受け入れていきたいものです♪

CocoFuru | URL | 2013-05-20(Mon)12:59 [編集]


Re: タイトルなし

熊次郎さん
30代から40代の人のうつ病が多いんですかー。
でも確かに私も日本で働いていた頃は、今思うと「何であんな事で悩んでたんだ?」と思ってしまうような事にクヨクヨ悩んでいた気がします。
「これ!」っていう原因は思い浮かびませんが、日本の社会全体がそういう雰囲気になってしまっていますよね・・・
今はアルゼンチンで、普段何も考えずに暮らしているわけでは決してないのですけど、でもクヨクヨすることはあまりしなくなりました。
自分を肯定的にとらえられるようになったというか・・・うまく言えませんが、日本ではただただネガティブだった私が、ここでは前向きに暮らせています。

ゼラチンのスペイン語訳、ありがとうございます!
今度スーパーで探して見ますね~

CocoFuru | URL | 2013-05-20(Mon)13:12 [編集]


めっちゃわかる。うんうん。
日本では絶えず人からどう見られるかを気にしなくてはならないからほんっと大変だよね・・・。
だから素直に人助けもなかなか出来ないけど、それでも日本人の心は優しいとも思いますわ。
でもいろんな状況でストレスが多くて大変そうですよね~。

なおみ | URL | 2013-05-21(Tue)23:22 [編集]


Re: タイトルなし

なおみさん
共感していただけて嬉しいです。
たしかに、日本人って人の目を気にし過ぎて本心のままに動きづらいのかもしれないですね~
私もそんな人間の一人でしたが...
感じなくても良いストレスまで感じてしまうのは大変ですよね。

CocoFuru | URL | 2013-05-22(Wed)21:23 [編集]