fc2ブログ

(旧)アルゼンチンLife

ブログお引越ししました!⇒http://blog.livedoor.jp/cocofuru_2012/

ルイの大大大脱走&ご挨拶

そういえばですが。

昨日、とうとう我が家も停電しちゃいました。
1時間半くらいの停電が、2回ほど。

ニュースでは、10日以上停電しているエリアもあるなんて報道もあったので、
それと比べたら1時間半が2回なんて、可愛いものですよね。

それでも、この猛暑の中電気が止まってしまうのは、辛い・・・暑い・・・

停電になった時、この停電がいつまで続くのか分からず。
「ひょっとしたら、ニュースのように何日間も停電が続くのかもしれない」
と覚悟を決め、家中の窓を開けたのでした。

「まぁ、暑いけど、窓さえ開けておけば、まだマシだな~」なんて思いながら、
キッチンでお料理をしていたら。

突然、どこからともなく・・・

「ドサッ!!!」という音が。

何だろ~?
泥棒でも落っこちたのかな?怖いわぁ~と思いつつ、お料理を続けていると、

今度は・・・

「ニャー!ニャー!ニャァァアアーーー!!!」という、猫の絶叫が。

それでもなお、
「あら~どこかの猫さんも暑くて鳴いてるのねぇ」なんて思ってました。

が。

しかし。

いつまで経っても止まない鳴き声。

・・・はて?

ひょっとして?

この声は???

・・・

・・・

ルイーーーー!!!!!!?????


ぎゃーーーーー!!!!!

慌てて寝室の窓にすっ飛んで行くと・・・

ルイが窓の外に落ちてました(汗)
ちなみに、我が家は3階です。

リビング側のベランダは、

↓こんな風に上まで柵?で覆われているので、(分かります?)


ルイやムスコが落ちる危険性はないのですが。

寝室の窓には柵はなく、
普段は窓を開けている時でもシャッターを閉じているのです。

ただ、昨日は停電だったので、「ムスコが落ちない程度に・・・」と思い、
約10センチだけシャッターを開けてしまったのです。

まさかルイが落ちるなんて思わなかったんですよぉ(汗)
ルイだってもう大人ですし。落ちたら危ないって分かると思ってました。

幸い、すぐ下の階の窓から突き出た屋根のおかげで、
地面まで落下して怪我をしたりということはありませんでしたが。

どうやら、落ちた場所から我が家の寝室の窓まで戻ることができずに、
困って鳴いてしまっていたようでした。

その光景を見た私。もう~パニック状態に。
窓から身を乗り出してみても、ルイには届かず。鳴き叫ぶルイ。

全身がワナワナ震えた状態で、咄嗟にShuちゃんに電話してました。
「どどどどうしよう?!」なんてShuちゃんに助けを求めつつ、
「管理人さんにお願いして救助してもらいなよ」と、冷静に諭されつつ。

そんな私の足元ではムスコも「なんだなんだ??」と無駄にウロチョロ(笑)

管理人さんを呼びに行っている間に、ルイが更に下に落ちたらどうしよう?!
と思い、その場を離れることもできず。

かと言って、何度手を差し伸べても、ルイはルイで怖がってパニック。
私が階下の屋根に降りて救出する度胸もなく。

ただただ、ムスコと二人でウロウロ。
(なぜかムスコも、いっちょまえに窓の方を覗いたりしていました!)

そんなウロウロしている最中に、ふと窓に背を向けた時のことでした。
なんと。

ルイが自力でジャンプして戻ってきました~!

うわぁーん!
無事で良かったよぅ・・・泣

2メートル近く高さのある窓まで駆け上がることなんて、
いつも家でぐうたらしてるルイには出来ないと思ってましたけど、
意外とやるもんだと見直しちゃいました!ルイ、やるじゃん!!

不用意にシャッターを上げてしまって、反省しています。
これからは、どんなに停電になっても、寝室のシャッターは上げないと誓いました。

↓ルイ、無事で良かったね♪


以上、我が家の年末のビッグニュースでした~

さて、話は変わりますが、今日で今年も終わりですね。
あ、もう日本は年が明けていますね。なんだか変な感じー。

いつも私のブログを読んでくださっている皆様、
今年も大変お世話になりました!

ブログの記事に「拍手」してくださったり、コメントしてくださったり、
個別でメールを送っていただけたり。

それら全てが、嬉しかったですし、
困った時や辛い時には、ものすごく励みになりました。

そして、毎日ブログを書くことで、気持ちを落ち着かせているという、
相変わらずのブログ中毒でした~!

落ち込んだ日なども、あえて前向きなことをブログに書くことで、
楽しい気持ちで一日を終えることができたりもしました。

来年もまた、愉快な日常をアップしていきたいと考えておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する