アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

アルゼンチンの治安

アルゼンチンに移住する際、
私やShuちゃんの家族たちが心配していたのが、治安のことでした。

やっぱり南米と聞くと、治安が悪いイメージがありますもんね。

私たちはまだこちらに来て本当に間もないですし、
今後何が起こるかまでは分かりませんが…今のところは無事です!

現時点で感じるのは、危ない(治安が悪い)とされている場所には行かない、
街中でもぼーっとしながら歩いたり、カメラをぶら下げたまま歩いたりしない、
など気を付けていれば、危険な目に遭うリスクは低いと思っています。
(ゼロではありませんが。)

ただ、いくら気を付けていても、ひったくりや強盗に遭ってしまう場合はあるようです。
私の周りの日本人からも、ケチャップ強盗(※)に遭ったとか、殴られてお金をとられた、
というお話を聞きますので…

(※:背後からケチャップやマヨネーズなどをかけられて、
   慌てている隙に財布などを奪われてしまうそうです…)

私たち夫婦も、3月にアルゼンチンに旅行に来た際、
アルゼンチンに着いた初日に(着いたのが深夜だったのですが)
公園のそばで若い男の子に話しかけられ、しばらく付きまとわれました。

おそらく「お金くれよ」というようなことを言っていたのだと思いますが。
幸い、その時はただひたすら「No!」とだけ言いながら足早にその場を立ち去り、
何事もありませんでした。

他には、
アパートの管理人と泥棒が手を組み、アパートの住人の部屋から金品を盗むだとか、
地域によっては、警察が泥棒と手を組んで犯罪の手助けをするだとか…

そんな話をつい先日、こちらに住むお友達から聞きました。

そうなってくると、「一体誰を信じれば良いのー?!」と思ってしまいますが、
この国では、「自分の身は自分で守る」という意識は不可欠のようです。

日本のように、女性が真夜中に酔っ払って一人で家に帰ってもへっちゃら!
なんて国は世界的に見ても稀なんでしょうね~。

なので、ブエノスアイレスの街を歩く時は、
バッグはひったくられたりしないよう、手で押さえたりしながら歩いたり、
(特に一人の時は)キョロキョロせず早歩きで歩くようにしています。

あまりこういう内容を書きすぎると、
日本にいる家族に余計に心配をかけてしまいそうですが…汗

それでも、毎日学校の行き来やスーパーでの買い物などの日常生活を
無事に送れているのは事実です。
なので、繰り返しになってしまいますが「自分の身は自分で守る」という意識は
絶対に忘れちゃいけないな~と強く感じます。

おそらくこちらでの生活に慣れてきて、
油断してくる頃あたりが一番危険なのでは…と思っているので、
今後も油断せず気を付けて生活していくことにします。

こちらに住み始めて半年とか1年とか経ってくれば、
もっとアルゼンチンの治安について具体的に分かってくるはずなので、
その時になったらまた改めて書こうと思います!

関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する