アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

授業がない!!

最近、スペイン語の授業がありません。

気づいたら、4月8日以降授業がありません!
約3週間ですよ、3週間っ。

なぜここまで授業がないかと言うと、

アルゼンチンの大規模なストや、イースターの連休があったり。
という理由も、もちろんありましたけど。(コルドバ旅行もありましたし。)

でも、一番の理由は!

先生の都合!!!

コルドバ旅行に行った時も、2回授業を休まなくてはいけなかったところが、
先生の都合で1回休講になったため、結局1回休んだだけで済みました。
(この時は「ちょうど良かった~」と、正直休講になってホッとしたのですが・・・笑)

そして、ここのところ休講が続いている理由は、先生の体調不良です。

先生から届いたメールによれば、目の病気にかかったんだそうで。
イースターの連休前から現在まで、ずっとだそうです。

まぁ、たしかに、感染力の強いタイプの結膜炎とかもありますけどね。
私も高校生の頃にかかって酷い目(2週間、出席停止)にあいましたし。

ここで、ふと、básicoの時の先生のことを思い出しました。

básicoの時の先生も、クラスが始まった初期の頃に、
「目の病気だ」と言って何週か授業がなくなったことがありました。

・・・アルゼンチンって。

目の病気にかかりやすいのですか。

こうも続いて先生に「目の病気」と言われて休講にされちゃうと、ねぇ。
なんとなく「んっ?」と思っちゃいますよねぇ~

とは言え、本当かもしれないですしね。
百歩譲って、体調不良のため数週間休講、というのは良しとしても。

ドタキャンは無いわぁ~~~!!!

毎回、授業の前日の夜、もしくは当日に「休講です」の連絡がくるんですよぉ!!

またまた百歩譲って、前日の夜に連絡があるならまだ良いですけど、
この間の火曜日なんて、当日の昼過ぎにメールがきましたからねっ。

その日はムスコの病院に行く予定も入っていたので、
朝からドタバタで夕飯の準備とか、病院に行く支度とかしてたのにー!

そして!
昨日なんて!!

先生から休講の連絡がなかったので、授業があると思って学校に行ったら!

まさかの、「先生が来ない」という。
まさかな事態が起こりました。あははは~もはや笑える~!笑

「久しぶり~!」なんてクラスメイト達と言い合いながら、
続々とみんな教室に集まってきたわけですが。いつまで経っても先生が現れず。

徐々に教室がザワつき始め。

ほぼ全員が「先生がバックれた」という事実を受け入れ出した頃。

クラスメイト達の先生に対する怒りは頂点に達し。

ちょっとした暴動が起こりそうな勢いでした(笑)

そして、

クラスメイト全員で、(なぜか)お会計ルームへ押しかけ、
全く関係のないはずのお会計係のおばあちゃん相手に、

「なんでこんなに授業がないんだ!もう1ヶ月近く授業がないよ!!」と、
ブラジル人の男の子の一人がまくし立て・・・

お会計係のおばあちゃん、タジタジ。

「私に責められても~(オドオド)。あ!飴あげるから落ち着いて。ねっ。」
と、みんなに飴を配ってくれました。

それで少しだけ場が和んだ、というか気が抜けた私たち(笑)

そのおばあちゃんが、明日(つまり今日)先生に確認を取ってくれるとのことで。
(ほんとかなー。それすらも非常に怪しい、と思いますけどね。)

クラスメイトの一人が、そのおばあちゃんと連絡を取り合い、
今後について全員にメールで知らせてくれるということで、落ち着きました。

うーん、さすが、公立の学校。ということなのでしょうか。
はたまた、単にその先生が良くないだけ??

よく分かりませんが、ひとつ確実に言えるのは、この一件のおかげ?で、
私たちクラスメイトの結束が強まったことは、間違いありません。

あーあ、早く授業再開しないかなー。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する