アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

母をたずねて、数ブロック。

私が学校に行く時は、学校の近くでShuちゃんと待ち合わせて、
ムスコをShuちゃんに受け渡してから学校に行きます。

以前までのムスコは、私と離れる際、
泣いてはいましたがそこまで酷くなかったんです。

ちょい泣きだし、泣いてもすぐ泣き止むし、って感じで。
「もっと寂しがってよぉ」と、こちらが物足りなく思うほど。

ですが。

最近のムスコの泣きっぷりが、半端じゃありません!大泣きです。

特に、家からShuちゃんにムスコを預けて出かけるよりも、
外でShuちゃんに預けて別れる方が、泣き方が酷いように思います。

ある日なんて、私と離れた直後にギャンギャン泣くムスコを、
なんとか抱きかかえながら、Shuちゃんが歩いていたところ...

通りすがりの女性に、

↓おもちゃをいただいてしまったり。


Shuちゃんは断ったそうですが、
「いいからいいから!」みたいな感じで無理やりくれたんだそうで。

よっぽど可哀相な親子に見えたのでしょうか...笑

すごく優しい女性だなぁ~やっぱアルゼンチンは子どもに優しいなぁ~
と、思う気持ちももちろんありますが。

ムスコが相当泣きわめいていたってことだと思うので、
そんなムスコを連れて歩くShuちゃんのことを考えると...ちょっと可哀相です。

「俺、そのうち誘拐犯に間違われるんじゃないかな。」と、
いつも心配そうに呟いております。
(まぁ、あれだけ顔が似てりゃ間違われないでしょうけど(笑))

昨日なんて、交差点でムスコをShuちゃんに受け渡し、
私は二人とは反対方向に向かって歩いて行ったところ、
けっこう先までムスコの叫び声が聞こえました。ひゃ~(焦)

その夜、Shuちゃんに話を聞いたら、

昨日は、なんと!新記録(?!)!!
小一時間ばかりノンストップで大泣きだったそうです。

道中、すれ違う人々の憐れみ?訝しみ?の視線がとっても痛かったんだとか。

ムスコはと言うと、そんな人々の視線なんてお構いなし!
とにかくママと離れた悲しさで、Shuちゃんの抱っこも嫌がり...

抱っこから抜け出したいムスコに噛み付かれた後の歯型が、
Shuちゃんの指に夜まで残っていました。ムスコ、噛む力すごすぎ!

よっぽど壮絶だったらしく...

とうとう!

ムスコの異常な泣き声を心配したお巡りさんが遠くの方からやってきて、
「大丈夫?」と、Shuちゃんに聞いてきたそうです。職質か?!

内心「誘拐と疑われてるんじゃ...」とヒヤヒヤしたShuちゃんでしたが、
ことの成り行きを説明したら、その場を立ち去ったそうですよ。ホッ。

そしてムスコは、Shuちゃんの腕から逃れ、ママを探して?、

Suipacha y Santa Feの交差点付近から、Suipachaを通ってCórdoba通りに出たのち、
Córdoba y Floridaまで泣きながら歩いて行ったそうです!
(ブエノスの道の名前を知ってる人にしか分からない話ですみません。)

で、ようやく疲れ果ててShuちゃんの腕の中で眠りについたそうな。

聞いてるだけで、すっごく大変そうなエピソード...
Shuちゃん、ほんとお疲れ様。

でも。

私を探し歩くムスコが、「母をたずねて三千里」みたいで、
なんだかキュンとしました(笑)ちょうどアルゼンチンが舞台のお話ですしね。

毎回私が学校に行く度に大変なので、
こんなんで幼稚園に通い始めたら、どうなるのぉー?!と心配です。

そのうち慣れてくれれば良いのですが...
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する