アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

初めての集団検診

市で行われる、1歳半検診に行ってきました!

これもまた、今回の一時帰国でどうしてもやりたかった事の一つです。

これまでもアルゼンチンの病院で、かかりつけの小児科の先生に定期的に診てはもらっていたものの。
どーうしても、一度は日本で集団検診?を受けてみたかったんです!

1歳半きっかりじゃなくても受診できるとのことだったので。
ムスコさん、1歳10ヶ月後半での受診になりました~

ワタクシ、こういう集団検診が初めてでして。妙に緊張しつつ、検診会場へ向かいました。
別に、検診を受けるのは私じゃないのに(笑)

会場は、市が運営する保健施設(保健所でもなく...)のような場所でした。

検診会場には、

↓広~いお部屋に子供がいっぱい!


各々がオモチャで遊んだりしながら、検診の順番を待っていました。あぁ、ドキドキ...
今日はムスコより数ヶ月小さい子供達が数十人いました。

検診の内容は、

1. 問診(保健師さんと個別に)
2. 計測(体重、身長、胸囲、頭回り)
3. 歯科診察
4. フッ素塗布(虫歯予防の)
5. 小児科診察
6. 虫歯予防アドバイス
7. 個別相談(希望者のみ)

と、盛りだくさん!

これらを1日でやってくれるなんてっ。
最高~~~!!

いいなぁー、アルゼンチンにもこういうのがあればいいのに。

やっぱり子育てをしていると、自分のやり方で大丈夫かな?とか、
ムスコの成長度合いって、どうなのかなー遅かったりするのかなー。とか。
ふと、無性に不安になる時がありまして。

今日のこの機会に、思いっきり聞いてみよう!張り切っていました。

で、結果は。

「大変良好です!」とのことでした~!

というか、この検診中、ムスコは一度も泣くことなく。淡々と大人たちの言うことを聞いておとなしくしていてくれました。
歯科診察とかフッ素塗布の時に、ずぅえーったいに泣くと思ってたのに!

おかげさまで(??)、お医者さんや保健師さん達に褒められました。驚き!

思うに。

彼、日本人のお医者さんのことを、お医者さんだと認識していなかったのかなーと。
アルゼンチンでは、診察の時に泣くことが多いので!
アルゼンチンのお医者さん=注射とでも思っているような気がします。

それに、

お昼寝していたところを無理やり起こして検診に連れて行ったので、検診中はうまいことボケボケしてくれていたってのもありそうです(笑)

わっはっは。
こりゃ~私の作戦勝ちですな!

とにかく、

「ちゃんと大人の言っていることも分かっているようですし。健康に成長していますよ。」と言っていただけて、嬉しかったです。

帰り際には、色々と試供品までいただき。



日本の至れり尽くせりっぷりに感激した1日でした。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する