アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

またまた呼び出し。

今日は、久しぶりの幼稚園!

先週は国内の大型ストライキやムスコの体調不良、そして木曜日からは4連休になり・・・ほとんど幼稚園に行けませんでした。というか、先週は月曜日しか行ってないっ。
しかも、その前の週も4連休だったので、なんだか連休&お休み続きでした。

なので今日は、何となく嫌な予感はしてたんですよねー。
「幼稚園行く?」と聞いても、「幼稚園行かない!」って言うし、「○○先生と遊べるよ?」と言っても、「○○先生嫌い!」って言うし。

で、案の定、幼稚園から「ムスコが泣いているから、迎えに来て」コールが。
やっぱり。

あぁ、もう何度目の呼び出し→お迎えかしら・・・

今日に限っては久しぶりの幼稚園でしたし、仕方ない気もしますけど。それでも、なかなか幼稚園に慣れないムスコが少し心配です。
言葉が通じない場所に一人取り残されるって考えたら、ムスコが泣いちゃうのも分かるんですけどね。もし私がおんなじ事されたとしても、泣くかもー。

さて、そんなわけで急いで幼稚園へお迎えに行ったわけですが。

ムスコ、外まで聞こえてくるほどの大号泣!
校門前に立っていたガードマンのおじさんにも、「ムスコが待ってるよ!」と言われちゃいました~もはや、「泣き虫」で有名人?はは。

そして、先生にムスコを引き渡してもらい、少し今日の状況などについて話を聞いたりしたところ。

明日から、またムスコだけ短時間だけの預かりになっちゃいました~!
うわぁーん!また振り出しに戻っちゃったよぅーーー!!泣

明日なんか、13時~14時までのたったの1時間だけですってっ。
出た~往復の移動時間の方が長いパターン~!はぁ。

うーん、仕方ない。ですよね。
ほんと連休続きでしたし。言葉だって通じないし。

と、頭では分かっていつつも、やっぱり「いつになったら落ち着いてムスコを幼稚園に預けられるようになるんだろう」と、不安でいっぱいになります。
幼稚園に預けても、ムスコが泣いていないか、幼稚園から呼び出しの電話がかかってこないか、常に気にかかってしまうので、あんまり落ち着かないですし・・・

あ、なんだか愚痴っぽくなってきました。
この辺でやめときます。

とにかく、根気よく(?)ムスコにも頑張ってもらおうと思います。
生活リズムが安定しないのも原因の一つなので、頑張ってリズムを安定させたいところです。
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Cocoさん、お疲れさまです。

我が家の娘(3歳5か月)の通っている幼稚園のお母さんの中には、入園後6か月間子供に付き添った人もいました。結局は、言語が理解出来るかどうか、ということが最大の問題ではないことが分かります。それよりも寧ろ、これが仮に極端な例であるにしても、子供がいかにして幼稚園との信頼関係を築けるか、またそのために親がどのくらい腹を括って覚悟出来るか、ということではと解釈しています。

あと、妻の話を聞いていると、やはり親が迷いを見せてはいけないように思えます。例えば、「この幼稚園で良かったのか?」、「この先生で信用できるのか?」、「こんな指導の仕方するの?」と心の中では思っても、子供の前ではそんなそぶりを見せないことです。子供は、親の心を親が思う以上に読み取っています。言いたいことは先生や幼稚園関係者に率直に問い合わせること、逆にここで親と幼稚園関係者間のコミュニケーションや信頼関係が上手く成り立たないのであれば(スペイン語以前の問題として)、思い言って日系の幼稚園に転園するとか考えたほうが良いのではないでしょうか。ブエノスアイレスならあるのでは?日亜学院に幼稚園部はないのでしょうか?そちらの幼稚園事情を理解していないので、あくまで私見ですが。

思い付きのようで申し訳ないのですが、あと一つトライしてみる価値があるとすれば、大泣きして呼び出されても、迎えに行かずに先生たちにひたすら辛抱強くなだめてもらうように頼み込むことだと思います。荒業のように聞こえるかも知れませんが、息子さんに「泣けばママが飛んでくる」という安易な選択肢を与えないこと(こんなことを言う私自身が鬼のように思えてきますが)、また先生たちにも安易にさじを投げさせないこと(スペイン語でのコミュニケーションに難点があることをいつまでも言い訳にさせない)、そして結果的に息子さんと先生たちの信頼関係を醸成させること、ここまで持ってこれるかどうか、だと思います。実際には、呼び出しに応じて幼稚園に出向いても、息子さんにCocoさんの顔を見られないようにして、どうにもならなくなったら救いの手を差し伸べられるようにしておくとか。

私自身、可能であれば日系の幼稚園に入れたいと一度は思ったことがありました。実際、サンパウロ市内にもいくつかあるのですが、朝の大渋滞に加えて通園距離で3歳児には負担が大きいのと、多分アルゼンチンのものにも近いはずのブラジルの情操教育にも興味があったので、思い切って近所のカトリック系の幼稚園に入れました。入園からの約3か月を振り返ってみると、親と幼稚園関係者、娘と幼稚園関係者、それぞれの信頼関係の構築の為のバトルの日々だったような気がします。当初冷たい対応だなと思いながらも今となっては逆に良かったと思うことは、幼稚園関係者が、「私たちに任せなさい」と言って親たちを容易に近づけなかったことです。親にとっても子供にとってもこれは大きな試練ですが、この過程は避けて通れないはずです。

まだまだバトルの日々は続く、と覚悟を決めてもう少し現状の幼稚園でトライしてみてはどうでしょうか。Cocoさん、息子さんのご健闘を心よりお祈りします。うちの娘もイースターの前後でコルドバで過ごして来週から約3週間ぶりに通園するので、またここで「幼稚園行きたくなーい!」を連発するかも知れません。我が家もバトルがまだ続くでしょう。

たく | URL | 2015-04-07(Tue)02:53 [編集]


Re:

たくさん

いつもご丁寧にありがとうございます。
いただいたアドバイスは、夫にも伝えて二人で参考にさせていただきますね!

それにしても、6ヶ月間も子供に付き添ったママさんもいるんですね!驚きです。うちもひょっとしたら、そういうことになりかねないかも?!と思ったのですが、今日試しに私ではなく夫に幼稚園まで送って行ってもらったところ、離れる際は大泣きだったみたいですが、その後は泣かずに過ごせたと先生が言っていました!(とは言え、まだたったの1時間だけですが・・・)
我が家の場合、幼稚園に入園するまでほとんど息子を他人に預けたことが無く、毎日毎日私とベッタリだったのに、いきなり毎日幼稚園でママと引き離されてしまうことに戸惑いやストレスを感じてしまっているのかもしれないですね。夫にも協力してもらいつつ、少しずつ私と離れる訓練をしていこうと思います。

実は私も、たくさんもおっしゃっているように、担任の先生が言葉の問題のせいにして、簡単にさじを投げているだけなのでは?とか、あまりきちんと対応してくれていないのでは?とか・・・こんなに馴染めないのであれば、いっそのこと日系の幼稚園に転校させた方が良いのでは?とか。それはそれはもう~、色んなことを考えていました。
が、しかし。昨日お迎えに行ったところ、教室とは別の部屋で大泣きしている息子を先生が二人がかりで面倒を見てくれていました。わざわざ別室で先生が二人も息子に付きっきりになってくれているところや、先生方の大変そうな表情を目の当たりにし、どれだけ先生方が頑張ってくれていたのかを知り、本当に感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいになりました(>_<)

たくさんご家族も、最初の3ヶ月間はバトルの日々だったんですね。そう考えたら、我が家なんてまだたったの1ヶ月ちょっとですね!たくさんご家族も、本当にお疲れ様でした。私も、もっともっと先生方や、周りのママ達との良好な関係構築を目指して頑張ります。私の方もなかなか気後れしてしまって良くないので、気合いを入れ直します。

まだまだ大変な時期は続くような気はしていますが、今日夫に送って行ってもらったことで、少しだけ希望が見えてきたので、この調子で引き続き今の幼稚園で頑張ってみようと思います。
色々なママ友にも「ああしてみたら?」「こうしてみたら?」とアドバイスをいただいたので、とにかく手当たり次第試してみます!きっと、いつかはアタリ!な方法が見つかると信じて・・・。来週は、たくさんもおっしゃるように、呼び出されてお迎えに行ってもすぐには顔を出さずに様子を見て、どうしてもダメだった場合のみ、手を差しのべることにしてみようかと考えています。

引き続き、お互いに頑張りましょう!!(^-^)

CocoFuru | URL | 2015-04-09(Thu)16:08 [編集]