アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

悩む!ベタメタゾン!!

ムスコが、発熱しました。

朝の時点で37.7度あったので様子を見ていたところ、お昼寝から起きたら39度に・・・!
おまけに咳も悪化し、気管支のあたりから異様な音が出てます。それがまたけっこうビックリしちゃうような音でして。

慌てて病院に連れて行きました。
もう、今年何度目の病院(小児科)でしょうか。はぁ。

診察してもらったところ、大きな病気なわけでもなさそうで、

↓薬を処方してもらいました。


ベタメタゾンという成分の薬みたいです。「1回15滴を8時間おきに服用するように」とのことでした。
でも帰ってからネットで調べたところ、この薬、けっこう強い成分みたいで、ちょっぴり使うのを悩んでました。

なので、ブログを通じてお友だちになった方に薬について詳しい方がいるので、今日処方された薬について質問してみました!
(ありがとうございます!!)

その方によると、ベタメタゾンというのは、日本ではあまり子供の内服用には処方されないステロイド剤(炎症を抑える薬)なんだそうで。副作用などもあるので、注意が必要なお薬なんだそうですー。ヒェー!
日本だと、咳が酷い場合は気管支拡張剤が処方されたりするそうです。たしかに、私も子どもの頃咳が酷い時には気管支拡張剤をお医者さんからもらって使っていた記憶が。

今日ムスコを診てくれたお医者さんは、咳に効く薬だとは言っていたので、飲ませた方が治りは早いのかもしれませんけどねー。郷に入っては郷に従え、なんでしょうか??うーん。
ちょっと一晩ムスコの様子を見てから、飲ませるかどうか考えたいと思います。呼吸音は、昼間より少しマシになってきたように思いますし。

もし咳が長引くようなら、また病院に行って気管支拡張剤を処方してもらえないか相談するのもアリかな?と思っています。
やっぱり海外では薬の相談とか、難しい~っ。

それと、毎回咳の症状で病院に行くとお医者さんに聞かれるのが、

「nebulizadorは持ってる?」です。

↓nebulizadorとは、こんなやつ。


吸入器ですね。

アルゼンチン家庭には、一家に一台!ってくらい普及している物なんだそうですよ~
薬局でも売られているのをよく見かけます。大人用から可愛い子供用までデザインも色々。

ちなみに我が家は、持ってませーん!
なんとなく、特に要らないかなーと。まぁ今後も頻繁に咳に悩まされるようなら、検討することにします。

今日、ためしに(?)病院で吸入をさせてもらったのですが、ムスコが吸入器から出てくる煙を嫌がって嫌がって!!ほんと大変でした。写真撮れば良かったです。全力で拒否してる姿を(笑)
咳が酷いから少しでも吸入して欲しかったのにほんとにほんとに拒否されまくって、私ちょっと泣きそうでしたよ。やるせなくて!ふぅ。

まぁ、拒否するだけの元気はあるから良いってことにします。

↓病院の待合室ではしゃぐ元気もありました。


早く治りますように!
関連記事
スポンサーサイト


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Cocoさん、こんにちは。

ムスコさんの具合はどうですか?子供の風邪は長引きますよね。辛抱強く付き合うべきなのでしょうね。吸入器は買っておいた方が良いと思います。空気が乾燥した時などに、吸入してあげると夜比較的楽に眠れると思いますよ。うちの娘も最初は嫌がりましたが、押さえ付けてでも吸入マスク(?)を口に当てて、蒸気が出なくなるまであやしながら騙し騙し吸入させます。

さて、私は帰省中の家族を追っ掛けて先週までコルドバに行ってきました。やっぱりアルゼンチンは寒いですね。家族揃って風邪を引いてしまい、予定していたサルタ(コルドバよりも更に寒い!)への旅行を強行したものの、結局病院にかかって半分くらいはホテルで静養、Cocoさんのムスコさんに処方されたような薬を各自何種類も服用しながら、少し調子が良くなったのを見計らって観光、ということで、結局予定の半分も楽しめなかった、という感じです。サルタ自体は、コロニアルな雰囲気の残るキレイな町でした。チリやボリビアなどとの国境に近いこともあって、独特な雰囲気もあります。いずれにしても、再訪を誓ってコルドバに戻った次第です。

それにしても、娘も物心が付いてきたというか、電話する度に、「パパ、どうしてブラジルにいるの?遊びに行きたいから早く飛行機に乗って迎えに来て!」と言われ、ひどい時には泣かれてしまい、困っています。子供は親が考える以上に距離に敏感です。あと2週間ほどのガマンですが、家族一緒にいることの大切さを痛感させられる瞬間です。

処方される薬についての考え方が日本と異なるのは悩むところですが、子供に特定の持病があったりアレルギーがあったりという問題がなければ、医者の指示に従う、それでも自分で納得できない場合は違う病院で診てもらう、という風に私は考えるようにしています。そもそも、日本での処方の仕方が必ず正しいとは限りませんしね。

冬休みも今週一杯でしょうか。ムスコさんも早く良く治って元気に幼稚園に戻れるといいですね。

それではまた、お元気で。

たく | URL | 2015-07-26(Sun)21:33 [編集]


宗教の勧誘みたいで恐縮ですが
この記事に書いてあることを私自身実感しています。
お節介だと自覚しつつご紹介します。

「砂糖を一年間断った家族の話。 砂糖は数ある食品の中でも最強に近い毒である。」
http://transparent6.blog.fc2.com/blog-entry-90.html
「砂糖 毒」などと検索するとたくさん情報が出てきます。

しら | URL | 2015-07-29(Wed)05:19 [編集]


Re:

たくさん
いつもご心配いただき、ありがとうございます。
それが、実はまた今日になって熱が出たんです。しかも、39度を超える高熱で(泣)
いつもはちょっとくらい熱が出ても元気だけはあるムスコが、今日ばかりは一日中グッタリしていて本当に可哀相でした・・・
今日病院で抗生剤を処方してもらったので、じきに良くなってくるといいのですけど。

たくさんの娘さんも吸入器を嫌がるんですね。あの煙が嫌なのでしょうかねぇ。でもあれで吸入させた方が絶対に喉や気管支には良さそうですよね。少しでも夜楽に眠れるのならなおさら。うーん、うちも買おうか、悩みます。

薬に関しても、ついつい海外の薬って日本のものよりも強いんじゃないかと思ってしまったり、聞いたことのない薬だと心配になったりしてしまいます(>_<)その度にネットで薬について調べたりして、私、そのうち薬マスターになれるかもしれないです(笑)たくさんの考え方、私も参考にさせていただきますね!

アルゼンチンへの帰省、お疲れ様でした!なんとたくさんご一家も風邪をひかれていたとは。しかも旅行先でとは大変でしたね。お大事になさってください。でもサルタ、うらやましいです!私、アルゼンチンの観光地の中でサルタが一番行ってみたい場所なんです!!なんだかんだでまだ一度も行ったことがないので、「いつかきっと!」と夢見ています(^-^)

それにしても娘さん、可愛いですねー。実際に泣かれたりしてしまうと可哀相ですが、でもそんなにパパが大好きだなんて素敵ですね。
私も、我が子ができてからなおさら「家族っていいなぁ~あったかいなぁ~」と感じるようになりました。本当に、家族一緒に過ごすって大事ですね。大切に守っていきたいものです。

来週からまた幼稚園が始まります。あぁ、また送り迎えの日々が始まります~
それまでにムスコが元気になっていますように(>_<)

たくさんご一家もお元気でお過ごしくださいね。

CocoFuru | URL | 2015-07-29(Wed)23:10 [編集]


Re:

しらさん
いつもご丁寧にありがとうございます。
記事、興味深く読ませていただきました(^-^)
参考にさせていただきますね!

CocoFuru | URL | 2015-07-30(Thu)08:59 [編集]