アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ、夫婦+ペット二匹で移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

アルゼンチン人のマテ茶の飲み方がお洒落!

先日仲良しのM君のお家に遊びに行った時のこと。
(⇒身内の中に、一人佇む東洋人。)

私はハーブティーをいただいたのですが、M君のおばあちゃんとママはマテ茶を回し飲みしていました。

↓マテの茶葉(yerba)をマテ器に入れて、ストロー(bombilla)で飲むわけですが。


M君のおばあちゃんの目の前には、マテ茶葉の他に何やら見慣れない葉っぱを枝ごと置いてありました。
で、お喋りしつつ、マテ茶を飲む度にその謎の葉っぱを一枚取って小さくちぎってマテ器に入れ、それからお湯を注いで飲んでいたのでした。

「そうなのよ~」『ビリッポイッ』『ゴクゴク』「それでね~」『ビリッポイッ』『ゴクゴク』「この間さぁ~」『ビリッポイッ』『ゴクゴク』っと、ひっきりなしに謎の葉っぱをちぎってマテに入れているもんだから・・・

「その葉っぱ、何~!?」という好奇心の方が勝ってしまって、おばあちゃんのお話にあんまり集中できなくなってしまった私。笑

思い切って「それ、何?」と聞いてみました。

すると、「あぁ、これ?これはcedrónよ。」とのことで。
ハーブの一種のようです。

「ほら、匂いを嗅いでみて?レモンの香りがするでしょ?これをマテ茶に入れて飲むと、とっても良い風味が出るのよ~!」と教えてもらいました。

↓日本ではレモンバーベナというそうです。


匂いを嗅がせてもらったら本当にレモンの香り!
なので「レモングラスのこと?」と聞いてみましたが、「レモングラス?(ここでネットで調べてくれて)レモンバーベナって言うみたいよ!」とのことで。

帰宅後詳しく調べてみたら、

レモングラス→熱帯アジア原産のレモン風味のハーブ
レモンバーベナ→南米原産のレモン風味のハーブ

だそうです。
この二つの他にもレモン風味のハーブがいくつかあるみたいでしたよー。知りませんでした。

アジア育ちの私にとってはレモングラスの方が馴染みが深いですが、アルゼンチン人にとっては、レモン風味のハーブといえばレモンバーベナなのでしょうね。面白い。勉強になりました。

ちなみに、

アルゼンチン人はこのcedrónや、他にはミントなどの葉っぱをちぎってマテ茶に入れて飲む人も多いんだそうですよ!

スーパーにも、ミント入りのマテ茶葉とかオレンジ味のマテ茶葉などが売られていますが、M君のおばあちゃん曰く「ハーブの葉っぱを直接入れて飲んだ方が、風味が出て美味しいのよっ」とのことで。

M君のおばあちゃんは自宅でcedrónを栽培していて、マテ茶を飲むときに葉っぱを摘み取って入れて飲むんだそうです。

お、お洒落~!!!

自宅で栽培したハーブをマテに入れて飲むなんて・・・
すごい現地っぽくて(?)カッコイイです!これはぜひ私もお家で真似しなくっちゃ!

と、興奮していたら、

↓帰り際に、M君のおばあちゃんがレモンバーベナを袋に入れて持たせてくれました~


ハートウォーミング!!
おばあちゃんの優しさで、心があったまりました。うぅ。泣

もちろん帰宅後はShuちゃんにドヤ顔でレモンバーベナの説明をして、二人でレモンバーベナ入りのマテ茶を飲んだのでした。

確かに美味しかったです!レモンの風味が良い感じでした。
レモンバーベナをちぎる時にもレモンの香りが広がって、とってもリラックスできますよー。

何と言っても、アルゼンチン人が教えてくれたマテ茶の飲み方を実践できて、また少しアルゼンチン人の文化に近づけた気がして嬉しいです。
レモンバーベナ入りのマテ茶、オススメです~!

レモンバーベナは苗(?)が売られているそうなので、ぜひ今度我が家も購入して栽培したいと思います♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

スマホ泥棒にご注意!

先日、Shuちゃんが仕事を終えてバスで帰宅していたところ、

同じバスに乗っていた人がスマホを盗られてしまったそうです!

いきさつは、私が以前バスで目撃したのと同じような感じだったようです。(その時のお話はコチラ⇒治安、悪いです。怖い思いをしました。)
乗車口付近に座ってスマホを操作していた最中にドアが開き、そこから泥棒が入ってきてスマホを奪って逃げたとのことでした。

盗まれた人は盗まれた瞬間に大きな声を出したため他の乗客全員がビックリしたそうですが、その後盗まれたことを知るとみんな盗まれた人を慰めていたそうです。ほんと、可哀相ですよね。

うぅ~怖い。

最近ではブエノスアイレスでも随分とスマホを持っている人が増えたので、スマホ自体はあんまり希少価値の高いものでも無くなってきたようには感じますが。(iPhoneを持っている人もけっこういますしね。)

それでもやはりこういうスマホを狙う泥棒っていうのは、いなくならないものなのですね。

思い返せば、2012年に我が家がアルゼンチンに移住してきた頃と比べると、この5年近くの間でスマホの普及率は本当に上がったなぁ~としみじみしてしまいます。

当時はまだまだガラケー(?)を持っている人がほとんどで、もしくはスマホでもBlackberryを持っている人がとっても多かった印象を受けたのを鮮明に覚えています。
「あ、アルゼンチン人ってBlackberry派の人が多いんだぁ」と思った記憶があるので。

その時はiPhoneや他のメーカーのスマホを持っている人って本当に少なかったので、それこそバスの中や道端でスマホを出して電話したり写真を撮ったりなんて恐ろしくてできませんでした。
「iPhoneは気をつけて!!!」とお友達になった方々から何度も注意されたり。

でも最近はガラケーを持っている人の方が少ないくらいですよねー。Blackberryも見かけなくなりましたし。
白髪のおばあさんでもスマホを操作してたりしますもんね。歩きスマホもすごい多いですし、イヤホンを挿したスマホを手に持って音楽を聞きながら歩いてる人とかもいっぱいいます。

数年前だったら「危ないよ!盗まれるよ!!」とヒヤヒヤしてしまいそうな状況でスマホを持っている人を、よく見かけるようになりました。

それと比例して、『スマホを操作しながらの運転はやめましょう』みたいな注意喚起のCMも増えました。
↑それでもスマホ操作しながら運転してる人、いっぱいいますけど・・・!

なんだかスマホを盗まれたお話から微妙に話が逸れていってしまいましたが。笑
とにかく、そんな風にスマホがどんどん普及してきているブエノスアイレスではありますが、やはりボーッとしていたら盗まれるものは盗まれるようです。

皆さま、気をつけましょうね~!!!

◆おまけ◆

スマホ泥棒とは全く関係ありませんが、

↓先日日本人学校の運動会に行った日に道端で撮った写真を。


ムスコって、すっごいビビりなんですけど。
(クレヨンしんちゃんを見る時でさえ、毎回「怖くない?」って聞いてくるほど!)

これは怖くないんですねぇ。不思議。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

アルゼンチン人の一風変わった愛情表現

ブエノスアイレス街中を歩いていてよく目にするもの。

それは、

↓横断幕!


スペイン語で(というか、アルゼンチンでは?)『pasacalle』というそうですよ。

移住してきたばかりの頃は「何あれ?」と不思議で仕方なかったのですが。
スペイン語に慣れていくにつれて、徐々にその横断幕がどんなものなのかが分かるようになってきました。

ちなみに今回見かけたのが、

↓『Yani、30歳おめでとう!愛してる!』といった内容のもの。


Yaniさんが30歳になったお祝いに、パパママ、おばあちゃん達家族が作ったもののようです。

こんな風にすごく個人的なメッセージを込めた横断幕もありますし、『○○のお店でセール開催中!』といった案内や『△△で今度の土曜日にイベントやります!』というイベント告知などなど、幅広い用途で使われるみたいです。

つい先日バスに乗っていたら、とある施設で『子供向けのイベントを開催します!』という横断幕を見かけ、「子供向けのイベント!楽しそう!!」と思って開催日をみたところ・・・

開催日、過ぎてました。チーン。

う~ん、そんなところがアルゼンチン流っ。

とにかく、横断幕を使って誰かに対する愛情やお祝いの気持ちなどを表現するのって、変わってるなぁ~と思います。
もし私が『CocoFuru、お誕生日おめでとう!』みたいなpasacalleを掲げてもらったとしても、気付かずに素通りしちゃうかもー。笑

でもこれがアルゼンチン流の祝い方なのだとしたら、一度くらいはムスコにやってみるのもアリ(!?)かもしれませんね。
アルゼンチンでは女の子は15歳、男の子は18歳のお誕生日を盛大に祝うそうなので、ムスコの18歳のお誕生日の時とか・・・

でも想像するとちょっと笑えますね。
『ムスコ、18歳おめでとう!愛してる!パパ、ママより♡』みたいな。ギャハ~!

でも、こんな風にストレートに(??)愛情を表現するのって、素敵ですよね。いくつになっても親から見れば子供は子供ですもんね。
日本人の私からしたらちょっぴり照れ臭い行為ではありますが、一方でこんな風に気持ちを表せるのが羨ましくもあります。

pasacalleを作ってくれる業者もあるみたいなので、興味のある方はぜひ一度作ってみてはいかがでしょう?!笑

mercado libreでも注文できるみたいですよ。
pasacalles

以上、アルゼンチン人の一風変わった愛情表現の方法でした~


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

頭がヤラレていたので、やられてしまいました。

風邪です。

先週末、二日連続で人混みの中に行ったせいかもしれませんー。
いよいよ風邪の季節がやってきたなぁという感じですね。幼稚園からも色々貰ってくることでしょう・・・

さて、今回はそんな体調の悪さが頭の方に現れてしまっていまして。
この間からトンチンカンな事ばかりしております。

先日も、

ムスコの目が腫れてしまったため病院へ行き、帰りに薬局へ処方箋を持って行って目薬を買ったのですが。(その時のお話⇒使い方がサッパリ分からない目薬)

目薬代が114ペソだったので、
(こういう日に限って!!)500ペソ紙幣+4ペソを出してしまった私。

レジのお姉さんがお釣りを私の目の前で「100、200、300ペソと、あとは10、20・・・ごにょごにょ・・・」と、何だか歯切れの悪い感じで数えて渡してきたのでした。

で、その時点で「なんか少ないような?」という考えも頭をよぎったものの、それでも「まぁ私の目の前でお釣りを数えて渡してくれたんだし、大丈夫かなー」と(頭がヤラレていた私は)軽く考えてお釣りを受け取り薬局を後にしてしまったのですー。

その後ムスコを幼稚園まで送ってから、家に帰ったわけですが。
帰宅後、気になったので財布からお釣りとしてもらったお金を数えてみたところ、

やーらーれーたぁー!!

390ペソお釣りを貰うはずが、355ペソしか貰っていませんでした・・・
(薬局で貰ったお釣りはまとめて財布に入れておいたので、確実にそれしか貰っていないです。)

アルゼンチン在住の皆さまーっ!

アルゼンチン人の店員の中には、お釣りをちょろまかす人が多いので、気をつけましょうね~!!!

「お釣りを貰ったら、堂々とその場で金額が合っているか確認すること!」と、これまでアルゼンチン生活の諸先輩方に教わってきたはずなのに、今回に限って確認せずにその教えが頭からすっ飛んでました。うぅ。

※日本人的には「店員さんの目の前でお釣りを確認するなんて、失礼なんじゃ・・・」とか思っちゃいますけど、アルゼンチンでは堂々と目の前で確認した方が良いんだそうですよ。

しかも、やっぱり『お釣りが多く出ないように支払うこと』というのも、気をつけないといけないなーと思いました。
今回のように、114ペソの支払いに対して500ペソ紙幣を出すのは止めようと思いました。(今回は500ペソ紙幣って不便なので、両替したい気持ちもあったのです・・・)

嗚呼、35ペソ。

たいした額じゃないですが、ちょろまかし額としてはなかなか大胆な額じゃあないですか!?
勉強代だと思って諦めるしかないですね。今後は、どんなに頭がボケていても、お釣りはちゃんと確認したいと思いますっ。

その日夜にShuちゃんにこの話をしたところ、
「向こうも単に金額を数え間違えただけかもよ?」と言われました。

うーーーん、真相はレジのお姉さんのみぞ知る!?
ですが、もうお釣りを少なく貰ってしまった事実は変えられないので、こちら側の意識を「お姉さんも間違えちゃったのかも~」という風に変えた方がハッピーかもしれませんね。

妙なポジティブシンキング!!笑

っていうか、今日も、

・幼稚園にお迎えに行った際、同じクラスのママじゃない人に挨拶(ほっぺにキスも含む)した後で「どちら様?」みたいな感じになったり
・バスの中でムスコの隣に座ったご婦人に話し掛けられたものの、全然噛み合っていない返答をして相手も「へ?」となったり
・今日はShuちゃんが学校の日なので帰りが遅くなることを忘れて、「事故にでもあったんじゃ?!」と軽くパニックになり電話かけまくって、ようやく電話に出たShuちゃんに「今授業中なんだけど・・・」と困惑されたり
・夕飯のおかずを一品作り忘れたり

っと、もうわけ分からんです。
そんな状態がここ数日続いていて、我ながら頭の具合が心配です。笑

今日のこのブログの文章も、書いていてわけ分からなくなってしまっています。すごく読みづらいと思いますが、すみません~

◆おまけ◆

スーパーでハンドソープが2×1(1つ分の値段で2つ買える)というセールをしていました。

↓お魚~!!


↓立体的な感じで可愛い!


まさに「ムスコのためにデザインしてくれました?」と思ってしまうようなボトルデザインで、迷わず購入しました。安かったですし。

ムスコに見せるのが楽しみです♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop

溢れる優しさが口論を引き起こす?

これまでもブログで触れたことがありますが、アルゼンチン人は妊婦や子連れ、お年寄りにとても優しい国です。

ムスコを出産する前からムスコが赤ちゃんの頃もずっと、バスなどの交通機関機関を利用する際には必ずと言って良いほど席を譲ってもらえていました。
時にはムスコ一人のために「ここに座って!」と何人もの人が席を譲ろうとしてくれたり。バスの乗り降りの際にも、ベビーカーを下ろすのを手伝ってくれたりと、本当に優しいです。
※ただ、親切を装って財布を盗るような輩もいるので気をつけないよいけませんが!(お友達が経験した事例⇒治安が悪いお話)

そんなこんなで、アルゼンチンに移住してきてからというもの、席を譲ってもらえて大変ありがたい思いをしながら過ごしてきたわけですが。

4歳を過ぎたあたりから、席を譲ってもらうには“微妙な”お年頃になってきたムスコさん。

席を譲ってくれる人もいれば、誰からも「ここに座って!」と声をかけられないことも増えてきました。

私としては、もう4歳ですしこれまで十分過ぎるほど席を譲っていただいてきたため、最近は「譲ってもらえる」という気持ちは捨ててムスコにも「もう大きいから立とうね」と教えるようにしています。(空席がある時はムスコを座らせてあげますが。)

で、

つい先日も、ムスコと二人で乗ったバスが満席で立っている乗客の方も沢山いるような状況だったため、私はムスコに「立って乗ろうね」と言って立っていました。

するとしばらくしたら、後から乗ってきた女性が立っているムスコを見るなり、
「ちょっとあなた(←私)、誰かに声をかけて席を譲ってもらいなさいよ!」と言ってきました。

咄嗟の出来事だったので「この子はもう大きいので」とか何とか言おうと考えていると、その女性(A)と近くの席に座っていた女性(B)が以下のような会話を始めてしまいました~!

A:「ちょっと!この子立ってるんだから譲ってあげなさいよ!」

B:「そんなこと言ったって、気付かなかったんだから仕方ないでしょ!このママ(←私)だって何も言ってこなかったんだから!」

A:「それでもこの席(←優先席でした)に座ってるんだったら、新しく乗客が乗ってきた時に譲ってあげなきゃいけないかどうか確認するべきよ!」

その後、ちょっと早口過ぎて私には理解できませんでしたが、しばらくの間口論っぽくなってしまったのでした・・・汗

私を間に挟んだ状態で!!!き、気まずい~!

Aさんが気が済んだらしく話すのを止めた後も、BさんはしばらくAさんに対して文句を言い続けていましたし。

「なんか、ムスコのためにすいません」という感じでした。

でも口論にはなりつつも、Bさんもすぐにムスコに席を譲ってくれ、本当にアルゼンチン人の子供に対する優しさをヒシヒシと感じました。そして、丁重にお礼を言ってムスコを座らせました。

Bさんも席を譲りたくなかったわけでは決してなくて、ただ強めの口調で指摘されてしまったことと、「気付かなかったんだもの!」という気持ちから、Aさんに言い返してしまったのかなーと思いました。

時にはこんな風にやさしさが有り余って口論みたいになってしまうアルゼンチン人ですが、子連れで移動したりする際にはみんなに気遣っていただけて本当に助かっています。

これからは、ムスコに「赤ちゃんやお年寄りが乗ってきたら、席を譲ってあげること」ということを教えていかなくてはいけない番ですね。
これまで譲ってもらってきた感謝の心を胸に、ムスコにもスッと席を譲ってあげられる人間に育って欲しいなぁと思います。

二日連続で文字のみのブログになってしまいましたー。
また明日からは、画像なども載せて書いていきたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ポチっとしていただけたら嬉しいです♪ 応援、よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

【移住希望の方へ】※最初にお読み下さい。※

PageTop